強制執行

弁護士は何をしてくれる?裁判以外にもさまざまな仕事をしている 法律全般 2020年10月07日

日常生活や、仕事を進めるうえで法律上の問題に直面したら、弁護士に相談することがおすすめです。 弁護士というと、多くの方が「法廷に立っている姿」をイメージするのではないでしょうか? たしかに、法廷の場で裁判の手続きに関与することは、弁護士の重要な業務の一つです。 しかし、弁護士は裁判以外にも、さまざまな業務を日常的に行っています。 この記事では、弁護士が...

弁護士は何をしてくれる?裁判以外にもさまざまな仕事をしている
民法改正により消滅時効の期間が変更|新旧のルールを整理・比較 法律全般 2020年07月01日

民法上の権利は、一定期間行使しない場合には消滅してしまいます。 この制度を「消滅時効」といいます。 2020年4月1日に施行された新しい民法において、消滅時効の制度が大きく変更されました。 特に時効期間の変更は、実際の権利に大きな影響を及ぼしますので、この機会に正確に理解しておきましょう。 この記事では、民法改正による消滅時効のルールの変更点について詳...

民法改正により消滅時効の期間が変更|新旧のルールを整理・比較
特定調停とは?任意整理との違い、メリット・デメリットについて詳しく説明 借金・ローンが払えない 2019年06月24日

昨年会社をクビになってしまい、借金の返済が行き詰まっています。 そろそろ債務整理をしようかと妻と話をしているんです。 それは大変ですね。 どの手続きをとるか決めましたか? 一応調べてみたのですが、特定調停がイマイチよくわからなくて… 任意整理と同じにも思えるんです。 その点の疑問を持たれる方は多いですね。 では今回は特定調停とは何かや、任意整理との違い...

特定調停とは?任意整理との違い、メリット・デメリットについて詳しく説明
【弁護士に聞く】相続法改正のポイント(3)遺産分割手続の見直し|遺産分割前の預貯金の払い戻し、財産の処分に関する規定の整備 相続手続 2019年06月03日

平成30年7月6日に民法相続編の改正法が成立しました。この改正で、遺産分割前の預貯金の払い戻し制度が創設され、財産の処分に関する規定が整備されました。 従来の問題点や、改正による変更点について、虎ノ門法律経済事務所上野支店の日向寺司弁護士にお話を伺いました。 日向寺 司 弁護士 (虎ノ門法律経済事務所上野支店) 相続、離婚、不動産関係、交通事故等の個人...

【弁護士に聞く】相続法改正のポイント(3)遺産分割手続の見直し|遺産分割前の預貯金の払い戻し、財産の処分に関する規定の整備
失敗例に学ぶ!任意整理しないほうがいいケース 借金返済 2019年02月15日

友人が借金の返済に行き詰まり、任意整理をしたんですが、失敗したと言っていました。 確かに、任意整理は必ずしも全員がうまくいくわけではないですね。 それは知りませんでした。どういった場合に失敗になるんですか? 債権者側と債務者側、それぞれに原因がひそんでいます。 それでは今回は任意整理の失敗例や、任意整理をおすすめしないケースについて説明していきます。 ...

失敗例に学ぶ!任意整理しないほうがいいケース

強制執行手続きについて

裁判・法的手続 2021年02月03日 09時19分

離婚をする際に、執行認諾文言付き公正証書を作成し、毎月の生活費の補填を確約の上で離婚しましたが、履行されていません。他にも履行されてい...

「差押え」と「仮差押え」について

借金返済 2020年12月03日 15時49分

「差押え」と「仮差押え」についてご教示下さい。 「差押え」は債務名義がなければできないことは承知しているのですが、「仮差押え」は債務名...

養育費減額

養育費 2020年11月21日 17時46分

質問です。 夫は前妻との間に子供が一人8才の養育費を毎月3万支払っています。(口頭で決めた額です) しかし、2021年2月に私との間に...

弁護士会照会について

法律全般 2020年11月19日 22時23分

弁護士会照会についてお尋ねします。 先ず照会先についてですが、例えば銀行の場合、特定の一つの銀行でなく、全銀協に照会することで加盟のす...

最終通告書の支払い期限を過ぎての支払い。今後どのような動きを取れば良いですか?

借金・債務整理 2020年11月17日 21時26分

商品を後払いで購入しましたが、支払い忘れてしまい、最終通告書が届いていました。 しかし、確認した日が支払い期限を3日ほど過ぎてしまって...

事業再生の基礎知識 事業再生・倒産 2020年10月09日

(事業再生とはなにか?) 事業再生といわれても、ピンとこない人が多いかもしれません。 「事業」とは、建設業、飲食業など、主として営利を目的として、個人や法人が行う経済活動のことをいいます。では、事業を「再生」するとはどういうことでしょうか。 「再生」が必要である場合、現状、事業は死にかけているわけです。別の言い方をすれば、営利を生み出せない状況に陥って...

民事執行法改正ー勤務先情報の開示ー 法令 2020年08月28日

今回は,民事執行法の改正のうち,「勤務先情報の開示」について書かせていただきます。 例えば,養育費の金額で話し合いがつかずに裁判所に決めてもらう場合があります。しかし,裁判所で金額が決まったにもかかわらず支払わない人が結構います。 裁判で決まった金額を相手が支払わない場合は,裁判所に対して強制執行を申し立てることができます。 強制執行の一つに給与の差押...

改正民事執行法―不動産、給与債権に関する情報の取得 債権回収 2020年08月03日

前回は、権利の実現に実効性を持たすべく、改正民事執行法にて新設されました第三者からの情報取得手続のうち、預貯金債権に関する情報の取得についてお話ししました。 今回は、第三者からの情報取得制度のうち、不動産に関する情報と給与債権に関する情報についてお話しいたします。 不動産は一般に金額的価値が高いため、強制執行の対象とすることができれば、債権の回収の実効...

金融資産の開示 民事・その他 2020年07月21日

今回は,民事執行法の改正のうち,「金融資産の開示」についてお話ししたいと思います。 まず,基本的なことから押さえておきましょう。例えばお金を騙し取られた人が騙した人を相手に民事裁判を起こして勝訴判決を得たとします。 しかし,勝訴判決を得ても自動的にお金は戻ってきません。 相手が任意で支払ってくれればいいのですが,相手が自ら支払わない場合は,裁判所に対し...

改正民事執行法―預貯金債権に関する情報の取得 債権回収 2020年07月01日

勝訴判決を得ることができたけれども、強制執行の対象とする相手方の財産が見つからないため回収ができなかったという話はよく聞きます。 また、弁護士への相談の時点で、相手方の財産が見つからず回収が困難となるかもしれないという指摘を受けて、相談者が依頼をあきらめてしまうと いうこともあります。 これらの問題は、強制執行の対象とする相手方(債務者)の財産について...