作業後の値引き請求はできる?

Legalus編集部さん 2015年07月18日

 保守サービスの仕事をしている会社員です。お客さんから、不具合があるということで修理の依頼を受けました。

 見積書を提出したところ、「お願いします」ということだったので、指定された日に作業を行いました。ところが、数日がたち費用の処理について問い合わせると、なんと「高いから値引いてくれ」というのです!

 作業前なら理解できるのですが...、これは法律違反ではないのですか?



(20代:男性)

関連Q&A

口約束は履行されないのでしょうか?

商品・サービスの購入 2017年01月20日

某会社のインターネットサービスに加入する際、工事費を無料に出来ないかわりに工事費相当の商品券を送りますねと、口約束ではありますが言ってくれました。しかし、工事後、いくら待っても送られてきません。会社に問い合わせすると、当時の担当者は既...

領収書の発行について

商品・サービスの購入 2017年01月20日

長い文章になり大変恐縮ですが、よろしくお願い致します。 私は、商品の小売りに関し、以下のように考えます。 「商品を購入し代金を支払えば、即座に領収書(レシート)を発行するのが 常識であり、法的にも守られるべきルールである」と。 先日、...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     あなたが見積書を提示し、お客さんが「お願いします」と依頼した時点で、契約は有効に成立しています。「見積もりの金額で所定の工事を行なう」という内容の請負契約民法632条以下)です。



     この契約の成立によって、あなたは「取り決めどおりに工事を完了する債務」を負い、お客さんは「見積もりどおりの工事代金を支払う債務」を負いました。

     そして、工事を問題なく完了したのであれば、あなたの債務はきちんと履行されています。その対価は、見積もりで合意した金額です。したがって、値引きに応じる義務はありません。
     また、工事代金の支払い時期は、当事者間で特別な合意をしていないときは(例えば「月末払い」など)、工事が終わって修理したものを引き渡したときです(民法633条)。

     ですからお客さんは、うだうだ文句を言っている間にも、代金支払いが遅れるという履行遅滞に陥っているのです。現実には請求しづらいとしても、支払いが遅れた分の損害賠償も、法律上は請求できるのです(同415条)。



     もちろん、工事が納期に遅れたとか、不完全な修理だったというのであれば、あなたの方が債務不履行となります。相手に与えた損害額分の値引きを主張されても止むをえません。

2015年07月18日

商品・サービスの購入に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ