損害賠償

有給休暇の基礎知識。いつから取れる?期限は?義務化って?などの疑問に答えます! 有給休暇 2019年07月08日

今の職場からの退職を考えているんですが、有給休暇が残っているようなんです。 消化はできそうですか? それが、上司が難色を示していて…。そもそも、いつ発生していつまでに消化しなければいけないのかも、わかっていなかったんです。 日本は有給休暇の取得率が低いですからね。きちんと消化するためには、有給休暇の仕組みについて知ることが大事ですので詳しくご説明します...

有給休暇の基礎知識。いつから取れる?期限は?義務化って?などの疑問に答えます!
【弁護士に聞く】相続法改正のポイント(3)遺産分割手続の見直し|遺産分割前の預貯金の払い戻し、財産の処分に関する規定の整備 相続手続 2019年06月03日

平成30年7月6日に民法相続編の改正法が成立しました。この改正で、遺産分割前の預貯金の払い戻し制度が創設され、財産の処分に関する規定が整備されました。 従来の問題点や、改正による変更点について、虎ノ門法律経済事務所上野支店の日向寺司弁護士にお話を伺いました。 日向寺 司 弁護士 (虎ノ門法律経済事務所上野支店) 相続、離婚、不動産関係、交通事故等の個人...

【弁護士に聞く】相続法改正のポイント(3)遺産分割手続の見直し|遺産分割前の預貯金の払い戻し、財産の処分に関する規定の整備
【弁護士に聞く】ストーカー被害を受けたときに弁護士がしてくれること ストーカー・リベンジポルノ 2019年04月01日

ストーカーによる嫌がらせ行為、付きまといはあなたの日常生活を破壊し、プライベートや仕事に大きな悪影響を与えます。 そこで、ストーカー被害に遭ったときの対処法や弁護士ができることについて、ワールド法律事務所の渡邉祐介弁護士にお話を伺いました。 渡邉 祐介 弁護士 (ワールド法律会計事務所) 弁護士になる前は、IT企業のサラリーマンという異色の経歴の持ち主...

【弁護士に聞く】ストーカー被害を受けたときに弁護士がしてくれること
【弁護士に聞く】痴漢えん罪を回避するための対処法 性犯罪 2019年03月15日

痴漢をしていないのに、痴漢の犯人に仕立て上げられてしまうことで、人生が破綻してしまうケースが少なくありません。 そこで、痴漢えん罪を回避するための対処法について、ワールド法律事務所の渡邉祐介弁護士にお話を伺いました。 渡邉 祐介 弁護士 (ワールド法律会計事務所) 弁護士になる前は、IT企業のサラリーマンという異色の経歴の持ち主。相談者の主張や立場を深...

【弁護士に聞く】痴漢えん罪を回避するための対処法
【弁護士に聞く】退職勧奨と解雇は違う?退職勧奨を受けた時にすべきこと 退職・解雇・雇止め 2019年02月27日

労働者を簡単に解雇することができないことから、退職勧奨という形で退職に追い込もうとする企業が増えています。 退職勧奨を受けたらどう対処すればよいのか、退職勧奨の際の対策について、青野法律事務所の青野壽和弁護士に伺いました。 青野 壽和 弁護士 (青野法律事務所。神奈川県弁護士会所属) 労働問題や離婚問題、相続など幅広い分野の法律問題に対応している。特に...

【弁護士に聞く】退職勧奨と解雇は違う?退職勧奨を受けた時にすべきこと

不動産業者から購入した物件の瑕疵担保責任について

不動産売買 2019年07月23日 14時12分

約4年前に不動産業者から、中古マンション一棟を購入しました。 貯水槽及び給水ポンプがあるのですが、先日、入居者より水の出が悪い旨の申告...

マリンスポーツ参加した際の業者のミスによるiphoneの水没について

民事・その他 2019年07月09日 23時28分

IPhoneの修理代について、質問失礼致します。当方、旅行先で、2名でマリンツアーに参加致しました。その際、ツアー業者の方より、「携帯...

会社退職後の給料未払いで会社に支払いを依頼したら、引継ぎに不備があり損害賠償を請求すると言われ、どうしたらいいか悩んでいます。

退職・解雇・雇止め 2019年07月07日 17時46分

夫の退職した職場での給料未払いについてです。 3年ほど勤めた会社を最近退職しました。 退職希望日の1ヶ月前までに社長に報告し、社長の希...

ケンカの結果、民事にて訴えられた

暴行・傷害 2019年07月05日 15時30分

1年程前になりますが、友人と些細なことで口喧嘩となり、ついカッとなって胸倉を掴みました。 次の日ですが、胸倉を掴んだ事については謝罪し...

社員が自身の退職情報を同業他社へもらいした場合の対処方法

労働 2019年07月03日 19時05分

社員が自身の退職情報を同業種に漏らしていたことがわかりました。 次の人が見つかるまで、社内外には漏らさぬよう口頭で確認はしていたのです...

宅建業者による重要事項説明の内容 不動産・建築 2019年06月20日

不動産売買や不動産賃貸借に関して、弁護士に対するよくある質問に 「宅建業者がこれを説明しなかったのは重要事項説明義務違反ではないですか?」 というものがある。 重要事項として宅建業者に説明義務があるとして、 実際に法令で定められているものは、以下のようなものである。 (宅地建物取引業法35条1項、宅地建物取引業法施行令3条、 宅地建物取引業法施行規則1...

仮想通貨(暗号資産) 法律全般 2019年04月12日

■仮想通貨の概略 昨今話題にのぼっている仮想通貨は, 2008年サトシ・ナカモト名義で公表された「ビットコイン:P2P電子マネーシステム」という論文から始まる。 この仮想通貨bitcoinは,次のような技術的特徴をもっているものとされている。 ・P2Pネットワーク(多数のネットワーク参加者(ノード)が情報共有することで,データの堅牢性をもたせることがで...

会社の業務中に従業員が交通事故を起こして,会社が被害者に損害を賠償した後,従業員に求償できる? 交通事故 2019年03月26日

新田・天野法律事務所の弁護士新田真之介です。 今回は「従業員への求償」についてです。 会社の業務中に従業員が車を運転していて交通事故を起こして,第三者に損害を加えてしまった場合について,基本的なまとめをしてみます。 その上で,実際に求償をかけるのか,もしくは損害保険が使えるなら使うのかなどは経済的なものやレピュテーションなものもあるので個別の経営判断に...

無道路地でも隣地通行権があれば建築確認が下りるか? 不動産・建築 2019年02月24日

無道路地とは、公道に接面していない土地のことです。 公道とは、国道・県道・市町村道・その他建築基準法で道路と認定されている道のことです。 つまり、 無道路地とは、他人の土地を横切らないと公道に出ることができない土地です。 民法は、無道路地の所有者は、公道に出るために他人の土地を通ることができる としています(民法210条1項)。 学問上は、囲繞地通行権...

思った通りの後遺障害等級認定がなかなかされないで異議申立をしていたら,もうすぐ症状固定日から3年間経ってしまいそうです。こういう場合も消滅時効にかかってしまうのでしょうか。 交通事故 2018年12月16日

認定された等級に不満がある場合に(特に非該当),異議申し立てをすることが多くあります。ところが,ようやく等級認定されても症状固定日から3年間過ぎてしまっていると大変なことになります。認定結果が変わらなければもっとひどいことになります。 1 不法行為の消滅時効の起算点 交通事故による損害賠償請求権は,民法の不法行為の消滅時効の規定のとおり起算点,つまり始...

ページ
トップへ