強制執行

特定調停とは?任意整理との違い、メリット・デメリットについて詳しく説明 借金・ローンが払えない 2019年06月24日

昨年会社をクビになってしまい、借金の返済が行き詰まっています。 そろそろ債務整理をしようかと妻と話をしているんです。 それは大変ですね。 どの手続きをとるか決めましたか? 一応調べてみたのですが、特定調停がイマイチよくわからなくて… 任意整理と同じにも思えるんです。 その点の疑問を持たれる方は多いですね。 では今回は特定調停とは何かや、任意整理との違い...

特定調停とは?任意整理との違い、メリット・デメリットについて詳しく説明
【弁護士に聞く】相続法改正のポイント(3)遺産分割手続の見直し|遺産分割前の預貯金の払い戻し、財産の処分に関する規定の整備 相続手続 2019年06月03日

平成30年7月6日に民法相続編の改正法が成立しました。この改正で、遺産分割前の預貯金の払い戻し制度が創設され、財産の処分に関する規定が整備されました。 従来の問題点や、改正による変更点について、虎ノ門法律経済事務所上野支店の日向寺司弁護士にお話を伺いました。 日向寺 司 弁護士 (虎ノ門法律経済事務所上野支店) 相続、離婚、不動産関係、交通事故等の個人...

【弁護士に聞く】相続法改正のポイント(3)遺産分割手続の見直し|遺産分割前の預貯金の払い戻し、財産の処分に関する規定の整備
失敗例に学ぶ!任意整理しないほうがいいケース 借金返済 2019年02月15日

友人が借金の返済に行き詰まり、任意整理をしたんですが、失敗したと言っていました。 確かに、任意整理は必ずしも全員がうまくいくわけではないですね。 それは知りませんでした。どういった場合に失敗になるんですか? 債権者側と債務者側、それぞれに原因がひそんでいます。 それでは今回は任意整理の失敗例や、任意整理をおすすめしないケースについて説明していきます。 ...

失敗例に学ぶ!任意整理しないほうがいいケース
【弁護士に聞く】後から無効を主張されない離婚協議書の書き方は?弁護士のチェックポイントはここ 離婚協議書 2019年02月05日

離婚の際には様々な取り決めをしなければなりませんが、口頭で合意しただけでは心もとない…そんなとき、合意内容を書面化しておけば安心です。とはいえ、どのように記載すればよいのか分からず、頭を抱えてしまうこともあるでしょう。 そこで、離婚協議書の作成の仕方について、なごみ法律事務所の本田幸則弁護士にお話を伺いました。 本田 幸則 弁護士 (なごみ法律事務所)...

【弁護士に聞く】後から無効を主張されない離婚協議書の書き方は?弁護士のチェックポイントはここ
差し押さえを受けるとどうなる?対象別に詳しく解説 借金・ローンが払えない 2018年12月19日

借金の返済が滞っていて、督促が届いているんです。 何回もきているんですか? はい、でも無視するしかなくて……。 そのうち財産が差し押さえられると聞いて不安で仕方ありません。 差し押さえとなると困ることも多いはずです。 ただし対象となるのは全ての財産ではなく、差押えを防ぐことも可能です。一緒に確認していきましょう。 目次 【第1章】 差し押さえの対象とな...

差し押さえを受けるとどうなる?対象別に詳しく解説

これ以上は無理でしょうか?

横領 2019年07月05日 16時20分

約1年前に町内会費横領者を刑事告訴していますが、 人目が恐いと通院しているとの主張で 警察も時間を要していて未だに普通に暮らしています...

民事裁判の和解金について

民事・その他 2019年06月10日 11時20分

民事裁判の和解金について教えてください。金額は誰が決めるのですか?あと和解金を払ってくれなかったとき強制執行の手数料を相手に請求できま...

財産分与の合意書の時効は何年なのでしょうか?

財産分与 2019年05月15日 23時18分

離婚をして財産分与の合意書を作りました。 合意書の中には、相手が私に支払う内容も含まれていますが、相手が、なかなか支払いません。 もし...

地方裁判所で合意書の履行求めて裁判を何訴訟と呼ぶのでしょうか?

民事裁判 2019年05月13日 23時18分

離婚に伴う財産分与の合意を守らない場合は、地方裁判所で合意書の履行求めて裁判を起こせると聞きました。 その裁判は、給付訴訟というのでし...

未払い金回収の契約書か覚書を作成したい。

借金・債務整理 2019年04月02日 14時03分

卸売の会社を経営しております。 得意先(個人事業主)にて売掛金が払えないとのことで分割にてお支払いをして頂くこととなりました。 そこで...

債権回収業務について ~民事保全手続を行う~ 債権回収 2019年07月10日

内容証明郵便を送付しても相手方が支払いに応じない場合や、始めから相手方の支払いが期待できない場合には、訴訟を提起する必要があります。 ただ、訴訟には、何カ月もかかることがあります。その間に、相手が財産を隠してしまうかもしれません。また、相手が他の債権者に優先的に返済したり、事業の運転資金に充てるなどして、財産を減少させてしまうかもしれません。 あなたが...

不倫相手に請求する慰謝料の相場 慰謝料 2018年09月28日

慰謝料は大体いくらとれますか?というご質問を非常に多く受けます。 判断のポイントは、婚姻期間・子供の有無・不貞期間と回数・不貞発覚で離婚に至っているか・不貞までに夫婦関係が悪化していたか などです。特に不貞期間と回数は重要な要素です。このあたりの事情を伺えば、これまでの裁判例に照らすと大体いくらの慰謝料額が 相当か、というところが見えて参ります。 ただ...

強制執行について(4) 裁判・法的手続 2018年03月15日

本年2月25日付「強制執行について(1)」、3月1日付「強制執行について(2)」、3月7日付「強制執行について(3)」に引き続き、今回は動産執行等について検討を行いたいと思います。 第1 動産執行について 1.自動車の差押について 動産の差押対象として、債務者が所有する自動車を差し押さえる方法が考えられますが、主に以下の点に注意する必要があります。 (...

強制執行について(3) 裁判・法的手続 2018年03月07日

本年2月25日付「強制執行について(1)」、3月1日付「強制執行について(2)」に引き続き、今回は給与債権等に対する債権執行について検討を行ないたいと思います。 5.給与債権の差押について (1)通常の場合 給与債権については、債務者の生活基盤を形成する資産であることから、差押可能額に制限があり、①原則として税金や社会保険料等を控除した手取り額までの1...

強制執行について(2) 裁判・法的手続 2018年03月01日

本年2月25日付「強制執行について(1)」では、強制執行申立てに関し、債務名義に関する説明及び不動産執行(強制競売申立て)に関する検討を行いましたが、今回は、債権執行に関する検討を行います。主な債権執行対象として、以下のような債権が考えられます。 1.売掛金債権の差押について まず、債務者が法人あるいは個人事業主等の事業者の場合、債務者の取引先について...

ページ
トップへ