インターネット

クリエイターが活動をする中で、知っておくべき法律やお金の知識は?(第2回) 法律全般 2020年10月14日

クリエイターは、常に新しい何かを創り出すことが仕事である。そこで、クリエイター自らが創り出した作品を守っていくために、最低限身につけておくべき「法律」や「お金」「税」の知識があります。 そこで、若手クリエイターの宮島さんとワールド法律会計事務所の渡邉祐介弁護士と山口義重税理士とで、リモート対談を行っていただきました。今回は、前回に続きその後半を掲載しま...

クリエイターが活動をする中で、知っておくべき法律やお金の知識は?(第2回)
著作権法改正で漫画の違法ダウンロードが刑事罰化|改正のポイントを解説 著作権 2020年08月26日

2020年6月5日、違法ダウンロード規制を強化する内容の改正著作権法が成立しました。 違法ダウンロードに関する改正内容は、2021年1月1日から施行される予定です。 今回の著作権法改正は、近年インターネット上で氾濫している海賊版への対策を打つことが主な目的となっています。 特に漫画の違法ダウンロードについては、実際に相次いで問題となっていたところ、今回...

著作権法改正で漫画の違法ダウンロードが刑事罰化|改正のポイントを解説
ネット上での誹謗中傷は名誉毀損罪に当たるかも|注意点を解説 名誉毀損 2020年06月10日

インターネット上での誹謗中傷の書き込みが、近年大きな社会問題となっています。 匿名掲示板やSNSなどは、相手の顔が見えない一方で、気軽に投稿することができてしまいます。 そのため、度が過ぎた悪口雑言が飛び交うことも少なくありません。 著名人に対して人格攻撃をするような内容の投稿に代表されるように、ネット上で誹謗中傷的な書き込みを行うと、名誉毀損罪が成立...

ネット上での誹謗中傷は名誉毀損罪に当たるかも|注意点を解説
民法改正で新たに明文化された「定型約款」とは? 契約書 2020年05月20日

2020年4月1日施行の民法改正で、「定型約款」に関するルールが新設されました。 BtoCのサービスを中心に、世の中では約款が適用される取引が数多く行われています。 これらの取引は、今後新民法の定型約款の規定の適用を受けることになります。 この機会に、定型約款に関するルールの正しい理解を身につけておきましょう。 この記事では、 定型約款とは何か 定型約...

民法改正で新たに明文化された「定型約款」とは?
【弁護士に聞く】労働審判を起こされたら企業側はどのように対応したらよい?(未払い残業代トラブル編) 労働法務 2020年01月30日

未払い残業代に関する労働トラブルが発生した場合、企業側はどうしたらよいのでしょうか。 従業員が労働審判を起こした場合の企業の対応について、かんざき法律事務所の神前吾郎先生に聞いてみました。 神前 吾郎 弁護士 (かんざき法律事務所) 取引トラブルや損害賠償請求、労働問題などの企業法務を取り扱うことが多い。発生したトラブルへの対応はもちろんのこと、リスク...

【弁護士に聞く】労働審判を起こされたら企業側はどのように対応したらよい?(未払い残業代トラブル編)

名義変更してもらえない車

民事・その他 2020年10月21日 08時55分

数年前にローンが残った車をネットの販売者に売りました。ローンが終わったら名義変更してもらえる契約でしたが、未だに名義変更されず毎年自動...

合意書の効力についてご教授ください。

医療過誤・医療事故 2020年10月14日 08時47分

歯列矯正で噛み合わせが悪くなりました。クリニック側は、非を認めて無償修正を申し出てくれましたが、その条件として、 「~を使用する治療方...

高裁での和解離婚後

離婚・男女 2020年10月02日 02時51分

元夫の申立による高裁での離婚訴訟で、先月、和解離婚しました。 元夫は弁護士に依頼し、私は一人でやっていました。 和解の条件の中で、 「...

インターネット掲示板の書き込みについて

ネットトラブル 2020年08月11日 20時14分

こんにちは。質問させて頂きます。 インターネット掲示板を見るのが趣味でたまに書き込みをしたりします。 ここで、たまに「高校生とセックス...

服をブランドの許可なく撮影刷ることは違法ですか?

犯罪・刑事事件 2020年07月17日 19時11分

これから、ツイッターで活躍しようとしてる14歳以上18歳未満の少年です。 ふと疑問に思ったのですが、服や帽子を着ている写真を服のブラン...

コロナウィルス感染拡大と危険負担・契約解除等について② 法律全般 2020年02月21日

前回、債務不履行や危険負担、契約解除に関する現行民法及び改正民法の規定について言及しましたが、契約条項や個別合意による対応について述べておきます。 1.(1)先述した民法の規定に関しては、契約自由の原則により、①②債務者を免責する場合に関する定め、③④危険負担に関する具体的適用、⑤⑥契約解除の具体的要件については、原則として特約によって定めることが可能...

ひょっこり飛び出し男 交通事故 2020年02月21日

2月4日,さいたま地裁で「ひょっこり飛び出し男」に対する判決が言い渡されました。 「ひょっこり飛び出し男」というのは,道路を自転車で走行中,突然,車の前に飛び出すという行為を繰り返していた男のことで,以前から報道でも取り上げられていました。 結局,その男は逮捕されて裁判にかけられたのですが,動機として,「人がびっくりするのを見るのが楽しかった」とか「い...

遺言作成のススメ -遺言の作成方法と注意点- 遺言書の書き方 2019年05月15日

先に述べたケースでは、必ず、遺言を作成すべきといえますが、どのようにして、遺言書を作成したら良いのでしょうか。 手紙を残しておけばそれでよいのでしょうか。誰かに伝えておけばよいのでしょうか。 ここで重要なのは、遺言書が、法律上の遺言として、法律上の有効とされるためには、法律が定めるルールに則って遺言書を作成する必要があるということです。 具体的には、遺...

消費者の契約解除手続に関する規制がない! ネット通販 2019年04月12日

インターネット通販で,PCでもスマホでも簡単に契約できるのに,解約については電話でないと受け付けないとか,解約するには一定の条件が必要とか,定期発送することを理由にしているのかわかりませんが解除できる期間が制限されている(次回発送準備に間に合う期間内を設定していつでも解約できるわけではなかったり),解除するには本人確認資料の送付が必要など,解約の敷居が...

仮想通貨(暗号資産) 法律全般 2019年04月12日

■仮想通貨の概略 昨今話題にのぼっている仮想通貨は, 2008年サトシ・ナカモト名義で公表された「ビットコイン:P2P電子マネーシステム」という論文から始まる。 この仮想通貨bitcoinは,次のような技術的特徴をもっているものとされている。 ・P2Pネットワーク(多数のネットワーク参加者(ノード)が情報共有することで,データの堅牢性をもたせることがで...