作業後の値引き請求はできる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月18日 00時05分

 保守サービスの仕事をしている会社員です。お客さんから、不具合があるということで修理の依頼を受けました。

 見積書を提出したところ、「お願いします」ということだったので、指定された日に作業を行いました。ところが、数日がたち費用の処理について問い合わせると、なんと「高いから値引いてくれ」というのです!

 作業前なら理解できるのですが...、これは法律違反ではないのですか?



(20代:男性)

匿名弁護士

     あなたが見積書を提示し、お客さんが「お願いします」と依頼した時点で、契約は有効に成立しています。「見積もりの金額で所定の工事を行なう」という内容の請負契約民法632条以下)です。



     この契約の成立によって、あなたは「取り決めどおりに工事を完了する債務」を負い、お客さんは「見積もりどおりの工事代金を支払う債務」を負いました。

     そして、工事を問題なく完了したのであれば、あなたの債務はきちんと履行されています。その対価は、見積もりで合意した金額です。したがって、値引きに応じる義務はありません。
     また、工事代金の支払い時期は、当事者間で特別な合意をしていないときは(例えば「月末払い」など)、工事が終わって修理したものを引き渡したときです(民法633条)。

     ですからお客さんは、うだうだ文句を言っている間にも、代金支払いが遅れるという履行遅滞に陥っているのです。現実には請求しづらいとしても、支払いが遅れた分の損害賠償も、法律上は請求できるのです(同415条)。



     もちろん、工事が納期に遅れたとか、不完全な修理だったというのであれば、あなたの方が債務不履行となります。相手に与えた損害額分の値引きを主張されても止むをえません。

2015年07月18日 00時05分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

中古車に複数の欠陥! 修理をするというが信用できません。

商品・サービスの購入 2017年07月12日

中古車を購入し修理歴がある中古車だったのですが、修理内容はフロント部が少しへこんだだけとのことなので購入したのですが、乗ってみると動きが悪く、ディーラーで見てもらったところ、ブレーキパットが壊れていて常にブレーキがかかっている状態でし...

業者手抜きによる再エアコンクリーニング立会い時の休業補償及び慰謝料

商品・サービスの購入 2017年07月07日

保険の営業及び事務をしている者ですが、大手企業のエアコンクリーニングサービスを利用した所手抜きが有り(一応業者も認めてる)3回クリーニングをやり直しをしました。(有給休暇5日消化) 1,2回目は、フランチャイズの業者が行い、3回目は、...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

商品・サービスの購入に強い弁護士

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

《初回相談無料》相続に特に力を入れています

刑事事件を主に取り扱っています。

ページ
トップへ