子犬の売買で騙されたからお金を返して欲しいが、犬は返したくない!

User image 1 Legalus編集部さん 2014年04月23日

 知り合いのブリーダーの方にラブラドールレトリバーを頼みました。6万円払いラブラドールレトリバーを買ったのですが、病弱でラブラドールレトリバーに似ている雑種でした。情があるので今更返すわけにはいかないのですが、せめてお金だけでも返して貰いたいのですがどうでしょうか?



(30代:男性)

関連Q&A

自動車の売買

商品・サービスの購入 2017年04月22日

以前、勤めていた会社の社長の友人から80万を分割払いで車を購入しました。 家族が出来安定した職に転職したのですが、社長の友人ということで80万だったが、車屋にもローンを通さない分、迷惑がかかるからと、もう80万上乗せされ現在115万支...

車の個人売買で、不良品の車としらず、商談をした

商品・サービスの購入 2017年04月20日

きっかけは、長男です。長男の友達が車を回していて、良い話しだから、この話し、乗らないか?という話でした。 それは、総額200万円の車を80万円で良いよという、紹介でした。 もちろん、身内だったので話しに乗りました。 そして、持ってきた...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まず、今回のラブラドールレトリバーの売買は、錯誤による無効(民法第95条)もしくは詐欺による取消(96条1項)の主張が可能です。

    したがって、今回の契約が無効であるもしくは今回の契約を取り消すとして、ブリーダーに6万円の返還を求める事は可能です。
    しかしこの場合、代金と売買されたラブラドールレトリバーをお互いに返却する義務が生じます(最判昭和47年9月7日参照)。ですので、契約の無効や取消しという構成をとる限りブリーダーから「ラブラドールレトリバーを返さなければ、6万円は返さない」という主張をされてしまう可能性はあり、お金を返してもらうだけというのは難しいといえるでしょう。
    もっとも、今回の売買契約がその目的物であるラブラドールレトリバーの個性(顔つきや、体つき、相談者に対して懐いていた等)に着目して締結されたとするならば、この売買契約は特定物売買という事が可能です。そして売買の目的物に、売買時には発見できなかった「犬種がラブラドールレトリバーでない」という瑕疵があることから、瑕疵担保責任(民法570条566条1項)の問題として、代金減額的損害賠償を請求することが出来ると考えられます。これにより、6万円全額の回収は難しいかもしれませんが、犬をブリーダーに返さずに代金の一部を回収する事は可能かもしれません。

2014年04月23日

商品・サービスの購入に強い弁護士

依頼者のために最善を尽くしていきます

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ