弁護士コラム

遺言書の保管制度

[投稿日] 2019年03月11日 [最終更新日] 2019年03月11日

相続法の改正で、自筆証書遺言を保管する制度が創設されました。

「法務局における遺言書の保管等に関する法律」という法律によって、

遺言書保管所の遺言書保管官が取り扱うこととされています。

 

この制度は、遺言書の利用促進を図ると共に、

法務局で自筆証書遺言を保管することによって、

遺言書の偽造・変造・隠匿などによる紛争を防止するために

創設されました。

 

保管申請の要件は、

①一定の様式のものであること

②無封であること(封をしていないこと)

③受遺者、遺言執行者等の住所氏名を明らかにすること

④遺言者自身が遺言書保管所に出頭すること

です。

④の遺言書保管所の管轄は、

遺言者の住所地、本籍地、所有不動産所在地です。

 

この制度を利用すると、

遺言書保管所の施設内で遺言書が保管されることになりますが、

遺言者は、閲覧や保管申請の撤回は可能です。

遺言者が亡くなった後は、

相続人、受遺者、遺言執行者など法定の利害関係人は、

遺言書情報証明書の交付請求ができます。

遺言書情報証明書の交付または、遺言書の閲覧があったときは、

法務局から、これらの法定の利害関係人に遺言書保管の事実が通知されます。

また、遺言書の検認も不要になります。

 

上に書いたように、

保管後の遺言の撤回は可能ですし、

矛盾する遺言をすれば、後の遺言の方が優先される(民法1023条1項)ことに変わりはありません。

したがって、遺言書の保管制度は絶対的なものではありません。

リアルバリュー法律事務所 〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-10-4 平日9:00-21:00  |  土曜9:00-21:00  |  日・祝9:00-21:00
Resized avatar mini magick20180620 2437 1whr8bt

梅村 正和 弁護士

取扱分野
不動産・建築 相続

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。

ページ
トップへ