花火が暴発して、娘が火傷!

User image 1 Legalus編集部さん 2015年06月24日

 私の子供が祖父の監視の下、玩具花火で遊んでいたところ、火をつけた直後に暴発し、数箇所に火傷を負いました。女の子なので気になります。

 メーカーと販売店と私の三者で話し合うことになりそうなのですが、どのように解決すればよいでしょうか。


(40代:男性)

関連Q&A

自動車の売買

商品・サービスの購入 2017年04月22日

以前、勤めていた会社の社長の友人から80万を分割払いで車を購入しました。 家族が出来安定した職に転職したのですが、社長の友人ということで80万だったが、車屋にもローンを通さない分、迷惑がかかるからと、もう80万上乗せされ現在115万支...

車の個人売買で、不良品の車としらず、商談をした

商品・サービスの購入 2017年04月20日

きっかけは、長男です。長男の友達が車を回していて、良い話しだから、この話し、乗らないか?という話でした。 それは、総額200万円の車を80万円で良いよという、紹介でした。 もちろん、身内だったので話しに乗りました。 そして、持ってきた...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     メーカーや販売店が誠意ある態度を示してくれるのであれば、三者の話し合いで解決するのも一つの手です。
     しかし、場合によっては、メーカーが責任のあることを認めないかもしれませんし、仮に認めたとしても、少ない示談金で処理を図ろうとするかもしれません。


     もし、使用方法を誤らずに花火に火をつけたのに、暴発したということであれば、まず、国民生活センターや消費者センターに相談してみるとよいでしょう。
      同種の苦情がこれらの機関に寄せられているかもしれませんし、そうでなくとも、調査をしてもらえるからです。


     もし、メーカーが欠陥のある花火を製造し、販売したのだということになれば、メーカーに損害賠償を請求することが可能です。
     ただ、不法行為に基く損害賠償民法709条)を請求するためには、メーカーに過失があることを立証することが必要です。このような過失を立証するのは、専門知識がないと難しいでしょう。

     そこで、製造物責任法により、メーカーの責任を追及することが考えられます。


     この場合には、製品の欠陥及び欠陥と損害との間の因果関係を証明しさえすれば、メーカーが、製品の引渡し時における科学または技術に関する知見によっては、欠陥を認識できなかったことを証明しない限り、損害賠償請求が認められます(同法3条4条)。

     この製造物責任法に基く請求権は、損害及び賠償義務者を知った時から3年で消滅時効にかかりますので注意してください(同法5条1項)。
     請求できる損害賠償の額には、花火の代金相当額と、火傷の治療費、通院のための交通費、慰謝料などが含まれます。


     なお、欠陥のある花火を販売したことにつき、販売店にも過失があるような場合には、債務不履行に基いて(民法415条)、販売店に対しても、損害賠償請求をなすことができます。
     この場合の請求権は、花火の引渡しの日から5年間に限って認められます(商法522条本文)。

2015年06月24日

商品・サービスの購入に強い弁護士

丁寧な説明を心がけています。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

気軽に、いつでもご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ