法律コラム

飲食店

Section banner consumer

消費者問題

ビールの泡はビールか? 飲食店 2015年07月11日

Q 過去に「ビールの泡」はビールなのか、それとも「泡であってビールではない」ということが争点となった裁判はあるでしょうか? ある ない A 正解(1)ある 過去に、ビアホールが販売するビールの泡が多く、客に提供するビールの量を減らして法外な利益を得ているとして裁判になった事例があります。

ビールの泡はビールか?
栓を抜かないでほしいって、通じるのか? 飲食店 2015年03月12日

Q Bさんは、いきつけのバーでこんな注文をしました「ちょっとぬるいくらいがおいしいから、○×ビールを栓を抜かずにくれないか?」。自分の席で程よく温度が上がったところで味わおうという算段です。 さて、Bさんのオーダーにお店側はどう対応するでしょうか? 「渋いですね。いいですよ」と栓を抜かずにビールを提供した 「申し訳ないが、栓を抜いて提供しないといけない...

栓を抜かないでほしいって、通じるのか?
こぼれた汁にすべった客が転倒。訴えられた事案ってある? 飲食店 2015年04月15日

Q 客がこぼした汁を別の客が踏み、ツルっと滑って転倒し、ケガをしてしまいました。怒った客が、汁をこぼした相手ではなく、「管理が行き届いていない」として店舗側を訴えました。 そんな裁判ってあったでしょうか? ある ない A 正解(1)ある 設問のような事案、実はあります。しかも一審では解決せずに、高等裁判所まで争われました(東京高判昭和63年9月28日)...

こぼれた汁にすべった客が転倒。訴えられた事案ってある?
いわゆるガールズバーって風営法の許可は必要か? 飲食店 2016年01月15日

Q キャバレークラブや、ラウンジのように男性客の隣でお酌などをせず、カウンター越しで酒を提供する「ガールズバー」。 さて、こうしたガールズバーは「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」(いわゆる風営法)の許可を受けずに、営業ができるって本当? 本当。風営法の許可は不要 ウソ。場合によっては風営法の許可を受けないと営業できない A 正解(2)ウ...

いわゆるガールズバーって風営法の許可は必要か?
お酒の話 飲食店 2015年07月11日

キーワード:酒類(しゅるい) 酒税法(しゅぜいほう) 年末年始に向けてお酒を飲む機会も増えますが、そもそも「お酒」って何を指すものなのでしょうか? 「アルコールが入った飲み物」ということくらいは想像がつきますが、より正確な定義といわれるとちょっと悩んでしまいます。 お酒について定義している法律のひとつに酒税法があります。 酒税法上、酒類とは「アルコール...

お酒の話
少しずつ返済していた飲み屋のツケ 飲食店 2014年01月07日

Q A男(49歳)が美人ママの店、スナック「あずみ」に通い出して10年がたつ。払いはいつもツケ。毎月の給料に余裕はなく、ここ2,3年はボーナス払いが続いていた。 Aさんの勤務先も不況のあおりを受け、年末のボーナスは全額カット。振込みはないが、毎月顔を出してくれているし、次のボーナスでは必ず、と何度もいうAさんをママの幸子は信用していた。もちろん、毎月の...

少しずつ返済していた飲み屋のツケ
喫茶店でコーヒーをこぼされた!クリーニング代は誰に請求できる? 飲食店 2015年07月04日

Q Aは喫茶店でコーヒーを頼んだところ、コーヒーを運んできたウェイトレスにコーヒーをこぼされ、洋服にシミをつけられてしまいました。Aがシミをつけられた洋服のクリーニング代を請求できるのは、誰に対してでしょうか。 ウェイトレスのみ 喫茶店の経営者のみ ウェイトレスと喫茶店の経営者の両方 A 正解(3) ウェイトレスと喫茶店の経営者の両方 まず、コーヒーを...

喫茶店でコーヒーをこぼされた!クリーニング代は誰に請求できる?
毒入り豚まんの販売 飲食店 2014年05月09日

Q 豚まんの製造販売業者Aは、原料に有毒性物質が含まれておりこれを含む豚まんの製造販売が食品衛生法により禁止されていることを知りながら、あえてこれを製造し、販売業者Bに販売しました。AはBに対して、この豚まんの販売代金を請求できるでしょうか。 請求できる。 請求できない。 A 正解(2) 請求できない。 民法は私的自治の原則を採用し、当事者はお互いが合...

毒入り豚まんの販売
ノンアルコールビールは未成年者も飲める? 飲食店 2015年03月12日

Q 最近流行りのノンアルコールビール。多少はアルコールが含まれていると聞いたので、法律上、未成年者は飲めませんよね? 未成年者は飲めない 未成年者でも飲める A 正解(2) 未成年者でも飲める 酒税法上、「酒類」とは、アルコール度数1%以上の飲料をいいます(酒税法2条1項)。

ノンアルコールビールは未成年者も飲める?
「カロリーゼロ」は本当に0カロリー?! 飲食店 2015年07月11日

Q 以下のうち、法律上、「ゼロ」と栄養表示してよいものはどれでしょうか? 190ml缶のうち、糖質0.9gのコーヒー飲料 210g容器のうち、コレステロール10mgのマヨネーズ 500mlペットボトルのうち、熱量24kcalの炭酸飲料 (1)と(2)と(3)のすべて A 正解(4) (1)と(2)と(3)のすべて 食品の栄養表示上のルールは、健康増進法...

「カロリーゼロ」は本当に0カロリー?!

飲食店に強い弁護士

できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手伝いさせていただきます。

私たちは、あなたにとって、最善の解決策を提案し続けます。

依頼者のために最善を尽くしていきます

【吹田市】JR吹田駅中央口すぐ

ページ
トップへ