ぼったくりバーでクレジットカードを不正使用されました。

User image 1 lu_cf13f6bcさん 2018年03月16日 16時48分

知人と飲みに行き、客引きに誘われ入ったお店がぼったくりバーでした。
30分くらいでお会計を求めると飲食代¥7200でした。
カードで支払いを済ませたのですが、翌日にカード会社から電話があり¥7200とは別に、同じお店で¥120000のカード決済がありましたが利用した覚えはありますか?と聞かれました。当然ないと答えると、¥7200のカード決済の1分後に¥120000の利用があったと伝えられました。
おかしいと思い、クレジット伝票に記載されているお店の電話番号に電話したら 使用されていない番号でした。
しばらく 考えてやられた!と気づきました。
支払いの際にカードを裏に持って行って精算していたのでそのときにやられたのだと思います。
店員が持ってきたサイン伝票は¥7200の伝票だけでした。
カード会社はその飲食店に¥120000のサイン入り伝票の提出を求めていますが、サインを偽造されても何も言えることができないので恐らく支払わなければならなくなると言われました。
警察に相談しても状況は変わらないだろうと言われました。
伝票に記載されている店名をネットで調べてもそれらしき店がなかったので恐らく偽名だと思います。
カード会社にその旨を伝えるとこちらで確認次第連絡すると言ってから何の連絡もありません。
そのお店に問い合わせる術もなく、困っています。
怪しい店でカードを使用した私に責任がありますが、悪質で私が使ってもいない金額をどうしても支払いたくありません。
因みに¥120000はまだ引き落とされていません。
支払いせずに済む方法を教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

カード利用から決済日まで2か月以上ある場合には、当該店舗での不正利用による無効主張をカード会社に対抗することが可能です(割賦販売法30条の4第1項、2条3項1号)。

決済日まで2カ月以内であり、割賦販売法が適用されない場合は、原則としてカード会社の利用規約によります。
一般的な利用規約では、不正利用に関する調査の結果を踏まえて、カード会社が判断するとされていると思います。
また、利用規約に該当しない場合であっても、民法の信義則による制限を主張できる可能性がないとは言えません。

いずれのケースにせよ、①7,200円利用直後の120,000円利用の不自然性、②伝票記載の店舗との不一致性、③現場の店舗の看板等の状況(再度赴くのが恐ければ、ストリートビューの画像等)、等の状況から、不正利用であることを裏付けていく必要があるでしょう。

2018年03月16日 18時28分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

不返還特約

消費者問題 2019年08月21日

不返還特約とは、どのようなものなのでしょうか?どなたか詳しく教えて頂けませんか?

車の修理で見積もりを貰わずに勝手に修理

消費者問題 2019年06月18日

先日リアガラスを割ってしまい購入先に修理を依頼しました。口頭契約で購入先で修理することは確定でしたが見積書を依頼し先方も見積もりでき次第連絡すると。1週間後ぐらいに連絡来ましたがその連絡は修理が終わったので10万払って欲しいと。しかも...

10年以上前に借りた消費者金融の督促ハガキが始めて来ました。支払うべき?

消費者問題 2019年06月10日

消費者金融会社からの督促ハガキについて質問です。2006年1月6日に契約締結で借入額は100000円です。私は支払いは済ませて有る筈でしたが本日、:2019年6月10日に始めて督促ハガキが届きました。今迄、督促ハガキは1回も来た事は有...

修理の支払いについて

消費者問題 2019年06月04日

お客様のご要望で見積りをしに行きました。そこで機械の油圧ホースをほとんど交換との事でしたので作業時間もどれだけかかるか分からなく使用部品もどれだけ必要か分からない為見積りは出来ませんんと言ったところそこの担当の方が見積りできないのはし...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ