インターネット

株式譲渡M&Aは契約交渉前に秘密保持契約の締結を|条項のポイント解説 M&A・アライアンス 2021年01月22日

株式譲渡M&Aの契約交渉を行う場合、事前に売主・買主間で秘密保持契約(NDA)を締結し、秘密情報の流出を防止することが大切です。 秘密保持契約は、M&Aのみならずさまざまな取引の前段階で締結されるので、なじみがあるという企業担当者の方も多いかと思います。 今回は株式譲渡M&Aのケースに焦点を当てて、秘密保持契約の主要な条項を解説...

株式譲渡M&Aは契約交渉前に秘密保持契約の締結を|条項のポイント解説
クリエイターが活動をする中で、知っておくべき法律やお金の知識は?(第2回) 法律全般 2020年10月14日

クリエイターは、常に新しい何かを創り出すことが仕事である。そこで、クリエイター自らが創り出した作品を守っていくために、最低限身につけておくべき「法律」や「お金」「税」の知識があります。 そこで、若手クリエイターの宮島さんとワールド法律会計事務所の渡邉祐介弁護士と山口義重税理士とで、リモート対談を行っていただきました。今回は、前回に続きその後半を掲載しま...

クリエイターが活動をする中で、知っておくべき法律やお金の知識は?(第2回)
著作権法改正で漫画の違法ダウンロードが刑事罰化|改正のポイントを解説 著作権 2020年08月26日

2020年6月5日、違法ダウンロード規制を強化する内容の改正著作権法が成立しました。 違法ダウンロードに関する改正内容は、2021年1月1日から施行される予定です。 今回の著作権法改正は、近年インターネット上で氾濫している海賊版への対策を打つことが主な目的となっています。 特に漫画の違法ダウンロードについては、実際に相次いで問題となっていたところ、今回...

著作権法改正で漫画の違法ダウンロードが刑事罰化|改正のポイントを解説
ネット上での誹謗中傷は名誉毀損罪に当たるかも|注意点を解説 名誉毀損 2020年06月10日

インターネット上での誹謗中傷の書き込みが、近年大きな社会問題となっています。 匿名掲示板やSNSなどは、相手の顔が見えない一方で、気軽に投稿することができてしまいます。 そのため、度が過ぎた悪口雑言が飛び交うことも少なくありません。 著名人に対して人格攻撃をするような内容の投稿に代表されるように、ネット上で誹謗中傷的な書き込みを行うと、名誉毀損罪が成立...

ネット上での誹謗中傷は名誉毀損罪に当たるかも|注意点を解説
民法改正で新たに明文化された「定型約款」とは? 契約書 2020年05月20日

2020年4月1日施行の民法改正で、「定型約款」に関するルールが新設されました。 BtoCのサービスを中心に、世の中では約款が適用される取引が数多く行われています。 これらの取引は、今後新民法の定型約款の規定の適用を受けることになります。 この機会に、定型約款に関するルールの正しい理解を身につけておきましょう。 この記事では、 定型約款とは何か 定型約...

民法改正で新たに明文化された「定型約款」とは?

在宅起訴で刑事裁判を受ける場合、仕事は退職しておいた方がいいのでしょうか?

性犯罪 2021年01月01日 20時58分

名誉毀損、わいせつ電磁的記録記録媒体頒布の容疑で在宅捜査を受け、その後、在宅起訴され、刑事裁判を受けることになりました。(初犯です) ...

実名フルネームと職業だけを記載され誹謗中傷された時の本人特定について

名誉毀損 2020年12月28日 03時32分

インターネット上に誹謗中傷を書かれた時に「書き込まれた誹謗中傷が、現実にその人を指している」と判断できる可能性が名誉棄損を成立させる条...

公立校において校則に明記されていないバイク免許取得の禁止は正しいのでしょうか?

規則・校則 2020年12月18日 21時35分

生徒手帳の校則欄にはバイクについて明記されていないのですが、インターネットで調べたり友人に聞くとバイクの免許取得は禁止らしいのです。そ...

携帯電話とインターネットを申し込むと割引が受けられたのに、手続きされてなかった場合の相談です

民事・その他 2020年12月01日 18時40分

2年前に、携帯電話とインターネットを申し込むと割引を1回線につき1000円割引のサービスがあり、それに加入していたはずでしたが、先日機...

答弁書の提出方法について

民事裁判 2020年11月14日 00時27分

地方裁判所に答弁書を提出するのですが、裁判所の書記官に問い合わせしたら何でもよいですとの回答でしたが、最低でも届けたことが判るレターパ...

リモート・オンライン時代の弁護士像について考える。 顧問弁護士 2020年12月09日

コロナウイルスの感染拡大に伴い、2020年は、緊急事態宣言下で裁判所の業務が一時ストップするなど、司法業界にもその影響が及びました。 法律事務所の中にも、緊急事態宣言下において事務所を閉鎖したり(当事務所もそうでした)、弁護士や事務局を在宅勤務にするなど、様々な試みが行われたことと思います。 ポストコロナの「リモートワーク」時代到来を見据え、一般企業の...

コロナウィルス感染拡大と危険負担・契約解除等について② 法律全般 2020年02月21日

前回、債務不履行や危険負担、契約解除に関する現行民法及び改正民法の規定について言及しましたが、契約条項や個別合意による対応について述べておきます。 1.(1)先述した民法の規定に関しては、契約自由の原則により、①②債務者を免責する場合に関する定め、③④危険負担に関する具体的適用、⑤⑥契約解除の具体的要件については、原則として特約によって定めることが可能...

ひょっこり飛び出し男 交通事故 2020年02月21日

2月4日,さいたま地裁で「ひょっこり飛び出し男」に対する判決が言い渡されました。 「ひょっこり飛び出し男」というのは,道路を自転車で走行中,突然,車の前に飛び出すという行為を繰り返していた男のことで,以前から報道でも取り上げられていました。 結局,その男は逮捕されて裁判にかけられたのですが,動機として,「人がびっくりするのを見るのが楽しかった」とか「い...

遺言作成のススメ -遺言の作成方法と注意点- 遺言書の書き方 2019年05月15日

先に述べたケースでは、必ず、遺言を作成すべきといえますが、どのようにして、遺言書を作成したら良いのでしょうか。 手紙を残しておけばそれでよいのでしょうか。誰かに伝えておけばよいのでしょうか。 ここで重要なのは、遺言書が、法律上の遺言として、法律上の有効とされるためには、法律が定めるルールに則って遺言書を作成する必要があるということです。 具体的には、遺...

消費者の契約解除手続に関する規制がない! ネット通販 2019年04月12日

インターネット通販で,PCでもスマホでも簡単に契約できるのに,解約については電話でないと受け付けないとか,解約するには一定の条件が必要とか,定期発送することを理由にしているのかわかりませんが解除できる期間が制限されている(次回発送準備に間に合う期間内を設定していつでも解約できるわけではなかったり),解除するには本人確認資料の送付が必要など,解約の敷居が...