「特別仕様」の自動車を購入したはずなのに!

User image 1 Legalus編集部さん 2014年05月09日

 先日、自動車を購入したのですが、私が思っていた仕様のものと違うものが届きました。


 私は担当者と、特別仕様を前提に話をしていたのに、注文書には、車体番号しか記載されなかったために、通常仕様として扱われたようです。担当者は、特別仕様の場合には、注文書に「特別仕様」と書くので、当然わかっていると思ったとのこと。


 今から特別仕様にすると、かなり費用がかかるとのことですが、販売店の責任で特別仕様にしてもらうことはできないのでしょうか。

(20代後半:男性)

関連Q&A

自動車の売買

商品・サービスの購入 2017年04月22日

以前、勤めていた会社の社長の友人から80万を分割払いで車を購入しました。 家族が出来安定した職に転職したのですが、社長の友人ということで80万だったが、車屋にもローンを通さない分、迷惑がかかるからと、もう80万上乗せされ現在115万支...

車の個人売買で、不良品の車としらず、商談をした

商品・サービスの購入 2017年04月20日

きっかけは、長男です。長男の友達が車を回していて、良い話しだから、この話し、乗らないか?という話でした。 それは、総額200万円の車を80万円で良いよという、紹介でした。 もちろん、身内だったので話しに乗りました。 そして、持ってきた...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     結論から申しますと、「通常仕様」のものより、「特別仕様」のもののほうが高価であることを前提とする限り、少なくとも、最初に払った代金のみで、「特別仕様」の自動車を手に入れるということは無理です。

     以下、順を追ってご説明します。

     一般的には、どのような内容の契約が成立したかは、社会通念に基き、客観的に判断されるところ、注文書に「特別仕様」の記載がなく、単に車体番号しか記載されていなかったのであれば、社会通念上、「通常仕様」の自動車の売買と判断されるでしょう。

     もっとも、話の流れから、あなたとしては、「特別仕様」の自動車だと思っていたのですから、錯誤無効(民法95条)を主張して、代金を取り戻し、あらためて「特別仕様」の自動車を購入できないかが問題となります。

     錯誤無効の主張が認められるためには、「要素ニ錯誤」があること(同条本文)、すなわち、錯誤がなければご本人のみならず、一般人でもそのような意思表示をしなかったことが必要ですが、これは、認められるでしょう。

     そして、さらに、あなたに重過失がなかったことが必要です(同条但書)。
     重過失というのは、少し注意を払えばよかったのにそれをしなかった、というくらいの意味です。

     あなたの場合、「特別仕様」であることを注文書に注記してもらうべきだったのに、それを怠ったとして過失が認められるといえなくもありません。
     しかし、消費者と販売店という関係からは、注文書の記載方法等については、販売店のほうが知識を有しているといえますから、状況にもよりますが、過失はともかく、あなたに重過失までは認められないでしょう。
     とすれば、あなたは錯誤無効を主張して、契約を白紙に戻して、あらためて「特別仕様」の自動車を購入できることになります。

     ただ、実際には、あなたが、自分としては「特別仕様」の自動車の売買契約だと解釈していたのだということを立証するのが難しいかもしれません。
     書面等がなければ、同伴者等、周囲の人に証言してもらうしかないでしょう。

2014年05月09日

商品・サービスの購入に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

依頼者のために最善を尽くしていきます

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ