Resized avatar mini magick20170926 15170 skngmc

栗原 潤也 弁護士

くりはら じゅんや

愛知市民法律事務所 〒451-0031 愛知県名古屋市西区城西1-12-12 パークサイドビル2F
注力分野
交通事故
取扱分野
離婚・男女 借金・債務整理 相続 裁判・法的手続

事例1:交通事故でムチ打ち症の依頼者 交通事故

依頼内容

赤信号のため停車中であったところ追突されて首や腰を負傷されたご依頼者様が①加害者側の保険会社から提案された示談金額が適正であるかの調査と、②保険会社の担当者の対応に疲れたため、当職に依頼。

解決方法・結果

後遺障害14級が認定されていたがか、保険会社の提案額が自賠責保険の基準とほぼ変わらず、当職と保険会社の担当との交渉の結果大幅な増額となった。なお、ご依頼者様の配偶者の任意保険に弁護士費用特約がオプションで付いていたため、本件の弁護士費用は配偶者加入の保険会社から保険金がでた(等級ダウンなし)。

事例2:貸したお金を返してください(給料差押え) 裁判・法的手続

依頼内容

数年前にお金を貸したが返してもらえないご依頼者様が当職に依頼。

解決方法・結果

強制執行認諾文言付公正証書での借用書があったため、借主の給料を差し押さえをしたところ、借主が全額を支払うので差押を取下げて欲しいとの提案があり、全額回収をして解決。

ページ
トップへ