資格取得講座をやめられない!

Legalus編集部さん 2014年05月08日

 大学を卒業したてで、まだ、何も解らない頃、「おめでとうございます。あなたは全国から1万人の中に選ばれました。」と、経営コンサルタントの資格取得の講座の電話勧誘があり、断ることもできないまま契約を結んでしまい、40万以上のお金をを支払ってしまいました。ちゃんと断れなかった自分も悪かったのだ、とそのとき支払った受講料に関しては諦めがついたのですが、先日「以前の講座が自動継続されまだ終了していない、続けるなら60万円、退会するなら30万円支払え」と電話がありました。こちらとしては60万払って継続する意志も、30万払って退会手続きをとるつもりもないのですが、どうしたらよいのでしょうか。

(30代前半:男性)

関連Q&A

不審な広告サービス、個人事業主は解除できない?

クーリングオフ 2016年05月02日

個人事業主ですが、先日ある広告サービスを申し込みました。1件問い合わせが来たら○○円支払うというもので、月に数件しか問い合わせが来ないとのことだったので、軽い気持ちで申し込みました。 ところが、予想に反して、頻繁に問い合わせが来るよう...

うまい儲け話にご注意

クーリングオフ 2016年05月02日

ケータイなどの広告配信先になる人を紹介すればいくらかバックしてもらえる仕事を友人から紹介してもらいました。自分も人を会社に紹介すれば、人数に比例した報酬と、その人の働いた分の何割かが報酬として入るそうです。その仕事をするには、10万以...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     最近、あなたのように、以前の講座が終了しているのにもかかわらず、継続しているかのように説明され、新たに別の講座を契約させられてしまう、あるいは受講者名簿の抹消代金を請求されるといった二次被害のケースが増えています。

     あなたの場合、以前の契約については代金を完済していますから、それ以上の支払い義務はなく、全く根拠のない不当な請求を受けていることになります。

     また、電話勧誘販売は、特定商取引法の規制対象となっており、勧誘の際には業者の名前や商品名、その電話が契約の締結について勧誘するためのものであることを告げること(同法16条)、契約拒否した消費者への再勧誘の禁止(同法17条)、事実に反する説明の禁止(同法21条)、書面交付の義務付け(同法18条)などの規制を受け、また、クーリングオフの制度が設けられています(同法24条)。

     以上から、業者に何を言われても、金銭の支払いに応じる必要はありませんし、仮に新たな契約を締結してしまった場合でも、クーリングオフによって支払いを免れることができます。また、クーリングオフの期間を過ぎてしまった場合であっても、特定商取引法所定の禁止事項にあたる勧誘を行った場合には、その旨を指摘して支払いを免れることができる可能性があります。まずは、消費生活センターに相談されてみてはいかがでしょうか。

2014年05月08日

クーリングオフに強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ