キャンセル、返金に応じるべきか?

User image 1 lu_f7ef702fさん 2018年09月05日 10時41分

はじめまして。
相談に乗って頂けますと幸いです。

お客様より、すでにご入金後である状態で、キャンセル&返金を求められています。

受注後作成の商品の為、先にご入金頂き、これから商品作成‥といったところです。
作成に伴っての作業工程は、打合せやメール等で少なからず手をつけている状況です。
途中、一方的に『思っていたイメージと違った。金額も他で安い物を見つけたのでキャンセルしたい』と言われています。

商品作成申込みにあたり、約款のような物はなく書面でサイン等は頂いておりません。
ただ、都度お見積もりで金額は提示しており、メールのやり取りで『仕上がり楽しみにしています!よろしくお願いします。』
のような、当方合意でのやり取りがあった事は事実です。

このような場合、こちらとしてはキャンセル、返金に応じなくてはならないのでしょうか?
書面申込み(契約書)を交わしていない事がひっかかっております‥。
口頭で契約は成り立つのでしょうか?

ご回答を頂けますと幸いです。

ご指摘の事情のみでは断定はできませんが、キャンセル及び全部若しくは一部の返金に応じる必要が生じる必要が生じる可能性が高いです。

契約の性質について断定はできませんが、物品の製造に関する請負契約に当たる可能性が高いです。
契約については原則として口頭でも成立するとされ、立証の問題となります。ただし、金額が高額であったり継続的取引に関する場合は、口頭のみでは正式な契約成立の意思表示と認められない場合も少なくありません。

そして、請負契約が成立していると解したとしても、解約に関する定めがない場合、「請負人が仕事を完成しない間は、注文者はいつでも損害を賠償して契約の解除をすることができる。」とされています(民法641条)。
したがって、注文者が民法641条に基づく解除権を行使した場合、キャンセル自体は成立し、後は損害額(返金額)の問題となると見込まれます。
一定の作業工程は進んでいるようですので、仕入れに要した費用や、作業のための光熱費、作業期間に対応する報酬相当額等は貴殿の損害に当たると思われ、貴殿の損害額を控除した金額は返金する必要が生じる可能性が高いと思われます。
ただし、損害の発生は貴殿において立証する必要があります。

2018年09月05日 11時04分
お礼メッセージ

相談に乗って頂きありがとうございました。
勉強になりました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

不返還特約

消費者問題 2019年08月21日

不返還特約とは、どのようなものなのでしょうか?どなたか詳しく教えて頂けませんか?

車の修理で見積もりを貰わずに勝手に修理

消費者問題 2019年06月18日

先日リアガラスを割ってしまい購入先に修理を依頼しました。口頭契約で購入先で修理することは確定でしたが見積書を依頼し先方も見積もりでき次第連絡すると。1週間後ぐらいに連絡来ましたがその連絡は修理が終わったので10万払って欲しいと。しかも...

10年以上前に借りた消費者金融の督促ハガキが始めて来ました。支払うべき?

消費者問題 2019年06月10日

消費者金融会社からの督促ハガキについて質問です。2006年1月6日に契約締結で借入額は100000円です。私は支払いは済ませて有る筈でしたが本日、:2019年6月10日に始めて督促ハガキが届きました。今迄、督促ハガキは1回も来た事は有...

修理の支払いについて

消費者問題 2019年06月04日

お客様のご要望で見積りをしに行きました。そこで機械の油圧ホースをほとんど交換との事でしたので作業時間もどれだけかかるか分からなく使用部品もどれだけ必要か分からない為見積りは出来ませんんと言ったところそこの担当の方が見積りできないのはし...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ