バザーへの出品は古物営業に当たる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年10月21日 03時41分

 法律相談349「中古下着をインターネットで売る行為は違法ですか?」を読んで、「バザーなどはどうなのだろう?」という疑問が浮かびました。
 不用品をバザーやフリーマーケットに出して販売することは、一般的になっています。資源の有効活用という観点からは非常に良い仕組みだと思いますが、インターネットに出す場合と何ら変わらないのではないでしょうか。すると出品者は古物商の許可を得なければならないことになり、また、未成年は出品できないということになるのではないでしょうか?

(50代:男性)

匿名弁護士

     法律相談349「中古下着をインターネットで売る行為は違法ですか?」の女の子は、友人などから下着を買い取るなどして古着を集め、自分のホームページ上で販売していました。このような行為をするには、「古物商」の許可を得なければなりません。
     取引媒体がインターネットであるか、バザー、フリーマーケットであるかは関係がありません。フリーマーケットに出品する場合でも、仕入れを行い利益を出す目的で出品する場合には、古物商の許可を要します(古物営業法2条2項1号)。

     しかし、個人が、自分の所有物を処分する目的で、バザーなどを利用する場合にまで、古物商の許可が必要なわけではありません。


     古物商などについての規定を定める「古物営業法」の第1条には、

    (目的)

    第1条 この法律は、盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図るため、古物営業に係る業務について必要な規制等を行い、もつて窃盗その他の犯罪の防止を図り、及びその被害の迅速な回復に資することを目的とする。

    とあります。

     営利目的で反復継続して古物を売買すれば、取り扱う品物の中に盗品が紛れ込むおそれも多くなります。しかし、許可を得た者だけが古物を商えるということにすれば、盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図ることができ、窃盗その他の犯罪の防止、被害の迅速な回復を期待できる、というわけです。

     もちろん、個人がする1回きりの売買でも、それが盗品であることは考えられるのですが、そのような行為まで規制や監視をすることはできません。そのような行為は別途、刑法が別に規定を設けています。

     では、自分の所有物を処分する目的でバザーやフリーマーケットを利用するにとどまるならば何を売ってもいいのかというと、そうではありません。公序良俗に反したり、法令上禁止されている物を出品した場合には、処罰の対象になります。

2014年10月21日 03時41分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

中古車に複数の欠陥! 修理をするというが信用できません。

商品・サービスの購入 2017年07月12日

中古車を購入し修理歴がある中古車だったのですが、修理内容はフロント部が少しへこんだだけとのことなので購入したのですが、乗ってみると動きが悪く、ディーラーで見てもらったところ、ブレーキパットが壊れていて常にブレーキがかかっている状態でし...

業者手抜きによる再エアコンクリーニング立会い時の休業補償及び慰謝料

商品・サービスの購入 2017年07月07日

保険の営業及び事務をしている者ですが、大手企業のエアコンクリーニングサービスを利用した所手抜きが有り(一応業者も認めてる)3回クリーニングをやり直しをしました。(有給休暇5日消化) 1,2回目は、フランチャイズの業者が行い、3回目は、...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

商品・サービスの購入に強い弁護士

丁寧な対応と、温かく親しみやすい雰囲気でお迎えすることを心がけております。

【初回法律相談無料】解決に向けた最良の選択をサポート致します。

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

ページ
トップへ