作業後の値引き請求はできる?

User image 1 Legalus編集部さん 2015年07月18日

 保守サービスの仕事をしている会社員です。お客さんから、不具合があるということで修理の依頼を受けました。

 見積書を提出したところ、「お願いします」ということだったので、指定された日に作業を行いました。ところが、数日がたち費用の処理について問い合わせると、なんと「高いから値引いてくれ」というのです!

 作業前なら理解できるのですが...、これは法律違反ではないのですか?



(20代:男性)

関連Q&A

自動車の売買

商品・サービスの購入 2017年04月22日

以前、勤めていた会社の社長の友人から80万を分割払いで車を購入しました。 家族が出来安定した職に転職したのですが、社長の友人ということで80万だったが、車屋にもローンを通さない分、迷惑がかかるからと、もう80万上乗せされ現在115万支...

車の個人売買で、不良品の車としらず、商談をした

商品・サービスの購入 2017年04月20日

きっかけは、長男です。長男の友達が車を回していて、良い話しだから、この話し、乗らないか?という話でした。 それは、総額200万円の車を80万円で良いよという、紹介でした。 もちろん、身内だったので話しに乗りました。 そして、持ってきた...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     あなたが見積書を提示し、お客さんが「お願いします」と依頼した時点で、契約は有効に成立しています。「見積もりの金額で所定の工事を行なう」という内容の請負契約民法632条以下)です。



     この契約の成立によって、あなたは「取り決めどおりに工事を完了する債務」を負い、お客さんは「見積もりどおりの工事代金を支払う債務」を負いました。

     そして、工事を問題なく完了したのであれば、あなたの債務はきちんと履行されています。その対価は、見積もりで合意した金額です。したがって、値引きに応じる義務はありません。
     また、工事代金の支払い時期は、当事者間で特別な合意をしていないときは(例えば「月末払い」など)、工事が終わって修理したものを引き渡したときです(民法633条)。

     ですからお客さんは、うだうだ文句を言っている間にも、代金支払いが遅れるという履行遅滞に陥っているのです。現実には請求しづらいとしても、支払いが遅れた分の損害賠償も、法律上は請求できるのです(同415条)。



     もちろん、工事が納期に遅れたとか、不完全な修理だったというのであれば、あなたの方が債務不履行となります。相手に与えた損害額分の値引きを主張されても止むをえません。

2015年07月18日

商品・サービスの購入に強い弁護士

気軽に、いつでもご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ