水道料金も、時効により消滅する?!

Legalus編集部さん 2014年04月24日

 私の住む市役所から、約160万円も、水道代の滞納があるといわれました。8年以上前からの滞納金ということです。母は支払いはしてるといいますが領収書が残っていないので一方的に言われています。領収書がないと役所の言い分だけが通るのでしょうか?時効になる年数などもないのでしょうか?とても困っています、宜しくお願いします。


(年齢不詳:性別不明)

関連Q&A

口約束は履行されないのでしょうか?

商品・サービスの購入 2017年01月20日

某会社のインターネットサービスに加入する際、工事費を無料に出来ないかわりに工事費相当の商品券を送りますねと、口約束ではありますが言ってくれました。しかし、工事後、いくら待っても送られてきません。会社に問い合わせすると、当時の担当者は既...

領収書の発行について

商品・サービスの購入 2017年01月20日

長い文章になり大変恐縮ですが、よろしくお願い致します。 私は、商品の小売りに関し、以下のように考えます。 「商品を購入し代金を支払えば、即座に領収書(レシート)を発行するのが 常識であり、法的にも守られるべきルールである」と。 先日、...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     水道料金の消滅時効は、2年であると考えられています。


     水道供給契約は私法上の契約であり、水道料金債権は私法上の金銭債権であると考えられるので、民法が適用されます。

     
    そして、水道料金債権についての消滅時効期間は、民法173条により「2年間」と考えられています(最決平成15年10月10日)。

     
    この最高裁決定が下されたことにより、総務省も解釈を改めて、各自治体に対して水道水給水契約の消滅時効を2年とするよう事務連絡がなされ、各自治体において条例の改正がなされているようです。


     あなたのお母さんの自治体も、当然このような総務省の解釈が伝わっているはずです。

     
    そう考えると、よほど特殊な事情がない限り、自治体がいきなり過去8年以上の水道代160万円を請求してくるとは考えにくいです。自治体を名乗った架空請求の可能性もあるでしょう。

     
    水道代の請求が自治体による正当な請求なのかを、直接電話するなどしてよく確かめる必要があります。


     仮に自治体からの正当な請求であるとしても、あなたのお母さんが、時効だから支払わないと主張すれば(「時効の援用」)、過去2年分以外の水道代は、支払う必要がありません。

     
    また、過去2年分の水道代も、領収書がないからといって、直ちに支払う必要があるとはいえないでしょう。

     
    自治体から訴訟を起こされたとしても、領収書以外で、水道代を支払ったことを証明できれば、水道代を支払う必要はありません。

2014年04月24日

商品・サービスの購入に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ