発泡酒を生ビールと表示して販売!?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年03月12日 18時31分

 いきつけの居酒屋のご主人が、『ビールメーカーの営業マンが、「生ビールの樽の中身を発泡酒に変えましょうか?」と言うんだよ』と嘆いていました。確かに異常に安い生ビールを販売しているお店があります。
 「生ビール」と表示しながら発泡酒を売ることに問題はないでしょうか?


(40代:男性)

匿名弁護士

     生ビールとは、 加熱処理されていないビールのことです。従来は、滅菌のため加熱処理されていたのですが、製造技術の進歩により加熱しなくてもよくなったということです。 

     一方、発泡酒とは、一般に、原料中の麦芽が重量比率25パーセント未満しか使われていないアルコール飲料を指します。麦芽使用率がもっと高い発泡酒もありますが、発泡酒は、もともと低価格のビール擬似飲料の需要から開発されたものなので、酒税法との関係でもっとも低価格に設定できる25パーセント未満のものが一番多く出回っているようです。

     ビールは麦芽とホップと水を原料とするものであり、本場ドイツでは、市場におけるビールの品質を維持するため、法律で、上記原料を使用して作ったものはビールとして販売できない、という規定がおかれています。



     さて、以上を前提とすると、「生ビール」との表示で「発泡酒」を販売することには、やはり問題があるといわざるをえません。<

     商品を販売する際に、常に正式な名称を正確に表示することまでは要求されないかもしれません。それでは消費者がなじみにくく、かえって商品の特性・同一性を認識しづらいため、ある程度略された名称や、「通称」となった表示を掲げることは許容される、と思われるからです。

     しかし、一般消費者の認識において、ビールと発泡酒は明らかに区別されるものであり、しかもその相違は商品の品質・価格に直接関わるものです。


     そうである以上、発泡酒をビールと表示して販売することは、「不当景品類及び不当表示防止法」の「優良誤認」(第4条-商品または役務の品質、規格その他内容についての不当表示で、(1)内容について、実際のものよりも著しく優良であると一般消費者に誤認される表示 (2) 内容について、競争事業者に係るものよりも自己の供給するものが著しく優良であると一般消費者に誤認される表示)にあたると考えます。

2015年03月12日 18時31分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

中古車に複数の欠陥! 修理をするというが信用できません。

商品・サービスの購入 2017年07月12日

中古車を購入し修理歴がある中古車だったのですが、修理内容はフロント部が少しへこんだだけとのことなので購入したのですが、乗ってみると動きが悪く、ディーラーで見てもらったところ、ブレーキパットが壊れていて常にブレーキがかかっている状態でし...

業者手抜きによる再エアコンクリーニング立会い時の休業補償及び慰謝料

商品・サービスの購入 2017年07月07日

保険の営業及び事務をしている者ですが、大手企業のエアコンクリーニングサービスを利用した所手抜きが有り(一応業者も認めてる)3回クリーニングをやり直しをしました。(有給休暇5日消化) 1,2回目は、フランチャイズの業者が行い、3回目は、...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

商品・サービスの購入に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

依頼者のために最善を尽くしていきます

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

まずは,お気軽にご相談ください。

ページ
トップへ