知人から購入した車に不具合が!修理代を出して欲しいが・・・

Legalus編集部さん 2014年01月07日



 今年の4月に知人から車をかなり安く譲り受けたのですが、6月に車が壊れてしまい修理する羽目になってしまいした。車が壊れたせいで仕事も通勤出来なくなってしまったし、まさかこんなに早く車が壊れるとは思っていませんでした。それで修理費を知人にも少しでも請求したいと思うのですが請求可能かどうかお答えお願いします。



(20代:男性)

関連Q&A

口約束は履行されないのでしょうか?

商品・サービスの購入 2017年01月20日

某会社のインターネットサービスに加入する際、工事費を無料に出来ないかわりに工事費相当の商品券を送りますねと、口約束ではありますが言ってくれました。しかし、工事後、いくら待っても送られてきません。会社に問い合わせすると、当時の担当者は既...

領収書の発行について

商品・サービスの購入 2017年01月20日

長い文章になり大変恐縮ですが、よろしくお願い致します。 私は、商品の小売りに関し、以下のように考えます。 「商品を購入し代金を支払えば、即座に領収書(レシート)を発行するのが 常識であり、法的にも守られるべきルールである」と。 先日、...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     中古車の売買契約の場合は、その目的物に買主が気づかないような欠陥があって、その欠陥のために、その目的物から期待していた効果を得ることができない場合に、契約の解除か、契約の解除ができない場合は損害賠償請求をする事ができます(民法570条566条1項)。

     今回の場合、車は走行させることができなくなったようですので車の効用を全く果たせないような状態といえます。もっとも、修理すればまた走行させることができる状態のようですと、もしこれで解除できるとなると売主に酷といえます。ですので、契約を解除して売主に車を返し代金を返してもらうという事は難しいです。

     そこで、今回は損害賠償として修理代の請求をする事が可能となります。

     しかし、この損害賠償には「信頼利益」というものしか認められません。「信頼利益」とは無効な契約を有効であると信じたことによって受けた損害をいいます。契約に対する投下資本の回収のことと考えて頂いても結構です。したがって、修理代はみとめられますが、相談者が車通勤できなかった事によって被った損害(別途出費した公共交通機関の運賃等)は請求する事はできません。

     また、この請求は買主が事実を知った時から一年以内にしなければなりませんので(民法566条3項)、請求するのであれば早くされる方がよいでしょう。

2014年01月07日

商品・サービスの購入に強い弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

丁寧な説明を心がけています。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ