無傷といわれて購入した中古車に修理の跡。契約を破棄できる?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年05月09日

 事故などで板金、塗装などが一切ない車や程度の良好な中古車を販売するお店を紹介され、そのお店で 700万円の中古車を購入しました。無傷と言われて購入したのですが、納車日の帰り道にドア部分の不自然な修理跡を発見し、よく見て調べたら、前方部分を修理していたことが判明しました。
 契約内容と違うし、事故車両であれば販売価格も適正ではないし、代金の支払いがこれから始まってしまいます。
 このままでは納得が行かず、契約を破棄したいと思うのですが、可能でしょうか。

(30代前半:女性)

関連Q&A

自動車の売買

商品・サービスの購入 2017年04月22日

以前、勤めていた会社の社長の友人から80万を分割払いで車を購入しました。 家族が出来安定した職に転職したのですが、社長の友人ということで80万だったが、車屋にもローンを通さない分、迷惑がかかるからと、もう80万上乗せされ現在115万支...

車の個人売買で、不良品の車としらず、商談をした

商品・サービスの購入 2017年04月20日

きっかけは、長男です。長男の友達が車を回していて、良い話しだから、この話し、乗らないか?という話でした。 それは、総額200万円の車を80万円で良いよという、紹介でした。 もちろん、身内だったので話しに乗りました。 そして、持ってきた...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     あなたが中古車業者に主張できる内容としては、



    1. 錯誤無効または詐欺取消の主張をする

    2. 売主の瑕疵担保責任の追及


    3. 消費者契約法に基づく取消の主張をする

    が考えられます。

     まず、 1. 錯誤無効または詐欺取消の主張ですが、自動車公正競争規約(自動車業における表示に関する公正競争規約)で表示を義務づけられている程度の修復歴(フレームやピラーなどの修理)の場合は、たとえ修復され、性能に異常が認められなくとも、当該自動車に対する安全性への信頼が著しく損なわれることになります。
     このような場合、買主は修理歴があれば買わなかったといえますから、その修復歴は買主にとって取引における重要な要素と考えられます。そこで、このような修復歴が表示されていなかったため、それを知らないで契約した買主は民法95条錯誤無効を、また販売店が修復歴を故意に隠していたときは民法96条詐欺取消により契約の効力をなくすことができます。

     次に、売買の対象が中古自動車の場合、その自動車に不具合(瑕疵)があっても、不具合のない別の自動車を引き渡せ、とはいえません。売買の対象となった中古自動車は、世の中に1台しかないためです。しかし、だからといって、売主はその自動車を引き渡しさえすれば責任を免れるとするのでは、あまりに不公平です。
     そこで、民法570条は、売買の目的物に隠れた瑕疵があったときは、買主が販売店に対し損害賠償請求(無償修理)または隠れた瑕疵が修理不可能の場合は売買契約を解除する権利を認めています。これを 2. 売主の瑕疵担保責任といいます。
     売主の瑕疵担保責任を追及するためには、

    1. 売買の目的物に隠れたる瑕疵のあること(民法570条

    及び、

    1. 権利行使が買主が事実を知った時から1年以内であること(民法570条566条3項)

    が必要です。
     ここで、「隠れたる瑕疵」とは、買主が通常の注意を用いても発見できないようなものであることを要します。つまり、買主が自分の不注意で見逃した場合には、売主に責任を追及することはできません。
     上に挙げた要件をみたす場合には、売主に対し、損害賠償の請求(無償修理)または契約の解除を主張することができますが、契約の解除は修理不能で安全走行に支障をきたす場合に限られることになります。

     最後に、 3. 消費者契約法に基づく取消の主張ですが、事業者が消費者契約の締結について勧誘する際、重要事項について事実と異なることを告げ、消費者が告げられた内容が事実と誤認してなした契約の申込み又は承諾は取り消すことができます(同法4条1項1号)。
     この「重要事項」とは、「物品、権利、役務その他の当該消費者契約の目的となるものの質、用途その他の内容」または「物品、権利、役務その他の当該消費者契約の目的となるものの対価その他の取引条件」のことですが(同条4項)、中古車の事故歴は前者にあたりますから、事業者が事故歴について事実と異なることを告げ、消費者がこれを事実と誤認して契約を締結した場合、契約を取り消すことができます。
     なお、消費者契約法に基づく取消権は、追認をすることができる時(説明が事実と異なると気づいた時)から6か月間行わないとき、または当該消費者契約の締結の時から5年を経過したときに時効消滅しますので、注意が必要です。

2014年05月09日

商品・サービスの購入に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

依頼者のために最善を尽くしていきます

解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ