代理人

【弁護士に聞く】相続法改正のポイント(2)遺言利用促進のための制度|自筆証書遺言の方式の緩和、法務局での保管 遺言書の書き方 2019年05月27日

平成30年7月6日に民法相続編の改正法が成立しました。この改正で、遺言の利用を促進するために、自筆証書遺言の方式が緩和され、また、自筆証書遺言の法務局での保管制度が創設されました。 どのような点が緩和されたのか、また、保管制度の概要について、虎ノ門法律経済事務所上野支店の日向寺司弁護士にお話を伺いました。 日向寺 司 弁護士 (虎ノ門法律経済事務所上野...

【弁護士に聞く】相続法改正のポイント(2)遺言利用促進のための制度|自筆証書遺言の方式の緩和、法務局での保管
【弁護士に聞く】労働問題を弁護士に相談すべき理由。他の資格や機関との違いとは 相談窓口(労働基準監督署・労働相談センター) 2019年03月08日

残業代の未払いなどの労働問題に直面した際の相談先としては、弁護士だけでなく労働基準監督署や司法書士などの機関や資格保持者が存在します。 そこで、弁護士に相談すべき理由と、弁護士と他の資格や機関との違いを青野法律事務所の青野壽和弁護士に伺いました。 青野 壽和 弁護士 (青野法律事務所。神奈川県弁護士会所属) 労働問題や離婚問題、相続など幅広い分野の法律...

【弁護士に聞く】労働問題を弁護士に相談すべき理由。他の資格や機関との違いとは
任意整理・個人再生・自己破産その違いと選び方 個人再生 2019年02月21日

息子が借金をしていて、返済が苦しいようで…どうしたらいいのでしょうか? それは大変ですね。債務整理は検討されているのですか? 考えてはいるようですが、任意整理とか自己破産とか、どれがいいのかわからず決断できないそうです。 人によって向き不向きもありますからね。 では今回は債務整理の手続きの違いや選び方について詳しくご説明します。ぜひ参考にしてください。...

任意整理・個人再生・自己破産その違いと選び方
失敗例に学ぶ!任意整理しないほうがいいケース 借金返済 2019年02月15日

友人が借金の返済に行き詰まり、任意整理をしたんですが、失敗したと言っていました。 確かに、任意整理は必ずしも全員がうまくいくわけではないですね。 それは知りませんでした。どういった場合に失敗になるんですか? 債権者側と債務者側、それぞれに原因がひそんでいます。 それでは今回は任意整理の失敗例や、任意整理をおすすめしないケースについて説明していきます。 ...

失敗例に学ぶ!任意整理しないほうがいいケース
【弁護士に聞く】夫婦の一方が認知症になったときの離婚について 原因・理由 2019年02月12日

認知症になると、記憶や判断などの能力に障害が生じ、日常生活が困難になります。自分または配偶者がそういう状態になってしまった場合、離婚はできるのでしょうか。 家庭に関する法律問題に詳しい、なごみ法律事務所の本田幸則弁護士にお話を伺いました。 本田 幸則 弁護士 (なごみ法律事務所) 離婚や相続など、家庭に関する法律問題を多く手がける。事務所名の「なごみ」...

【弁護士に聞く】夫婦の一方が認知症になったときの離婚について

業務上横領をしてしまったのですが、逮捕されるまでについて教えてください

横領 2019年07月12日 17時21分

不動産会社に勤めていたのですが、お客様の手付金を使いこんでしまいました。会社に話をし変わりに立て替えてもらいました。金額は130万円で...

別れた交際相手への交際費用返還の請求書作成

交際 2019年07月03日 16時22分

お世話になります。 遠距離であった交際相手から振られ別れました。 当時支払った交際費用を返して欲しいが無理なのはわかっているので、せめ...

敵の弁護士が、以前相談した弁護士

民事・その他 2019年07月03日 00時25分

労働問題で裁判をしたところ、敵の弁護士が、以前全く別の事で法律相談(30分の)をしたことがある弁護士でした。 今回の裁判に直接関係が無...

示談書の口外禁止令違反について

民事・その他 2019年07月02日 15時03分

被害届が出されたことにより、警察に捕まりましたが示談して和解が出来ました。 その時に和解書の中に第三者への口外禁止を約束する一文を入れ...

自己破産時の退職金について、すでに退職したが、まだ受け取って居ない場合どういう扱いになるのか教えてください。

自己破産 2019年07月02日 01時34分

自己破産じの退職金について質問です。 先月いっぱいで会社を退職せざるを得ず、退職しました。 退職金は直ぐに受け取らず、60才での受け取...

子の認知 認知 2019年03月29日

Q. 未婚のまま子どもを産み、母親となりました。この子の父親は、始めは認知すると言っていましたが、子どもが生まれるや認知はしないと言い出しました。どうすればいいでしょうか。 A. 婚姻関係にない男女間に生まれた子を嫡出でない子または非嫡出子といいます。非嫡出子については、母が第一の出生届義務者となります。 母につきましては、分娩によって当然に発生すると...

子の認知 認知 2019年01月10日

Q. 未婚のまま子どもを産み、母親となりました。この子の父親は、始めは認知すると言っていましたが、子どもが生まれるや認知はしないと言い出しました。どうすればいいでしょうか。 A. 婚姻関係にない男女間に生まれた子を嫡出でない子または非嫡出子といいます。非嫡出子については、母が第一の出生届義務者となります。 母につきましては、分娩によって当然に発生すると...

思った通りの後遺障害等級認定がなかなかされないで異議申立をしていたら,もうすぐ症状固定日から3年間経ってしまいそうです。こういう場合も消滅時効にかかってしまうのでしょうか。 交通事故 2018年12月16日

認定された等級に不満がある場合に(特に非該当),異議申し立てをすることが多くあります。ところが,ようやく等級認定されても症状固定日から3年間過ぎてしまっていると大変なことになります。認定結果が変わらなければもっとひどいことになります。 1 不法行為の消滅時効の起算点 交通事故による損害賠償請求権は,民法の不法行為の消滅時効の規定のとおり起算点,つまり始...

筆界特定制度 境界線 2018年10月17日

Q.土地の境界をめぐる紛争について、新たに筆界特定制度というものができたと聞きました。どのようなものでしょうか。 A.これまで隣地との土地境界について争いが生じた場合、最終的には訴訟を提起して、裁判所に境界を確定してもらうしかありませんでした。ただ、訴訟となると時間がかかることもあり、より簡便かつ専門性を生かす方法として、この度、法務局による行政手続と...

弁護士に依頼する場合と司法書士に依頼する場合の違い 借金・債務整理 2018年08月30日

Q.借金問題の相談は司法書士にもできると聞いていますが、弁護士に依頼する場合と司法書士に依頼する場合の違いはどこにあるのでしょうか。 A.弁護士と司法書士とでは、そもそも法律によって「代理人」として行動できる範囲が異なっています。 まず、自己破産や個人再生の申立てといった事件は弁護士しか代理人となることはできません。 また、いわゆる任意整理と呼ばれてい...

ページ
トップへ