被害届

犯罪の被害に遭ったと考える者が、被害の事実を警察などの捜査機関に申告する届出。
犯罪捜査の端緒となるが、告訴や告発のように、捜査機関に受理の義務はないとされている。

【弁護士に聞く】強制性交罪で「合意」の有無が問題となるケース 性犯罪 2019年03月22日

合意の上で性交渉に及んだはずなのに、後日「強引に関係を迫られた」と被害届を提出されるケースがあります。その場合は「合意」があったかどうかが非常に重要になります。 そこで、今回は強制性交罪を疑われた場合の「合意」の有無が問題になるケースについて、ワールド法律事務所の渡邉祐介弁護士に説明していただきました。 渡邉 祐介 弁護士 (ワールド法律会計事務所) ...

【弁護士に聞く】強制性交罪で「合意」の有無が問題となるケース
【弁護士に聞く】刑事事件で示談をしたほうがいい理由と進め方 逮捕・勾留 2018年09月10日

窃盗や傷害、性犯罪などの刑事事件を起こすと、捜査機関の記録に「前歴」「前科」が残ります。 しかし、事件を起こしても必ず逮捕・勾留されるわけではなく、それまで通りに仕事が続けられる場合もありますし、示談が成立すれば告訴の取り下げや、減刑の可能性もあります。 今回は、刑事事件の被疑者となったときの身柄の扱いや、示談交渉のメリット・注意点などを弁護士法人北千...

【弁護士に聞く】刑事事件で示談をしたほうがいい理由と進め方
【弁護士に聞く】不倫相手から「不倫をばらす」と脅迫されたときの対処方法 不倫・不貞・浮気 2018年06月25日

不倫は、とにかく秘密裡に行われるもの。ところが痴情のもつれが生じると、そうもいかないことがあります。 痴話げんかの挙句に「全部しゃべってやる!」といった脅しを受けるケースも少なくありませんが、家庭や職場に知られずに解決する方法はないのでしょうか?あるとしたら、何が必要なのでしょうか? 今回はこれらの疑問に関して、男女間のトラブルに詳しい、若井綜合法律事...

【弁護士に聞く】不倫相手から「不倫をばらす」と脅迫されたときの対処方法
弁護士にはどんな相談ができるの?依頼するメリットって? 民事・その他 2018年03月09日

ちょっとトラブルが起きちゃったんですけど、弁護士に相談したほうがいいのかよくわからないです… たしかに、弁護士にどんなことを頼んだらいいのかわからないという方は多いかもしれませんね。 でも、私たち生活は、法律にしたがって規律されています。 そのため、何かの問題が発生したら、そのほとんどは法律問題を含んでいます。 なので、何か問題が起きたら、法律の専門家...

弁護士にはどんな相談ができるの?依頼するメリットって?
山手線沿線の犯罪・刑事の分野に強い弁護士・法律事務所6選 交通事故 2017年09月12日

刑事事件は殺人などの重大犯罪のほかにも、窃盗や詐欺など比較的身近な犯罪も多く、事件に関係する可能性は誰にでもあります。逮捕・送検といった手続きに戸惑う人も多く、支えてくれる弁護士の存在は欠かせません。 今回は東京の中心部をぐるりと結ぶ山手線沿線の犯罪・刑事の分野に強い弁護士・法律事務所をご紹介します。山手線は神奈川や千葉、埼玉から東京に通う人にとっても...

山手線沿線の犯罪・刑事の分野に強い弁護士・法律事務所6選

万引きで初犯かつ被害金額が少額なときの処分について

犯罪・刑事事件 2020年10月01日 10時23分

会社員です。お恥ずかしい話ですが、先日万引きをしていまいました。初犯です。販売促進景品付きのもので、500mmケースと350mmケース...

元彼から付き合っていた時に私に使ったお金を返せとしつこくLINEが来ます。

調停・審判・裁判など 2020年09月30日 09時01分

はじめまして。19歳で会社員のものです。 1ヶ月ほど付き合っていた元彼から付き合っていた時に私に使っていたお金を返せと言われています。...

初犯でも余罪がある場合、重罪になりますか?

性犯罪 2020年09月19日 11時14分

強制わいせつ罪 初犯では有るけれど、他に被害届は出ていないが 加害者本人が1件自白した同じ強制わいせつがある場合 起訴後の裁判でどの様...

同棲してたけど別れた交際者の家にある荷物を取りに家に入る際に相手の許しが必ず必要なのでしょうか?今は実家にいますが、鍵はあります。

同棲・内縁・事実婚 2020年09月17日 11時42分

1年程交際していて同棲もしてた彼女と別れました。 住居は元々彼女契約で、同居人はもしかしたらまだ以前の交際相手のままかもしれません。私...

不本意に撮られていた行為中の記録を消して欲しい

ストーカー・リベンジポルノ 2020年09月15日 16時25分

勝手に卑猥な写真、動画を撮られていた件についてご相談です。 付き合っていない、会社の先輩である男性(現在退職されています)と何度か関係...

日大アメフト部の危険タックル問題について 暴行・傷害 2018年05月24日

現在、日本大学(以下、「日大」といいます)、と関西学院大学のアメリカンフットボールの試合において、日大の選手が関西学院大学の選手に対して危険なタックル行為を行なった件が大きな社会問題となっており、本年5月22日には加害行為を行なった選手が、5月23日には日大アメフト部の前監督及び担当コーチが記者会見を行い、各自の認識等について説明等がなされました。 本...

売った車や盗まれた車で事故を起こされた。売主や所有者は賠償責任を負う? 交通事故 2018年03月15日

こんにちは。神奈川県横浜市の弁護士の市野裕明です。今回は、売った車で事故を起こされた場合に、売主が責任を負うか、というお話です。 車の人身事故では、ほとんどの場合、運転手だけでなく、車の所有者も責任を負うことになります。これを運行供用者責任といいます。車の所有者は、車の運行を支配する者であり、車の運行により利益を得ている者でもあるのだから、事故の際の責...

「はれのひ」の破産手続開始について 商品・サービスの購入 2018年01月28日

本年1月8日の成人の日に突如営業停止した「はれのひ」について、1月26日に社長らによる記者会見がなされ、横浜地裁への破産手続開始申立及び破産手続開始決定等について発表がなされました。同社の破産手続開始に伴い生じる主な法的問題点について、現在までに報道等により判明している情報を基に、整理しておきたいと思います。 1.顧客の代金返還請求権について (1) ...

飲食店の無断キャンセルについて 飲食店 2017年12月20日

近時、インターネット予約等により大人数で飲食店を予約したものの、結局キャンセルの連絡もないまま、時間になっても来店せずに無断キャンセルされ、飲食店側に少なくない損害が発生する問題が、ツイッターやその他の報道等で取り上げられています。 上記の問題について、以下の通り法的検討を行いたいと思います。 1.犯罪の成否について (1)偽計業務妨害罪の成否について...

少額債権の回収方法について 裁判・法的手続 2017年05月13日

日常の様々なトラブル、例えば契約上のトラブルや、事故や事件により生じた損害賠償請求等、相手方との債権債務関係に関するご相談を受けることが少なくありません。ただ、債権額が少額の場合、弁護士に依頼すると費用対効果に合わないケースが多いです。そこで、少額債権を回収する方法について検討を行います。 1.相手方への請求について (1)まずは、法的手続に移行する前...