飲み屋の予約を無断キャンセル。代金は支払わなければならない?

Legalus編集部さん 2015年07月17日

 先日、コンパを予定してお店を予約したのですが女の子が急な用事で来れなくなったので連絡無しにお店に行きませんでした。
 その数日後、お店から電話があり料理代、飲み放題の代金を請求されました。
 私は全額支払うべきでしょうか?



(20代前半:男性)

関連Q&A

飲食店で注文していないものが届いた場合

飲食店 2017年04月19日

注文していない品が3品届きました。 それを伝えたのはお会計後のレシートを見てからです。 注文してない品のうち2品は完食しております。 支払い義務はあるのでしょうか?

お店側からの予約キャンセルについて

飲食店 2017年04月19日

ネットで居酒屋のお店を席だけ予約しました。即予約のお店だったため、すぐに「お店の予約が確定しました」とメールが届きました。 予約がとれたので、クーポンサイトでそのお店のクーポン券を購入しました。クーポン券の番号をお店に伝えようと電話を...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まず、あなたと飲食店との間で契約が成立していたかどうかが問題となりますが、飲食店側が予約した日時の座席を確保し、その後の他の客からの申込みを断っていたような場合には契約の成立を認めることができると思われます。



     このような場合、あなたが予約した日時にお店に行かなかったことは、債務不履行民法415条)となります。



     債務不履行の場合、債権者(飲食店)は損害賠償(いわゆるキャンセル料)を請求できますが、その額については、明文の規定がありませんので、当事者の合意があればそれに従い、ない場合は商慣習に従うことになります。
     合意がなかった場合、あなたのケースでは、あなたが飲食店に連絡をしなかったことによって、飲食店は確保した席を他の客のために転用することができなかったのですから、商慣習上も損害があったと判断される場合もあり得ると思われます。そして、その金額は、飲食代金の全額から食材など他に流用できるものの価格を差し引いた金額と考えられるでしょう。

     なお、当事者の合意があった場合でも、その額が同業者と比べて不当に高い場合には、平均的な損害額を超えた部分については無効となります(消費者契約法9条1号)。

2015年07月17日

飲食店に強い弁護士

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ