警察

ネット上での誹謗中傷は名誉毀損罪に当たるかも|注意点を解説 名誉毀損 2020年06月10日

インターネット上での誹謗中傷の書き込みが、近年大きな社会問題となっています。 匿名掲示板やSNSなどは、相手の顔が見えない一方で、気軽に投稿することができてしまいます。 そのため、度が過ぎた悪口雑言が飛び交うことも少なくありません。 著名人に対して人格攻撃をするような内容の投稿に代表されるように、ネット上で誹謗中傷的な書き込みを行うと、名誉毀損罪が成立...

ネット上での誹謗中傷は名誉毀損罪に当たるかも|注意点を解説
高齢者が交通事故を起こしたらどうなる?家族の責任は? 人身事故・死亡事故 2019年08月29日

ここのところ、高齢者による交通事故のニュースが多い気がします。いつか自分も加害者になってしまうのではと心配で…。 車を運転する以上、誰しもその心配はありますね。 子どもたちも私が交通事故を起こさないか心配なようです。私の事故で家族が責任を負うようなことがあるのでしょうか? 万が一の場合、高齢者はどのような責任を負うのか、また家族が責任を負うことがあるの...

高齢者が交通事故を起こしたらどうなる?家族の責任は?
【弁護士に聞く】ストーカー被害を受けたときに弁護士がしてくれること ストーカー・リベンジポルノ 2019年04月01日

ストーカーによる嫌がらせ行為、付きまといはあなたの日常生活を破壊し、プライベートや仕事に大きな悪影響を与えます。 そこで、ストーカー被害に遭ったときの対処法や弁護士ができることについて、ワールド法律事務所の渡邉祐介弁護士にお話を伺いました。 渡邉 祐介 弁護士 (ワールド法律会計事務所) 弁護士になる前は、IT企業のサラリーマンという異色の経歴の持ち主...

【弁護士に聞く】ストーカー被害を受けたときに弁護士がしてくれること
【弁護士に聞く】強制性交罪で「合意」の有無が問題となるケース 性犯罪 2019年03月22日

合意の上で性交渉に及んだはずなのに、後日「強引に関係を迫られた」と被害届を提出されるケースがあります。その場合は「合意」があったかどうかが非常に重要になります。 そこで、今回は強制性交罪を疑われた場合の「合意」の有無が問題になるケースについて、ワールド法律事務所の渡邉祐介弁護士に説明していただきました。 渡邉 祐介 弁護士 (ワールド法律会計事務所) ...

【弁護士に聞く】強制性交罪で「合意」の有無が問題となるケース
【弁護士に聞く】痴漢えん罪を回避するための対処法 性犯罪 2019年03月15日

痴漢をしていないのに、痴漢の犯人に仕立て上げられてしまうことで、人生が破綻してしまうケースが少なくありません。 そこで、痴漢えん罪を回避するための対処法について、ワールド法律事務所の渡邉祐介弁護士にお話を伺いました。 渡邉 祐介 弁護士 (ワールド法律会計事務所) 弁護士になる前は、IT企業のサラリーマンという異色の経歴の持ち主。相談者の主張や立場を深...

【弁護士に聞く】痴漢えん罪を回避するための対処法

嘘の手紙を送ることは偽計業務妨害になるのでしょうか?

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2020年07月07日 12時44分

偽計業務妨害についてなのですが条文として 「虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は」 と書...

風俗で働く女性からの金銭問題について

離婚・男女 2020年07月05日 22時34分

風俗で知り合った女性との問題です。 夢をおいかけているため、自分がサポートすると伝えました。会うときもお金を要求され、厳しいなら会う頻...

連帯保証人に対しての損害賠償請求ができるのか

法律全般 2020年07月05日 01時40分

現在、法人Aから奨学金を借りています。 連帯保証人としてBさんがいるのですが、Bさんとは関係性が悪くなってしまい連絡が取れなくなってい...

Twitterで高校3年の女の子と援助交際の約束をしました。先払いとしてAmazonギフト券を送信したらブロックされました。警察で被害届を出そうと思うのですが、私が罪に問われる可能性はありますか?

出会い系サイト 2020年07月02日 19時01分

【状況】 Twitterで高校3年生の女の子(年齢はプロフィールに書いてない、メッセージで聞いていない)と援助交際の約束をしました。 ...

インターネット 車 個人売買 トラブル

ネットオークション 2020年07月01日 16時33分

初めまして。 2017年に個人売買で車を売りました。 12月のボーナスで全額支払うと言われお金は一銭も頂かずお車を渡してしまいました。...

GPS捜査について 捜査 2020年07月03日

まず、警察がその根拠としていたのが、2006年(平成18年)6月30日付け警察庁刑事局刑事企画課長名の「移動追跡装置運用要領」という通達でした。全国の警察では、この通達に基づき、GPS端末を用いた捜査を、秘かに実施していたようです。 最新判例である最高裁平成29年3月15日は令状なしのGPS捜査を違法としました。 同判例は、裁判所の令状なく,捜査対象者...

刑事事件の保釈制度 犯罪・刑事事件 2020年06月16日

刑事事件のニュースでしばしば「保釈」という言葉を聞かれると思います。 容疑者が警察署や拘置所から出られるというのは漠然と分かるものの、保釈とはどのような制度なのか具体的に説明できない方も多いのではないでしょうか。 刑事事件では、警察署等で被疑者が逮捕勾留された後、起訴するか(刑事裁判にするか)を検察官が決めることになります。 そして起訴された後、被告人...

容疑者と被疑者の違い 犯罪・刑事事件 2020年06月14日

ニュースなど見ていると、逮捕された方々は「○○容疑者」という名称で呼ばれることが多いです。 そして、容疑者に似た言葉で「被疑者」という言葉があります。 容疑者と被疑者はどう違うでしょうか? 刑事訴訟法という刑事裁判に関するルールが定められている法律では、公訴提起される前の犯罪の嫌疑がある者を「被疑者」と呼んでいます(刑事訴訟法37条の2等)。 なお、取...

特殊詐欺事件の弁護 詐欺 2020年04月17日

近年、特殊詐欺事件のニュースを見ない日はありません。特殊詐欺も昔のオレオレ詐欺に始まり、還付金詐欺や銀行員や弁護士を装ったものなど形を変えて存続しています。 特殊詐欺事件は暴力団の資金源になっているといわれていますが、実際にいわゆる「受け子」「出し子」「かけ子」をやっている人たちは普通の若者であることが多い印象です。「簡単にお金を稼げる仕事がある。」な...

東京高検検事長の定年延長について 犯罪・刑事事件 2020年03月18日

東京高検の黒川弘務検事長(以下、「黒川氏」といいます。)について、当初2月8日に63歳で定年を迎える予定だったものの、定年延長する旨の閣議決定が1月31日になされ、国会やニュース等でも大きく問題となっています。既に大手マスコミやネットメディアでも問題点について相当程度検討がなされていますが、改めて整理しておきたいと思います。 1.検察庁の主な構成、検察...