知らされていなかった見積費用、払わなければならない?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年10月15日

 知り合いの自動車修理工場に修理の見積もりを依頼しました。しかし、忙しいとのことで、一向に見積もりがあがって来ません。なんと、それから半年も待たされ、ようやく見積もりが出ました。35万円かかるというのです。
 予算を大幅にオーバーしていたので、今回は修理を諦めようと決め、伝えました。すると今度は「見積もり作業費を25,000円払え。払うまで車は返さない」と言うのです。そのうえ、保管費も取ると言われています。
 もちろん、見積もり代がかかることは前もって知らされていませんでした。この見積もり代、支払わなければならないのでしょうか?

(20代:男性)

関連Q&A

自動車の売買

商品・サービスの購入 2017年04月22日

以前、勤めていた会社の社長の友人から80万を分割払いで車を購入しました。 家族が出来安定した職に転職したのですが、社長の友人ということで80万だったが、車屋にもローンを通さない分、迷惑がかかるからと、もう80万上乗せされ現在115万支...

車の個人売買で、不良品の車としらず、商談をした

商品・サービスの購入 2017年04月20日

きっかけは、長男です。長男の友達が車を回していて、良い話しだから、この話し、乗らないか?という話でした。 それは、総額200万円の車を80万円で良いよという、紹介でした。 もちろん、身内だったので話しに乗りました。 そして、持ってきた...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     「見積もり費用」を払うかどうかは、基本的には当事者間の合意で決めるべき問題です。
     しかし、見積もり費用が必要な場合には、修理業者は事前にその金額を告げて、客の同意を得るべきですし、費用がいくらかかるか契約の時点では明らかでない場合でも、おおよその金額や算定方法を説明するべきです。修理業者はその道のプロなのですから、説明義務が認められると考えます。
     見積もり費用について何ら取り決めがなく、修理業者から説明もなかったならば、当事者間の合理的な意思解釈として、無料とみてよいでしょう。


     あなたに見積もり費用の支払い義務があるならば、相手は留置権民法295条)を行使して、費用の支払いがあるまで自動車を留置することができます。しかし、支払い義務がない場合、相手は不当にあなたの所有物を占有していることになりますから、あなたは自動車の返還を請求することができます。
     また、相手が不当に占有していた期間、自動車を使えなかったことにより失った利益も、同時に請求することができます(民法189条190条)。


     知り合いであるということから、話し合いで解決できればそれが一番良いと思えます。しかし、どうしても返還に応じない場合には、内容証明郵便などで請求することもやむをえないでしょう。

2014年10月15日

商品・サービスの購入に強い弁護士

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

丁寧な説明を心がけています。

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ