損害賠償

営業秘密が持ち出された!不正競争防止法のルールと対処法を解説 危機管理 2021年09月02日

従業員によって会社の営業秘密が持ち出された場合、ノウハウの流出による売り上げの低下や、顧客からの信頼喪失など、会社にとって重大な損失が発生してしまう可能性があります。 会社の営業秘密は「不正競争防止法」によって保護されています。 会社としては、営業秘密の漏えいについて十分な予防策を講じつつ、万が一従業員によって営業秘密が持ち出されてしまった場合には、不...

営業秘密が持ち出された!不正競争防止法のルールと対処法を解説
企業取引における与信管理の重要性と方法について(第2回) 危機管理 2021年09月08日

最近では、⼤⼿企業・中⼩企業を問わず個⼈事業主との取引が増えており、個人事業主の方との取引をする上での与信管理について、悩まれ企業様が増えております。 そこで、今回は、2016年に100周年を迎えた長年の実績と信頼のある株式会社 テイタンの代表取締役社長吉村光司さんと虎ノ門法律経済事務所上野支店の日向寺司弁護士とで、個人事業主の方との取引をする上での与...

企業取引における与信管理の重要性と方法について(第2回)
株式譲渡M&Aの基本合意書とは?内容・法的拘束力・チェックポイント M&A・アライアンス 2021年01月28日

株式譲渡M&Aの契約交渉では、最終契約を締結する前に、ある程度交渉が進んだ段階で「基本合意書」が締結されます。 基本合意書の中には、法的拘束力がある条項・ない条項が混然としているので、一般の契約書よりもその構造が分かりにくい部分があるかもしれません。そこでこの記事では、株式譲渡M&Aの基本合意書の内容・法的拘束力・チェックポイントなどに...

株式譲渡M&Aの基本合意書とは?内容・法的拘束力・チェックポイント
株式譲渡M&Aは契約交渉前に秘密保持契約の締結を|条項のポイント解説 M&A・アライアンス 2021年01月22日

株式譲渡M&Aの契約交渉を行う場合、事前に売主・買主間で秘密保持契約(NDA)を締結し、秘密情報の流出を防止することが大切です。 秘密保持契約は、M&Aのみならずさまざまな取引の前段階で締結されるので、なじみがあるという企業担当者の方も多いかと思います。 今回は株式譲渡M&Aのケースに焦点を当てて、秘密保持契約の主要な条項を解説...

株式譲渡M&Aは契約交渉前に秘密保持契約の締結を|条項のポイント解説
株式譲渡契約書の主要条項を解説|M&Aの契約交渉時の注意点 M&A・アライアンス 2021年01月20日

株式譲渡によるM&Aを行う際には、株式譲渡契約書の内容がきわめて重要になります。 取引によって生じるリスクを想定したうえで、自社にとって過度な負担が課されていないかの点を中心に、株式譲渡契約書の内容を十分にチェックすることが大切です。 この記事では、株式譲渡契約書の主要条項や、契約交渉時における売主・買主それぞれの留意事項などについて解説します...

株式譲渡契約書の主要条項を解説|M&Aの契約交渉時の注意点

Web魚拓について質問があります

ネットトラブル 2021年10月17日 20時00分

Web魚拓について質問があるのですが、通常Twitterでツイートを削除、アカウントを削除するとログは三カ月で失われると聞いています ...

火災保険の台風被害について

民事・その他 2021年10月14日 13時24分

本年8月の台風の時のことですが、燐家ベランダの窓に設置していた簾すだれが台風の風で飛んできて我が家の屋根(2棟ある屋根のちょうど中央に...

保険で対処しましたが、過剰な金額を請求されるかと不安です。

恐喝 2021年09月26日 22時18分

長くなります。 今月の7月に引っ越しをしましたが、実は私トラブルを起こしてしまいました。 全自動洗濯機の排水ホースが外れて1階に損害を...

ひき逃げ 加害者不起訴 納得できない時どうすればいい?

交通事故 2021年09月19日 17時38分

ひき逃げされ、加害者は後日見つかりました。それも、逃げ回っているところを見つかったそうです。加害者は警察に違う携帯番号を教えたりするな...

子どもがいじめの被害者なのに刑事告訴されました。

脅迫・強要 2021年09月14日 01時55分

脅迫罪で刑事告訴された側です。 以前から息子が特定の男子に学校でいじめを受けており、ある日学校でその男子から暴力を受け全治2ヶ月の怪我...

布川事件国賠・国の敗訴決定 犯罪・刑事事件 2021年10月08日

9月,布川事件の国賠訴訟において国と県の敗訴が確定したというニュースがありました。 布川事件というのは,1967年に茨城県で起きた強盗殺人事件です。 物証がないまま2人の青年が起訴されて無期懲役の判決を受けて服役し,2人は仮出所後に再審請求を行いました。 1回目の再審請求は退けられましたが,2回目の再審請求で再審が開始され,2011年に再審無罪判決が確...

対面授業なしで学生が提訴 入学金・学費・奨学金 2021年07月02日

先月,コロナ禍で対面授業を行わない大学に対して,学費の一部返還などを求めて,学生が大学を提訴する(予定である)というニュースがありました。 その学生は,令和2年4月に私立大学に入学したのですが,昨年度一年間,所属する経営学部で受けた授業はオンラインだけだったとのことです。 大学と学生の法律関係は一般に「在学契約」と呼ばれます。一般的にはそう呼ばれていま...

木村花さんへの誹謗中傷に対し、投稿者に損害賠償支払命令判決 弁護士 高谷滋樹 ネットトラブル 2021年05月30日

インターネット上での誹謗中傷は、日々存在し、弊所でも多くの御相談をお受けしております。 報道によれば、 恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演していた木村花さんが亡くなった後、Twitterで花さんを中傷する投稿をしたとして、花さんの母・木村響子さんが投稿者に対し約294万円の損害賠償を求めた民事訴訟で、東京地裁は5月19日、投稿者に慰謝料など12...

時短命令に提訴 裁判・法的手続 2021年04月28日

先月(3月),飲食店を経営する会社が東京都の時短命令は違法であるとして,損害賠償を求めて提訴したというニュースがありました。 まず,東京都の出した時短命令について説明します。 新型コロナウイルス対策の特別措置法(正式名称:新型インフルエンザ等対策特別措置法)が今年の2月に改正されました。 それまでの法律では,緊急事態宣言の状況下において,時短営業等の「...

FX取引を巡る法律問題(④分別管理) 危機管理 2021年01月28日

分別管理体制は、FX取引業者が最初に直面した重大な問題でした。 有価証券関連デリバティブ取引については、金融商品取引法43条の2第2項及び金融商品取引業者等に関する内閣府令141条1項により顧客を元本の受益者とする「顧客分別金信託契約」が義務付けられていました。 しかしながら、その他のデリバティブ取引(金融先物取引)は、金融商品取引法43条の3第1項及...