美容院での施術に問題があった場合訴えられる?

Legalus編集部さん 2015年06月29日

 よく、美容師に勝手に髪を切られたり、施術がひどかったりしたときに裁判を起こしたというニュースをみますが、法的訴えは可能なのでしょうか?予算や方法はどうなんでしょうか?



(30代:女性)

関連Q&A

妻が自分の欲しい物を勝手にどんどん注文します。断ることができるのでしょうか?

商品・サービスの購入 2016年12月02日

妻の金銭感覚が乏しい為、現在は私が家のお金を握っております。 その状況下において、妻が勝手に自分の欲しい物をちょくちょく注文し、物を宅配便の代引きにて送らせるのです。 これまでは数千円程度の物だったので、苦しいながらも支払いをしており...

未払いの払込金を回収する方法は?

商品・サービスの購入 2016年10月31日

自営業をしています。 先日、支払いは振込みでというお客様がおりました。しかし、期日を過ぎても入金がなかったので、再三連絡をとったのですが、携帯も出ず、会社に連絡しても居留守を使われ本人と全く連絡がつかなくなってしまいました。金額自体は...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     美容院で自分が伝えていないようなカットをされたり、そもそも施術がひどかったりした場合、裁判に発展するケースはあります。

     法律的に考えると、美容院と個人の間に、施術を提供するという契約が存在することになります。そして、勝手に髪を切られたりする場合、当事者間で合意していない内容のことを行った結果、客側に損害が生じたと考えて債務不履行に基づく損害賠償請求を行うという構成がありえます(民法415条など)。

     一方、相手側(美容院)からの行為によって、権利侵害(髪という身体の一部が失われた)が生じた点を捉えて、不法行為に基づく損害賠償請求という法的構成も考えられます(民法709条など)。いずれの法的構成を採用するかは、証拠関係や訴訟を行うタイミングなど事案によって変わってくることになります。



     このように、純粋に法律だけで考えれば、美容院の施術内容に落ち度があって、その結果顧客が不利益を被った場合、損害賠償請求という形で訴訟提起することは可能です。実際の事例として、キャバクラに勤務する女性が希望通りの髪型にならなかったことにより、キャバクラ嬢としての業務に大きな支障が出たとして600万円の損害賠償を求め、美容院を訴えた事件があります(東京地判平成17年11月16日)。この事件で裁判所は、客の希望について十分に確認せずにカットしたことについて落ち度があるとしつつも、その損害は限定的であるとして、美容院側に約24万円の支払いを命じています。

     上記のような特別な事情がある場合でも、金額は低くなってしまう傾向があり、弁護士に依頼し正式な訴訟に発展しても費用倒れとなる公算が高いと言えます。



     現実的には、しっかりと仕上がりイメージを共有できる美容院を探すこと。万が一、美容院側の落ち度で変な髪型になった場合は、後の対応について当事者間で解決するような交渉を行うことになると思われます。

     それでも納得が行かない場合は、少額訴訟(請求金額60万円以下の裁判。訴訟の費用としては約6000円。別途弁護士費用などが必要です)を活用するという手法があります。

2015年06月29日

商品・サービスの購入に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ