認知症気味の父がした契約は取り消せる?

Legalus編集部さん 2014年11月18日

 父は、いわゆる認知症に近い状態です。本年4月頃、訪問販売で、「父の経験を担当者がヒアリングして本にまとめ、出来上がったらその書籍を購入する」という契約を交わしたようです。
 6ヵ月後、本が送られてくるとともに、代金の支払いを請求されました。父は契約について全く覚えておらず、契約書や申込証拠金の領収書も見あたりません。
 今からでも契約の解除ができるでしょうか。

(40代:男性)

関連Q&A

不審な広告サービス、個人事業主は解除できない?

クーリングオフ 2016年05月02日

個人事業主ですが、先日ある広告サービスを申し込みました。1件問い合わせが来たら○○円支払うというもので、月に数件しか問い合わせが来ないとのことだったので、軽い気持ちで申し込みました。 ところが、予想に反して、頻繁に問い合わせが来るよう...

うまい儲け話にご注意

クーリングオフ 2016年05月02日

ケータイなどの広告配信先になる人を紹介すればいくらかバックしてもらえる仕事を友人から紹介してもらいました。自分も人を会社に紹介すれば、人数に比例した報酬と、その人の働いた分の何割かが報酬として入るそうです。その仕事をするには、10万以...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     訪問販売で「経験談をヒアリングして本にまとめる」契約を勧める行為は、高齢者を狙った悪質商法である可能性があります。
     もちろん、訪問販売というセールス方法自体が違法であるということはありません。しかし、「経験談を本にする」という申し向け内容から、お年寄りをターゲットとしている可能性が強いと思われます。

     本件では、特定商取引法により認められたクーリングオフ期間は過ぎてしまっていますが、消費者契約法の規定による契約の取り消しをすることが可能です。取り消しは追認(取消事由があることを知ってもなお、その契約の継続を積極的に認めること)をすることができるときから6ヵ月間、契約締結のときから5年間です。(消費者契約法7条1項)
     ただし、契約の取り消しについて相手方と争いになった場合は、消費者側において取消事由があったことを証明しなければいけません。したがって、紛失したという資料、契約書類をもう一度探してみましょう。また、取り消し後は、双方とも契約がなかった状態に戻す義務を負います。業者は受け取った申込証拠金を返し、こちらは送られてきた本を返さなければなりません。
     また、お父さんが認知症に近い状態であるとすると、契約時に行為能力が欠けていたとして、契約の無効を主張する方法も考えられます。
     いずれの方法をとる場合も、内容証明郵便等を利用して、こちらの意思を早く確実に伝えることが必要です。

2014年11月18日

クーリングオフに強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ