内容証明郵便

【弁護士に聞く】ベンチャー企業が陥りがちな労働問題とその対策 労働法務 2019年04月26日

労働問題はどんな規模の企業にも起こり得る問題です。ベンチャー企業も例外ではありませんが、一般的な企業で生じる問題に加えて、ベンチャー企業が陥りがちな問題もあります。ベンチャー企業に起こる労働問題の原因や解決方法を、ベンチャー企業の問題に詳しい東京スタートアップ法律事務所の中川浩秀弁護士に伺いました。 中川 浩秀 弁護士 (東京スタートアップ法律事務所)...

【弁護士に聞く】ベンチャー企業が陥りがちな労働問題とその対策
債権譲渡通知書が届いたらどうしたらよい?債権譲渡についてわかりやすく解説 借金返済 2019年03月04日

大変です!今朝ポストにこんなものが…。 これは「債権譲渡通知書」ですね。 債権の所有者が変わったとあるのですが意味がわかりません。 これから一体何が起こるんでしょうか? 落ち着いてください、大丈夫ですよ。 通知書の意味や対処方法をお伝えしますので、まずはこれからご説明することを聞いてください。 目次 【第1章】 債権譲渡ってどんな制度? 【第2章】 債...

債権譲渡通知書が届いたらどうしたらよい?債権譲渡についてわかりやすく解説
【弁護士に聞く】ブラック企業を早く後腐れなく退職するための方法 退職・解雇・雇止め 2019年02月19日

ブラック企業の長時間労働や残業代の未払いなどが社会問題化しています。ブラック企業は退職をさせないように圧力をかけてくるため、退職できずに悩んでいる方も少なくありません。 そこで、青野法律事務所の青野壽和弁護士にブラック企業を退職するための方法についてお話を伺いました。 青野 壽和 弁護士 (青野法律事務所。神奈川県弁護士会所属) 労働問題や離婚問題、相...

【弁護士に聞く】ブラック企業を早く後腐れなく退職するための方法
借金を踏み倒すことはできる?~借金と時効の話~ 時効 2018年12月04日

長年借金に苦しめられてきた友人がいるんですが、最近ちょっと気になることを言っていたんです。 どのようなことですか? 「借金を踏み倒した。今は自由だ」と言っていて…… それって大丈夫なんでしょうか?違法じゃないですか? 方法によっては合法的なものもありますよ。 では実際に借金を踏み倒すことができるのか、解説していきます。 目次 【第1章】 合法的に借金を...

借金を踏み倒すことはできる?~借金と時効の話~
【弁護士に聞く】借主に家賃増額の交渉をするときのポイント 不動産賃貸 2018年09月05日

賃貸アパート、マンションの経営は、きわめて長期的に取り組むビジネスとなるのが普通です。小さなアパートにしても一度建てたら、おそらくは何十年も貸し続けることになるはずです。 ところで借主の受け入れを開始して数年、あるいは10年以上経つと家賃を値上げしたくなることがあるものです。しかし借主が素直に受け入れてくれるとは限りません。家賃の増額はどのようなときに...

【弁護士に聞く】借主に家賃増額の交渉をするときのポイント

役員報酬の未払いも労働基準局に相談できるのでしょうか?

給料・ボーナス 2019年08月03日 13時48分

給与未払いについて。 親戚の会社で役員(監査役)をしていました。実際は人事や総務の業務をしておりました。 社長(叔母)からのパワハラに...

未払賃金請求

労働時間・休憩・休日 2019年08月03日 02時42分

私は、某飲食店に2年間勤務していました。未払賃金(時間外労働)が、約200万円近くありました。7月の賃金も未払(約20万円)です。労働...

残業代の時効、どちらが正しいですか?

労働 2019年07月29日 13時12分

未払いになっている残業代を一年程所属していた会社に請求しています。 去年、退職してすぐに労基署を通して請求したところ、相手は一部を支払...

変な不動産屋について

不動産売買 2019年07月12日 02時38分

親が色々不安がっているので、お答えください。、 親が一棟マンションを所有しています。建物は、親の単独、そして土地は親と私の 共有で土地...

ケンカの結果、民事にて訴えられた

暴行・傷害 2019年07月05日 15時30分

1年程前になりますが、友人と些細なことで口喧嘩となり、ついカッとなって胸倉を掴みました。 次の日ですが、胸倉を掴んだ事については謝罪し...

債権回収業務について ~民事保全手続を行う~ 債権回収 2019年07月10日

内容証明郵便を送付しても相手方が支払いに応じない場合や、始めから相手方の支払いが期待できない場合には、訴訟を提起する必要があります。 ただ、訴訟には、何カ月もかかることがあります。その間に、相手が財産を隠してしまうかもしれません。また、相手が他の債権者に優先的に返済したり、事業の運転資金に充てるなどして、財産を減少させてしまうかもしれません。 あなたが...

債権回収業務について ~内容証明郵便による督促~ 債権回収 2019年06月28日

内容証明郵便とは、「いつ」「どのような内容を」「誰から」「誰のところへ」送られたのかということを、郵便局が明らかにしてくれる制度です。 いつ相手方に到達したのか、どのような内容を相手方に伝えたのか、全ての事実について証拠が残るので、後に裁判になっときには、強力な武器となります。 また、内容証明郵便に強制力はありませんが、内容証明郵便という正式な書類を送...

遺留分について -遺留分とは?- 遺留分 2019年03月26日

1) 遺留分とは? 被相続人(亡くなった方)が遺言を残している場合に、自分の取り分だけ少なかったときは、どうしたらいいのでしょうか? 例えば、父親が亡くなったときに、遺言に「長男と次男で半分ずつ分けるように。三男には何も残さない。」と書かれている場合や、「全財産を長男に譲る。」と書かれている場合です。 このような場合、あなたが、被相続人の兄弟姉妹以外の...

近隣トラブルへの対処法 裁判・法的手続 2018年06月28日

近隣トラブルに関する電話相談などお問い合わせが増えております。 近隣トラブル(騒音等)については、弁護士から内容証明を送ることも一つの手段です。弁護士からの書面送付ですので、一定の抑止力になる可能性があります。 もう一つの方法は、裁判など強硬な手段よりは穏当な「あっせん手続き」もしくは「仲裁手続き」を用いることです。あっせん手続きは、弁護士会館の中で、...

強制執行について(2) 裁判・法的手続 2018年03月01日

本年2月25日付「強制執行について(1)」では、強制執行申立てに関し、債務名義に関する説明及び不動産執行(強制競売申立て)に関する検討を行いましたが、今回は、債権執行に関する検討を行います。主な債権執行対象として、以下のような債権が考えられます。 1.売掛金債権の差押について まず、債務者が法人あるいは個人事業主等の事業者の場合、債務者の取引先について...

ページ
トップへ