損害賠償

【弁護士に聞く】従業員を休職・復職させるときの正しい方法 労働法務 2020年04月08日

怪我や病気を理由に従業員が休職を申し出た場合、企業側はどのように対応すればよいのでしょうか。 また、休職から復帰する場合はどのような点に注意すればよいのでしょうか。 そんな休職に関する疑問を、かんざき法律事務所の神前吾郎先生に解決していただきました。 神前 吾郎 弁護士 (かんざき法律事務所) 取引トラブルや損害賠償請求、労働問題などの企業法務を取り扱...

【弁護士に聞く】従業員を休職・復職させるときの正しい方法
【弁護士に聞く】問題社員をトラブルなく解雇するにはどうしたらよい? 労働法務 2020年03月23日

「問題社員を解雇したいけどトラブルは避けたい」 このような悩みを抱える経営者の方は少なくありません。 そこで、かんざき法律事務所の神前吾郎先生に、問題社員をトラブルなく解雇する方法を伺いました。 神前 吾郎 弁護士 (かんざき法律事務所) 取引トラブルや損害賠償請求、労働問題などの企業法務を取り扱うことが多い。発生したトラブルへの対応はもちろんのこと、...

【弁護士に聞く】問題社員をトラブルなく解雇するにはどうしたらよい?
【弁護士に聞く】労働審判を起こされたら企業側はどのように対応したらよい?(不当解雇編) 労働法務 2020年02月06日

解雇を通告した従業員が不当解雇を主張して労働審判を起こした場合、企業側はどのように対応したらよいのでしょうか。 かんざき法律事務所の神前吾郎先生に伺いました。 神前 吾郎 弁護士 (かんざき法律事務所) 取引トラブルや損害賠償請求、労働問題などの企業法務を取り扱うことが多い。発生したトラブルへの対応はもちろんのこと、リスクマネジメントにも尽力している。...

【弁護士に聞く】労働審判を起こされたら企業側はどのように対応したらよい?(不当解雇編)
【弁護士に聞く】労働審判を起こされたら企業側はどのように対応したらよい?(未払い残業代トラブル編) 労働法務 2020年01月30日

未払い残業代に関する労働トラブルが発生した場合、企業側はどうしたらよいのでしょうか。 従業員が労働審判を起こした場合の企業の対応について、かんざき法律事務所の神前吾郎先生に聞いてみました。 神前 吾郎 弁護士 (かんざき法律事務所) 取引トラブルや損害賠償請求、労働問題などの企業法務を取り扱うことが多い。発生したトラブルへの対応はもちろんのこと、リスク...

【弁護士に聞く】労働審判を起こされたら企業側はどのように対応したらよい?(未払い残業代トラブル編)
高齢者が交通事故を起こしたらどうなる?家族の責任は? 人身事故・死亡事故 2019年08月29日

ここのところ、高齢者による交通事故のニュースが多い気がします。いつか自分も加害者になってしまうのではと心配で…。 車を運転する以上、誰しもその心配はありますね。 子どもたちも私が交通事故を起こさないか心配なようです。私の事故で家族が責任を負うようなことがあるのでしょうか? 万が一の場合、高齢者はどのような責任を負うのか、また家族が責任を負うことがあるの...

高齢者が交通事故を起こしたらどうなる?家族の責任は?

請求していいのか

民事・その他 2020年03月31日 22時50分

友達が自転車を壊したんです。その時の状況が友達に煽られて自分が先に自転車を蹴って傷付かない程度だったんですけどその後にやり返しといって...

リフォーム不備への損害賠償

新築・リフォーム 2020年03月24日 08時12分

フルリフォーム済みの中古マンションを3000万円で購入しました。 引き渡しが完了し入居したら、ドアが閉まらない箇所が2箇所、排気口の未...

大型ショッピングセンター駐車場で歩行中の私と身体接触したタクシーがそのまま逃げました。警察の検証を終え、病院で治療を受け一部医療費を自己負担しています。損害賠償請求出来ますか?

交通事故 2020年03月23日 18時12分

3月18日午後2時半頃、大型ショッピングセンター敷地内駐車場で買い物客等が安全に歩行できるよう塗装された「横断歩道」(長さ約3メートル...

CCとBCCを間違えメルアド流出されたが、補償もなくキャンセル返金に応じてもらえない

旅行・娯楽 2020年03月20日 10時13分

友達と5人、スポーツの体験教室に私が代表して申し込みました。 (バスとスポーツの為の場所利用、設備のレンタル代などが含まれたツアー) ...

諦めてましたが許せない恥ずかしい事すみません

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2020年03月19日 23時54分

準強姦罪の時効は10年ですが法律改正になりました。改正前のも遡って良いのでしょうか? 民事の請求は加害者を知ってから3年ですが証拠など...

交通事故直後の対応における注意点 交通事故 2019年11月26日

交通事故直後の対応は後々の示談や損害賠償請求訴訟の際に大きく影響する可能性があり、注意が必要です。 重要なポイントを以下にまとめておりますので、参考にしてください。 1 医師にしっかりと症状を伝えてください 交通事故被害者の中には、本当は痛いのを我慢するなどして医師に十分に症状を伝えられていない方がいます。後から「本当は痛かった」と言ってもなかなか認め...

瑕疵担保責任に関する民法改正(その2) 不動産売買 2019年08月15日

「瑕疵担保責任に関する民法改正(その1)」に続く 第2弾です。 従来の民法では、 売主に対して瑕疵担保責任を追及する場合、 原則としては損害賠償請求が基本でした。 たとえば、 欠陥の修繕に必要な修繕費を損害として 賠償請求するなどです。 ただ、欠陥の程度が大きくて、 その物を買った意味がなくなるような場合には、 契約を解除して、支払った売買代金の返還と...

履行確保法について 不動産売買 2019年08月12日

1.履行確保法の制定の経緯 平成11年に制定された 「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(以下、「品確法」といいます。) によって、新築住宅の売主は、構造耐力上主要な部分及び 雨水の浸入を防止する部分については、引渡しの時から10年間の瑕疵担保責任を 負うことになりました。 ところが、平成17年に発覚した構造計算書偽装問題を皮切りに、 新築住宅の売主...

宅建業者による重要事項説明の内容 不動産・建築 2019年06月20日

不動産売買や不動産賃貸借に関して、弁護士に対するよくある質問に 「宅建業者がこれを説明しなかったのは重要事項説明義務違反ではないですか?」 というものがある。 重要事項として宅建業者に説明義務があるとして、 実際に法令で定められているものは、以下のようなものである。 (宅地建物取引業法35条1項、宅地建物取引業法施行令3条、 宅地建物取引業法施行規則1...

仮想通貨(暗号資産) 法律全般 2019年04月12日

■仮想通貨の概略 昨今話題にのぼっている仮想通貨は, 2008年サトシ・ナカモト名義で公表された「ビットコイン:P2P電子マネーシステム」という論文から始まる。 この仮想通貨bitcoinは,次のような技術的特徴をもっているものとされている。 ・P2Pネットワーク(多数のネットワーク参加者(ノード)が情報共有することで,データの堅牢性をもたせることがで...