代理人

【弁護士に聞く】不倫相手に手切れ金を支払うときに注意すべきこと 不倫・不貞・浮気 2018年06月18日

不倫という禁じられた関係を清算するにあたり、金銭を用意することはよくある話です。TVドラマや小説では、おなじみの場面かもしれません。 しかし実際、そういった金銭を支払う必要があるのでしょうか? また支払うとしたら、どれくらいの額を、どのような手順で払ったらいいのでしょうか。 ただでさえ揉めたら怖い男女関係に、金銭が絡んでくるので、慎重に対応していきたい...

【弁護士に聞く】不倫相手に手切れ金を支払うときに注意すべきこと
【弁護士に聞く】妊娠中に離婚するときに気をつけるべきこと 離婚・男女 2018年06月06日

妊娠期間は、新しい家族を迎えるに当たって、夫婦間の絆がさらに深まるきっかけになる期間でもあります。しかし、妊娠期間中に離婚に至ってしまうケースもあります。 妊娠している女性は精神的に不安定な状態に陥りやすいもの。また、男性側も環境の変化に戸惑いがちです。ささいなことがきっかけでケンカになったり、夫が浮気をしてしまい、夫婦間に深い溝ができたりすることもあ...

【弁護士に聞く】妊娠中に離婚するときに気をつけるべきこと
不動産を相続したら相続登記が必要?必要書類や手続きの進め方を徹底解説 相続登記・名義変更 2018年06月05日

相続をすることになったのですが、遺産の中に不動産があります。 遺産分割協議はこれからなのですが、先に共同相続人で登記をしなければなりませんか? いえ、必ずしもしなくても大丈夫ですよ。 そうなんですか? でも、分割が終わったらしなければならないんですよね?どうやって進めればいいのでしょうか……。 では、相続登記について、どのような書類が必要で、登記申請は...

不動産を相続したら相続登記が必要?必要書類や手続きの進め方を徹底解説
【弁護士に聞く】冤罪だ!でっちあげDVを主張されたらどうするべき? DV 2018年06月04日

現在は離婚が珍しくない時代です。離婚の原因はさまざまですが、DVもそのひとつ。家庭裁判所に、DVの証拠が提出されることは珍しい話ではありません。 ところで「DVのでっちあげを受けて、離婚されてしまった人がいる」という話を聞いた覚えはないでしょうか。 身に覚えのないDVで離婚や慰謝料を迫られたとき、法的な対抗処置はないのでしょうか?離婚や男女問題に詳しい...

【弁護士に聞く】冤罪だ!でっちあげDVを主張されたらどうするべき?
相続における代理人とは 未成年者や認知症患者、行方不明者がいる場合は? 相続人 2018年05月24日

先日父が亡くなり、手続きを進めています。 ただ、末の弟が未成年なのですが、相続はどうなるのでしょうか? 未成年であっても相続人は相続人です。 ただし、代理人を付ける必要がありますね。 代理人は認知症や行方不明者がいるケースでも活用できるので、詳しく説明します。 目次 【第1章】 相続手続きは代理人に依頼することはできる? 【第2章】 相続人が未成年の場...

相続における代理人とは 未成年者や認知症患者、行方不明者がいる場合は?

今からでも告訴したいです。傷害

DV 2018年06月19日 00時08分

10ヶ月前の傷害を告訴したいです。旦那は暴力をふるいでていきました。 心療内科に通い寝たきりになってしまったため、警察にはいけませんで...

業務上横領してしまい脅されているような状況です。

横領 2018年05月23日 12時39分

2017年の7月に業務上横領がバレてしまい、現在も同じ職場で働きながら返済中です。 約300万円の横領金額でしたが、訴えないし解雇もし...

民事訴訟裁判で被告の欠席が認められる理由と民事訴訟係争中でも刑事訴訟はできますか?

民事裁判 2018年05月22日 18時59分

半年前から、貸金返済で民事訴訟(地裁)係争中の原告ですが、一度も被告や代理人が出廷せずに、来月判決予定です。 1.通常は、被告の欠席は...

精神疾病により失業⇒住宅ローン破産により強制執行による住宅を失った場合の今後の対処

自己破産 2018年05月14日 14時05分

精神疾病で失業、住宅ローンが払えず、 また、強制執行により、住宅を失った親族関係の今後の救済が目的で質問いたします。 ■【本人プロフィ...

行方がわからない前々夫を探し出し養育費を請求したい。

養育費 2018年05月09日 01時02分

私はバツ2の女性です。 最初の夫とのあいだに子供一人(女)、2番目の夫とのあいだに子供一人(男)ができ、二人とも私と一緒に暮らしていま...

民事訴訟のIT化について(2) 民事裁判 2018年06月19日

本年6月1日付「民事訴訟のIT化について(1)」でIT化の概要について検討を行ないましたが、今回は特に、IT化におけるセキュリティの問題を中心に検討を行ないたいと思います。 1 セキュリティリスクに関する総論 民事訴訟手続のIT化において、事件記録や事件情報については、訴訟当事者本人とその代理人等の関係者に限るのが相当とされますが(「IT化とりまとめ」...

子の氏の変更 親子・家庭 2018年06月17日

Q. 先日、夫と離婚し、私が2人の子どもの親権者となりました。しかし、私が旧姓に戻ったためでしょうか、子どもの氏は元夫の姓のままですし、戸籍も私の戸籍には入っていません。 子どもたちはまだ小学生で、このままだと不便ですし、不安です。どうしたらいいのでしょうか。 A. 結婚の際に氏(姓)を改めた人は、離婚すると法律上当然に結婚前の氏に戻ります(民法767...

紛争の解決手段(4)~裁判外(前)の交渉~ 民事裁判 2018年06月12日

弁護士の山田雄太です。 紛争の解決手段について、前回まで(紛争の解決手段(1)~(3))は、裁判上での解決手段について簡単に述べてきました。 今回は、裁判外(主に裁判前)の紛争解決手段について述べたいと思います。 基本的には、弁護士が代理人となり、何らかの請求をする際には、すぐに訴訟提起をするのではなく、裁判前の交渉をすることが通常です(もちろん交渉の...

民事訴訟のIT化について(1) 民事裁判 2018年06月01日

本年3月30日、政府の日本経済再生会議は、民事訴訟のIT化に向けての取りまとめ(以下、「IT化取りまとめ」といいます)を発表しました。これまで、民事訴訟では訴状等につき裁判所に印刷された書類の原本を提出するのが原則でしたが(準備書面や書証は、通常FAXでも可とされますが)、IT化により今後民事訴訟手続は大きく変貌すると見込まれます。民事訴訟のIT化の要...

遺産分割協議の仕方 遺産分割協議 2018年05月29日

Q.先日、母が亡くなりました。父も既に亡くなっていますので、相続人は私を含めた子4人です。母の遺産は、母が住んでいた土地と建物、預貯金が約2000万円、株式などの有価証券が約1000万円です。 母は遺言は残していませんでした。 これからどのようにして、母の遺産を分けたらいいのでしょうか。 A.遺言があると、法律の規定に優先して、遺言した人、本件ではお母...

ページ
トップへ