資格取得等をうたい文句にした電話勧誘に引っかかった!

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年05月08日 21時34分

 会社に入社したての頃、自己啓発というものに興味を持ちました。
 そのため、「御社の偉い方からの紹介で...」と連絡が入り、その当時世間知らずだった私は内容をあまりよく理解しないままに、資格取得等の講座の契約を結んでしまいました。

 その後、その内容も分からずどう対処したらよいのかも分からないままの状態になっていたところ、次から次へとさまざまな資格取得等を文句にした会社からの電話勧誘が始まり、うんざりしています。

 契約してしまったものについては、解約して、金輪際関わりたくないのですが、どう断ったらいいのか、また、良い対処方法があれば教えて頂けないでしょうか。

(20代後半:男性)

匿名弁護士

 強引かつ巧妙な電話勧誘で資格取得のための受講契約をさせる商法を俗に「士(さむらい)商法」あるいは「資格商法」といい、近年、問題となっています。
 相手はしつこく受講の承諾を迫り、電話だけでは承諾しない場合、電話だけで受講契約が成立したかのような書面を送りつけてきたり、強迫や詐術により契約の承諾や追認を迫ったりします。

 こうした電話や郵便によるやり取りだけで勧誘や契約の締結が行われる販売方法(電話勧誘販売)にも、クーリングオフが認められています(特定商取引法24条)。
 従って、契約書など書面受領の日から8日以内であれば、その契約解除の通知を業者に送れば、発信した時点で契約は解除されます(書面が交付されていない場合には8日を過ぎてもクーリングオフが可能です)。この場合、証拠を残すために通知は内容証明郵便にすることをお勧めします。

 クーリングオフ期間が過ぎてしまった時でも、その勧誘方法が詐欺強迫にあたる場合には契約を取り消すことができる場合があります(民法96条1項)。たとえば、「会社の偉い方からの紹介で」という説明が虚偽の場合などもこれにあたるでしょう。この場合、そうした問題点を指摘した内容証明郵便を業者に出して、解約交渉をしていくことになります。

 このような電話勧誘商法には、相手の話を聞かずに電話を切るのが一番ですし、電話口で口論になろうとも断固として断りつづけるのが最良の方法です。契約意思のない人への継続勧誘や再勧誘は特定商取引法上も禁止されています(特定商取引法17条)。「結構です」のようなあいまいな言葉でなく、「いりません」とはっきり意思を伝えることが大切でしょう。

2014年05月08日 21時34分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

申し込み後、コロナにより無開講の解約

クーリングオフ 2020年04月26日

日頃お世話になっております。ご意見を頂戴したく投稿させていただきました。 3月に幼稚園に通う子に新しく習い事を申し込みました。入会金など支払いましたが、昨今のコロナの影響により3月は一切開講されませんでした。しかしながら、4月分の月謝...

ゲームソフト起動しないレシートない場合

クーリングオフ 2019年12月22日

今日、ハードオフでps4のゲームソフトを中古で購入しました。夜やろうして開くとディスクが読み取りを行なってくれません。返品したいのですが、レシートがありません。やはり、その場合は厳しいでしょうか?法律上では不可能ですか?

突然、契約している脱毛サロンが破産しました!未入金で未通い……解約出来ませんか…?

クーリングオフ 2019年04月21日

3月の末に契約した脱毛サロンが突然破産しました! まだ一回も通った事が無く、また、お金も5月以降にクレジットで分割払いする契約なので支払っておりません。 このまま、お金を一切払わないまま解約する事は出来ませんか……

クーリングオフ、契約解除

クーリングオフ 2018年12月23日

副業の契約で約50万の契約金を払う書面を書いしまいました。家に帰って考え直し、契約書にクーリングオフの記載が書いてあり契約をやめたいのでクーリングオフをしたたいのですが、どうすればいいでしょうか? 契約側に電話した所、こちらでは契約を...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する