ブランドのコピー商品を購入すると罪になる?

Legalus編集部さん 2016年03月19日

 ブランド品のコピー商品を買いましたが、偽物と知っていて買った場合、罪になるって本当ですか。今までに何度も買いました。販売目的ではなく、自分で使うだけでも罪になるのでしょうか?


(10代:女性)

関連Q&A

妻が自分の欲しい物を勝手にどんどん注文します。断ることができるのでしょうか?

商品・サービスの購入 2016年12月02日

妻の金銭感覚が乏しい為、現在は私が家のお金を握っております。 その状況下において、妻が勝手に自分の欲しい物をちょくちょく注文し、物を宅配便の代引きにて送らせるのです。 これまでは数千円程度の物だったので、苦しいながらも支払いをしており...

未払いの払込金を回収する方法は?

商品・サービスの購入 2016年10月31日

自営業をしています。 先日、支払いは振込みでというお客様がおりました。しかし、期日を過ぎても入金がなかったので、再三連絡をとったのですが、携帯も出ず、会社に連絡しても居留守を使われ本人と全く連絡がつかなくなってしまいました。金額自体は...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     結論としては、個人的な使用を目的に購入されることは原則として刑罰の対象にはなりません。

     しかし、ケースによっては違法となる可能性もあるので注意が必要です。以下で、それぞれのケースについて詳しく解説していきましょう。



     まずは、なぜコピー商品に違法性があるのかについてお伝えしていきます。

     ブランド商品の多くには、「商標権」という権利が存在し、法によって保護されています。この商標権とは、メーカー側が長年の努力により蓄積した商品や、メーカー自身の信頼を権利化したものです。商標権者は、第三者が同一もしくは類似の商標を使うことを排除できます。



     もしも商標権者の許諾無しに、他人が商標権を不正使用した場合には、商標権の侵害という罪になります(商標法78条)。10年以下の懲役または1000万円以下の罰金(あるいはその両方)となります。

     また、商標法37条67条に列記された行為は、商標権侵害を助長する行為として、を「みなし侵害行為」と規定しています。この場合は、5年以下の懲役または500万円以下の罰金(あるいはその両方)となります(78条の2)。



     話を戻しましょう。

     今回のご相談者様のケースでは、コピー商品であることを知った上で、個人使用目的による購入をしたことが犯罪になってしまうのでしょうか。

     商標権の効力というのは、あくまで「」として権利の侵害行為を行った場合に限られます(なお、これには「みなし侵害行為」も含まれます)。そのため、個人的な使用については原則、処罰対象になることはありません。



     しかし、「業」として行ったかどうかには判断が必要になります。この場合、行為者が事業者であるかどうかはもちろん、行為が反復継続されたかどうかも考慮の対象になってきます。ご相談者様は「何度も買っている」ということですので、「業」として判断される可能性もないとは言い切れません。



     もしも「業」であると判断されてしまった場合、次の問題は「個人的な使用」が、「譲渡、引渡しまたは輸出のために所持する行為」(37条2号)に該当するかどうかです。

     ただし、"使う"ということは"所持する"とイコールになるのが当たり前です。また、コピー商品を使用することが、市場拡散につながるかと言うと、そうではありません。

     そのため、個人的な使用が目的の所持については、「侵害とみなす行為」(37条2号)には含まれないので、基本的には罪に問われることはないと考えられます。



     ただし、個人的な使用を目的として購入したコピー商品を他人に譲渡する場合には、注意が必要です。

     まずは有償、つまり売却の場合には商標権の侵害となるため処罰の対象です。

     また、コピー商品であることを隠して売った場合には、刑法上の詐欺罪として10年以下の懲役となる可能性もありますので注意してください。



     では「タダであげた」場合にはどうなるのでしょうか。これはつまり、無償での贈与となりますので、一見問題がないように思えます。

     友人間など、ごく小規模な範囲内で行われており、他人へ譲渡する、もしくは流通する行為はしないという約束がされ、相手が必ずその約束を守るのであれば商標権の侵害にはなりません。

     しかし、実質的に自己使用と同視できないようなやり取りになりますと、商標権侵害行為に該当するため、有償の場合と同様、処罰の対象となります。


     

2016年03月19日

商品・サービスの購入に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ