お釣りを切手で返された!これって許されるの?

Legalus編集部さん 2016年02月02日

 駐車場の自動精算機の釣銭が切れており、預かり証が出てきました。管理会社に連絡したところ、お釣りは現金では返せず、郵便切手での返金とのことです。貨幣で支払ったものに対してのおつりは貨幣で支払われると認識しておりましたが、特に問題はないのでしょうか。



(30代:男性)

関連Q&A

口約束は履行されないのでしょうか?

商品・サービスの購入 2017年01月20日

某会社のインターネットサービスに加入する際、工事費を無料に出来ないかわりに工事費相当の商品券を送りますねと、口約束ではありますが言ってくれました。しかし、工事後、いくら待っても送られてきません。会社に問い合わせすると、当時の担当者は既...

領収書の発行について

商品・サービスの購入 2017年01月20日

長い文章になり大変恐縮ですが、よろしくお願い致します。 私は、商品の小売りに関し、以下のように考えます。 「商品を購入し代金を支払えば、即座に領収書(レシート)を発行するのが 常識であり、法的にも守られるべきルールである」と。 先日、...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     現金決済においてお釣りが発生する場合には、支払いをした側はお釣りの返還請求権を取得します。このお釣りの返還請求権は金銭の支払いを目的とする債権です。そして、金銭債権の債務者は、通貨で弁済する事が当然の前提とされています(民法402条1項本文参照)。

    次に、おつりを郵便切手で支払う場合、駐車場の管理会社は、金銭債務の弁済を郵便切手でしたことになります。これは、お釣りの返還債務(金銭債務)に対して代物弁済(民法482条)があったといえます。代物弁済は契約ですので、「債権者の承諾」がない限り、有効な弁済をした事にはなりません。

    つまり、駐車場の管理会社が郵便切手でお釣りを出すことは、相談者の承諾がない限り、釣り銭の支払い債務の不履行になると考えられます。


     したがって、相談者は、駐車場の管理会社に対し、お釣りを現金で支払うように請求できます。また、この請求を受けた駐車場の管理会社は、その請求に応じる義務があります。
    以上のとおりですので、一度その旨を駐車場の管理会社に伝えてみて下さい。もっとも、お釣りの額が数百円の場合には、費用対効果から何らかの法的手段をとる事は難しいと考えられます。

2016年02月02日

商品・サービスの購入に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ