一度申し込んだ検定試験はキャンセルできない!?

Legalus編集部さん 2014年10月21日

 タイ語の検定試験を受験するため、試験を主催する協会に5500円支払いました。しかし、急用ができたため受験することができなくなってしまいました。そこで受験料の返還を要望したのですが、拒否されました。「受験料の返還は理由によらず一切応じられない」とパンフレットに明記してあるからだそうです。 


 その文章は以下の通りです。1.検定申し込み後の取り消しは一切受け付けません。2.試験の中止に伴う受験者の費用については一切の責任を負いません。

 このように書いてあった場合には、事前に取消す場合でも費用は返してもらえないのでしょうか。受験日は6月17日で、協会に返還の要望をした日は5月30日でした。

(60代:男性)

関連Q&A

妻が自分の欲しい物を勝手にどんどん注文します。断ることができるのでしょうか?

商品・サービスの購入 2016年12月02日

妻の金銭感覚が乏しい為、現在は私が家のお金を握っております。 その状況下において、妻が勝手に自分の欲しい物をちょくちょく注文し、物を宅配便の代引きにて送らせるのです。 これまでは数千円程度の物だったので、苦しいながらも支払いをしており...

未払いの払込金を回収する方法は?

商品・サービスの購入 2016年10月31日

自営業をしています。 先日、支払いは振込みでというお客様がおりました。しかし、期日を過ぎても入金がなかったので、再三連絡をとったのですが、携帯も出ず、会社に連絡しても居留守を使われ本人と全く連絡がつかなくなってしまいました。金額自体は...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     あなたと協会が結んだ契約は、「受験者は受験費用を支払う。検定協会は適正な試験運営をし、一定の成績(100点満点の70点以上など)を収めた者には合格を認定し、証書を発行する」というもので、民法典に特に規定のない、無名契約と考えられます。


     そこで、双務契約(契約当事者がお互いに債務を負う)の一種としてみると、試験日までにキャンセルしたのですから、協会は受験者を受験させるために何らかの債務を履行したわけではありません。そうだとすると、受験料も返してもらえそうに思えます。


     しかし、受験者は、受験の申し込みをしたことにより、契約の申し込みをしたことになるのです。それを相手方が受けたことにより、両者の間には契約が有効に成立します。


     契約の成立により、受験させる側は受験番号を割り振って席を確保し、無事受験させるという債務を負います。たしかに受験日はまだ到来していませんが、相手方は契約に対する期待を持って、準備行為をしたりします。それは契約の成立したときからすでに開始されているので、いったん契約が成立した以上、一方当事者が任意に解除することはできません。

     ただ、契約の性質上、一方当事者が望まないのに契約内容を実現させることが無意味である場合があります。検定試験の受験などはその例で、受験者が望まないのに無理やり受験させる意味はありません。


     しかし、それは「受験することができる」という権利(債権)を任意で行使しないというだけのことで、受験料を支払うという義務(債務)までがなくなり、当然に受験料を返してもらえることにはならないのです。


     ご参考までに、いわゆる「滑り止め」受験において、支払った授業料については返還が認められるようになってきました。「授業を提供する」という、債務の履行が継続的に期待される契約の性質に考慮したものでしょう。しかし、判例においても、入学金の返還までを認めたわけではありません。

2014年10月21日

商品・サービスの購入に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

【堺市】南海本線堺駅すぐ

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ