警察

【弁護士に聞く】冤罪だ!でっちあげDVを主張されたらどうするべき? DV 2018年06月04日

現在は離婚が珍しくない時代です。離婚の原因はさまざまですが、DVもそのひとつ。家庭裁判所に、DVの証拠が提出されることは珍しい話ではありません。 ところで「DVのでっちあげを受けて、離婚されてしまった人がいる」という話を聞いた覚えはないでしょうか。 身に覚えのないDVで離婚や慰謝料を迫られたとき、法的な対抗処置はないのでしょうか?離婚や男女問題に詳しい...

【弁護士に聞く】冤罪だ!でっちあげDVを主張されたらどうするべき?
相続における代理人とは 未成年者や認知症患者、行方不明者がいる場合は? 相続人 2018年05月24日

先日父が亡くなり、手続きを進めています。 ただ、末の弟が未成年なのですが、相続はどうなるのでしょうか? 未成年であっても相続人は相続人です。 ただし、代理人を付ける必要がありますね。 代理人は認知症や行方不明者がいるケースでも活用できるので、詳しく説明します。 目次 【第1章】 相続手続きは代理人に依頼することはできる? 【第2章】 相続人が未成年の場...

相続における代理人とは 未成年者や認知症患者、行方不明者がいる場合は?
社内不倫が職場や妻にバレそうな人が知っておくべき6つのポイント 不倫・不貞・浮気 2018年03月29日

会社で同僚の女性と深い仲になってしまっているのですが、どうも最近、同僚が怪しんでいるような気がします。 それに、妻に気づかれてしまったらと思うと…。 いわゆる社内不倫ということですか。 はい。そうなります…。 では、会社や配偶者に発覚したらどうなるか、またそうなったときにどうするべきか、説明していきましょう。 目次 【第1章】 職場は不倫が最も発生しや...

社内不倫が職場や妻にバレそうな人が知っておくべき6つのポイント
弁護士にはどんな相談ができるの?依頼するメリットって? 民事・その他 2018年03月09日

ちょっとトラブルが起きちゃったんですけど、弁護士に相談したほうがいいのかよくわからないです… たしかに、弁護士にどんなことを頼んだらいいのかわからないという方は多いかもしれませんね。 でも、私たち生活は、法律にしたがって規律されています。 そのため、何かの問題が発生したら、そのほとんどは法律問題を含んでいます。 なので、何か問題が起きたら、法律の専門家...

弁護士にはどんな相談ができるの?依頼するメリットって?
「法定離婚原因」って何?離婚裁判を起こすときに必須な条件とは 原因・理由 2017年11月02日

「離婚したいけど、相手が納得してくれない。でもどうしても離婚したい!」 そんな場合、通常、まずは離婚調停を行い、裁判所を通して話し合いをする必要があります。 それでもお互いの合意ができなければ、多くの場合、裁判に進むことになります。 ですが、裁判で離婚が認められるためには、法律に定められた法定離婚原因がある必要があります。 逆に言うと、自分は離婚したく...

「法定離婚原因」って何?離婚裁判を起こすときに必須な条件とは

里親にだした犬を取り返したい

民事・その他 2018年06月22日 10時31分

里親に犬を出しました。 契約書などはないのですが 譲り渡す条件として ノミ、ダニ、フェラリアの薬を 毎月一度やる。 散歩に絶対につれて...

軽微な事案でも警察が有力者の圧力によって加害者を逮捕することはあり得ますか?

逮捕・勾留 2018年06月21日 21時52分

軽微な事案、例えば公共の場で相手を一、二回「バカ!」と罵っただけでも、その相手(被害者)が国会議員や市議会議員などの有力者とコネクショ...

子供連れて実家帰っても警察沙汰にならないですか?

離婚・男女 2018年06月21日 21時18分

今回、私の不貞で離婚を切り出されました。不貞と言っても不貞行為はありません。元々うちら夫婦は破綻していました。それは旦那も認めてます。...

未成年の傷害事件

暴行・傷害 2018年06月21日 01時06分

先日、娘が公園でカッターナイフで怪我をさせられました。 警察に被害届をだし、相手は小学3年の為、児童相談所へ通報となりました。 その後...

信号の無い交差点での事故の過失割合について

過失割合 2018年06月20日 10時34分

信号の無い交差点での自転車と自転車の事故です。事故現場は交差点の真ん中で衝突箇所は車の右前方。車側の道路が明らかに広く交差点の手前で右...

勾留からの身柄解放 犯罪・刑事事件 2018年05月08日

1 勾留決定に対する準抗告 勾留の決定を裁判所が出した場合に異議申立手続きとして,準抗告という制度があります。 準抗告とは,裁判所の決定が違法であることを主張して異議申立をする手続きです。手続きとしては存在しますが,感覚としては準抗告が認められることはほとんどありません。 2 勾留の取消 勾留の取消とは,勾留決定は適法であっても,決定後に勾留の理由や必...

勾留の要件 犯罪・刑事事件 2018年04月27日

1 勾留とは 勾留とは逃亡又は証拠隠滅を防止し刑事裁判を適切に進行させるため,比較的長期間身柄を拘束する手続きのことです。起訴の前後で,起訴前勾留と起訴後勾留とに区別され,それぞれ勾留の期間や保釈の有無などに相違点があります。 勾留は一時的にとはいえ国民の自由を奪う手続きになりますので,一定の要件がないと許されません。勾留の要件とは,①勾留の理由及び②...

刑事事件 逮捕後の一般的な流れ 犯罪・刑事事件 2018年04月16日

刑事事件と聞くと,イメージされるのは犯罪であり,自分とは無縁なものだと思われている方が多いと思います。 しかし,自分自身が関係ないと思っていても,自分の周りの方が刑事事件の被疑者になってしまうことはありうることです。 例えば,家族が「会社のお金を横領した。」「痴漢をした。」「階段で盗撮をした。」「飲酒運転をして事故をした。」「運転ミスをして人を跳ねてし...

交通事故後の流れはどうなるの? 交通事故 2018年04月06日

1.事故発生直後はどのように流れていくの 必ず警察に通報してください。警察を通じて発行される事故証明書がなければ保険金の請求はできません。 人身事故と物損事故では作る書類の内容が違います。事故当日には物損事故とした場合であっても、翌日になって体に痛みが出始めた場合には、必ず病院で診断書をもらい人身事故扱いにしてもらうことをお勧めします。 事故によって体...

任意事情聴取の恐ろしさ 犯罪・刑事事件 2018年03月07日

犯罪を犯したとされて逮捕勾留される前にしばしば行われる「任意事情聴取」。 「任意」だから強制ではない、だから断っても構わないし、自分の言い分をたっぷり聞いてもらえる。そう思っている方も少なくないのではないでしょうか。 しかし、任意事情聴取の実態は「任意」とは程遠い、違法取調満載の現場であり、冤罪の温床と言っても過言ではありません。 恫喝や怒鳴りつける、...

ページ
トップへ