代理人

過払い金請求の注意点・デメリットは?対策も解説 過払い金請求 2018年11月27日

テレビやラジオのCMで「過払い金請求」という言葉をよく耳にします。 なんだかやって損はなさそうなのですが、実際どうなのでしょうか? 借金をしていたことがあるのですか? はい、完済はしているのですが、もしかしてと思って。 過払い金請求でお金が戻ってくる人もいます。ですがデメリットもあるんですよ。 まずはそこを理解してから利用を検討してみましょう! 目次 ...

過払い金請求の注意点・デメリットは?対策も解説
【弁護士に聞く】刑事事件で示談をしたほうがいい理由と進め方 逮捕・勾留 2018年09月10日

窃盗や傷害、性犯罪などの刑事事件を起こすと、捜査機関の記録に「前歴」「前科」が残ります。 しかし、事件を起こしても必ず逮捕・勾留されるわけではなく、それまで通りに仕事が続けられる場合もありますし、示談が成立すれば告訴の取り下げや、減刑の可能性もあります。 今回は、刑事事件の被疑者となったときの身柄の扱いや、示談交渉のメリット・注意点などを弁護士法人北千...

【弁護士に聞く】刑事事件で示談をしたほうがいい理由と進め方
【弁護士に聞く】「他に好きな人ができた」という理由で離婚は可能? 原因・理由 2018年09月03日

配偶者以外の異性と交際し、性的な交渉をもつと不貞になります。 それでは、性的関係のない恋愛は、不貞になるのでしょうか。 片思いでも好きな人ができたなら、離婚を申し立てる正当な理由になるのでしょうか。 離婚の理由となる異性との交際や、離婚を有利に進める方法、こじれた場合の対策、こじらせないために注意することなど、弁護士法人北千住パブリック法律事務所の寺林...

【弁護士に聞く】「他に好きな人ができた」という理由で離婚は可能?
【弁護士に聞く】賃貸住宅で立ち退きを迫られたときの対策とは 不動産賃貸 2018年08月29日

店舗や事務所、アパート、マンションを借りていると、家主から突然、立ち退きを要求されることがあります。 いきなり出て行ってほしいといわれても、そう簡単に応じるわけにはいきません。期日をはじめ、条件について交渉する余地はないのでしょうか? お金を受け取れるとしたら、どれくらい受け取れるチャンスがあるのでしょうか? 今回はこれらの疑問に関して、目黒・白金法律...

【弁護士に聞く】賃貸住宅で立ち退きを迫られたときの対策とは
【弁護士に聞く】離婚前に決めるべき、子どもとの面会交流の条件とは 面会交流 2018年08月27日

離婚するに当たって、よく問題になるのが「子どもとの面会交流」です。 親権を取った側も取らなかった側も、面会交流には譲れない部分があるものです。 お互いに納得ができ、子どもに悪影響を及ぼさないための面会交流条件は、どうやって決めるのでしょうか。 今回は、弁護士法人北千住パブリック法律事務所の寺林智栄弁護士に面会交流条件の取り決め、面会ができないケース、面...

【弁護士に聞く】離婚前に決めるべき、子どもとの面会交流の条件とは

アルバイトへの退職勧奨後の対応について

退職・解雇・雇止め 2018年12月03日 19時06分

昨年12月に採用したアルバイトについて質問します。 仕事の覚えが良くなかったため他のアルバイト以上に研修を行いましたが、6箇月以上経過...

不貞行為の相手について

不倫・不貞・浮気 2018年11月20日 20時03分

不貞行為の慰謝料について、離婚協議中です。不貞行為をした相手方にも慰謝料を請求したいと考えており、現在、弁護士さんもついています。 相...

生活費をわずかしか渡さない夫にまだ同居中でも婚姻費用を請求出来ますか

婚姻費用 2018年11月19日 16時54分

生活費を渡さない夫への妻の...というのを読みました。有責配偶者であるモラハラ夫から一方的に離婚を迫られています。生活費を渡さないのは...

管理業者に与えた代理権。その範囲と停止させる方法について教えて下さい。

不動産・建築 2018年11月15日 22時37分

現在、アパート大家をしており、不動産管理会社と管理委託契約を結んでいます。 契約では、 「本物件の賃貸借契約締結にあたっては、乙(業者...

原告の控訴取り下げでの被告代理人の着手金の行方

民事裁判 2018年11月15日 09時37分

ややこしい話です。 原告が控訴状「のみ」を出した段階で被告代理人は着手金を請求しますか。 また、後で理由書を出すことなく原告が控訴を取...

筆界特定制度 境界線 2018年10月17日

Q.土地の境界をめぐる紛争について、新たに筆界特定制度というものができたと聞きました。どのようなものでしょうか。 A.これまで隣地との土地境界について争いが生じた場合、最終的には訴訟を提起して、裁判所に境界を確定してもらうしかありませんでした。ただ、訴訟となると時間がかかることもあり、より簡便かつ専門性を生かす方法として、この度、法務局による行政手続と...

弁護士に依頼する場合と司法書士に依頼する場合の違い 借金・債務整理 2018年08月30日

Q.借金問題の相談は司法書士にもできると聞いていますが、弁護士に依頼する場合と司法書士に依頼する場合の違いはどこにあるのでしょうか。 A.弁護士と司法書士とでは、そもそも法律によって「代理人」として行動できる範囲が異なっています。 まず、自己破産や個人再生の申立てといった事件は弁護士しか代理人となることはできません。 また、いわゆる任意整理と呼ばれてい...

相続人の中に未成年の者がいる場合の遺産分割協議 遺産分割協議 2018年08月27日

Q. 先日、夫がなくなりました。相続人は妻である私と、長男(21歳)、次男(16歳)です。夫の遺産分割協議はどのように進めていけばいいのでしょうか。 A. 20歳未満の未成年者については、民法上、行為無能力とされ、親権者(親権者がいないときは、後見人)が未成年者の財産に関する法律行為についての代理権、同意権等を有します。遺産分割協議につきましても、親が...

ハリルホジッチ元監督の訴訟について 民事裁判 2018年07月28日

先日行われたロシアワールドカップでは、日本代表がベスト16に進出するとともに、ベルギー戦では死闘を繰り広げ、全国に感動と熱狂、興奮をもたらしたのは記憶に新しいところです。 一方で、本年4月に解任されたハリルホジッチ元監督から日本サッカー協会の田嶋会長らに対する損害賠償請求等訴訟について、7月27日に東京地裁で第1回口頭弁論期日が開かれ、法廷での争いが本...

交通事故で通院した患者のカルテ・画像等の開示請求を受けた医療機関(病院・整骨院等)の方へ 人身事故・死亡事故 2018年07月26日

先日,以下のような報道がなされました。 『カルテ、コピー1枚で5千円も 厚労省「不適切」と注意』 (朝日新聞デジタル2018年7月24日05時01分) (引用元URL) https://digital.asahi.com/articles/ASL7N6RPRL7NULBJ013.html?rm=533 「診療録(カルテ)のコピーを患者らが請求した際に求...

ページ
トップへ