居酒屋で請求されたサービス料は支払わなければならない?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年05月09日 03時58分

 居酒屋で友人とひと時をすごしたところ、お勘定の段になって、7,900円を請求されました。
 しかし、伝票にある注文品の合計額では6,800円になるはずなので、説明を求めると、「サービス料金が加算されている」と言います。
 ですが、サービス料金が別に必要になることは、メニューにも、店の掲示にも書いてありません。この場合でも、サービス料を支払う必要はあるのでしょうか。

(40代:女性)

匿名弁護士

 サービス料は、もともと戦前にホテルで慣習化していたものであると言われています。
 欧米では、サービス担当者にチップを渡すことが慣例ですが、日本人にはわずらわしく、またチップの金額も分かりづらいため、サービス料として一律に請求する制度にしたということです。

 サービス料の金額は、宿泊料金や飲食代金の10~15%であるのが一般のようです。しかし、その性質は行政処分として強制的に徴収されるものではなく、また各業界の基準もなく、「上乗せ」として請求されている、というのが実情のようです。また、サービス料を請求することが、完全に慣習化しているともいえません。
 そうであるならば、客にサービス料を請求するためには、契約の内容として、客がサービス料を負担する債務を負うことを明示しなければなりません。飲物や料理と違って目に見えず、正当に提供されたかどうか知ることができないものであり、また金額も、本体たる飲食代金によって変動するものなので、なおさら明示する義務があるといえます。

 そして、その方法は、店内やメニューに分かりやすく掲示することが必要でしょう。レシートの下部に、「当店ではサービス料を○○%申し受けます」とごく小さな文字で書いてあるのを見受けることがありますが、この方法では客が契約に入る前に「この店で飲食するにはサービス料が必要なのだ」と了知することができませんから、正当な方法とはいえません。

 したがって、契約関係に入る前、具体的には、宿泊手続をとったり、飲食物の注文を出す前に客が知ることができなかったような場合には、サービス料を請求されても、支払う必要はありません。
 似たものとしては、テーブル・チャージ(座席料)がありますが、これも同様に解釈できると考えます。

2014年05月09日 03時58分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

友人が損害賠償請求をされました

飲食店 2017年09月26日

先週ある店に泥酔状態で入り、加えて暴れたということで警察に通報され、翌朝まで過ごしたそうです。その後すぐに警察に連絡してもらい、午後その店の社長にお詫びに行ったところ、「損害額が確定したら連絡をする」ということになり、昨日店に行ったそ...

内容が不明確な請求書は払う必要があるのでしょうか?

飲食店 2017年09月07日

先日、請求書がまいりましてその内容が債務の発生した年の記載がなく、月日のみとなっており、私としてもその内容の把握ができず、更に支払い期限も示されておらず、支払い先口座が記載されているだけであります。 このような時の対応が解らず困ってお...

飲食店で火傷を負わされました。

飲食店 2017年08月31日

初めてこういう災害に合ったので無知な為教えて下さい。 飲食店で店員がバランスを崩し、私の脚に熱いできてたの鍋がかかり火傷を負いました。 応急処置が早かったので大きな火傷にはならずに済みましたが、2ヵ所程暫く跡が残ってしまいそうな状態で...

あるレストランで深夜数人組の男が泥酔し、店員に難癖をつけ店内で暴れました。

飲食店 2017年08月18日

あるレストランで深夜数人組の男が泥酔し、店員に難癖をつけ店内で暴れました。 その後、店員か警察に通報すると一人の男が通報を阻止するため店員を追いかけました その際に店の階段から転落し重傷を負いました、警察の対応も悪く威力業務妨害、無銭...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

飲食店に強い弁護士

【あなたの悩みに寄り添います】”一人で悩む前に、相談してほしい”・・・そんな思いから<初回相談無料><夜間/土...

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

企業法務から、男女間のトラブルまで、他の弁護士がちょっと受任をためらうような困難な案件であっても、そこに「正義...

当事務所は、『身近な弁護士』をモットーに、ご依頼者様の目線で親切・丁寧・迅速な対応を行い、リーズナブルなご費用...

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

当事務所は30年の豊富な実績に基づき、遺産・相続に関するお悩みを的確に解決します。

ページ
トップへ