無許可営業のスナックで飲むと捕まる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年11月18日 03時28分

 行きつけのスナックが、風営法上の無許可で営業をしていることが判明しました。なるべく行かないようにしていますが、警察が入った時に飲んでいたら連行されますか?経営者や従業員はどうなりますか?



(40代:男性)

匿名弁護士

 スナックの「経営者」は罪に問われますが、「お客」や「従業員」は罪に問われないので、強制的に連行されることはありません。


 まず、ひとくちにスナックといっても、すべてのスナックが風営法上の許可を必要とするわけではありません。

 
風営法上の許可が必要なスナックとは、「待合、料理店、カフエーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業」をしているお店です(風営法2条1項2号)。

 
接待」とは、歓楽的雰囲気をかもし出す方法により客をもてなすことをいい(3項)、具体的には、ボックス席などにお客と一緒に座って歓談したり、一緒にカラオケをデュエットしたりする行為をさします。


 そのため、あなたの行きつけのスナックが、カウンター越しに談笑するだけで、一緒にカラオケを歌ったりしないのであれば、風営法上の許可は必要ありません(飲食物を提供する以上、食品衛生法に基づく都道府県知事の許可は必要です。無許可で営業すると2年以下の懲役又は200万円以下の罰金に処されます(食品衛生法52条1項、72条))。


 これに対して、スナックでホステスがソファーに同席し、お客の隣で接客するといった「接待」に該当するサービスが行われていれば、風俗営業に該当するので、営業所ごとに都道府県公安員会の営業許可を受けなければなりません(風営法3条1項)。

 
この営業許可を受けずに営業した者(「経営者」)は、2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金に処されます(49条)。

 
もっとも、スナックで飲んでいただけの「お客」や「従業員」の処罰規定はないので、逮捕されたり、強制的に連行されたりすることはありません。あったとしても、任意で事情を聴取される程度でしょう。

2014年11月18日 03時28分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

飲食店のキャンセル損害賠償

飲食店 2018年03月18日

社内飲み会で1人6000円(1.5時間飲み放題付き)のコース料理を33名で19:30に予約していました。 前日に予約をして、当日の11時にお店へキャンセル連絡をしました。 理由はインフルエンザの社内多発です。 コース料理で既に食材の用...

居酒屋キャンセルしたら次回来店用としてその全額の前金を支払いを求められました。

飲食店 2018年02月15日

先日、友人が居酒屋を1日前にキャンセルしました。(2つお店を予約しているのを忘れてました) 18人×4500円 そうしたところ、みせから全額(81000円)の支払いを求められました。 それは損害賠償ではなく、前金として次回来店しろとい...

友人が損害賠償請求をされました

飲食店 2017年09月26日

先週ある店に泥酔状態で入り、加えて暴れたということで警察に通報され、翌朝まで過ごしたそうです。その後すぐに警察に連絡してもらい、午後その店の社長にお詫びに行ったところ、「損害額が確定したら連絡をする」ということになり、昨日店に行ったそ...

内容が不明確な請求書は払う必要があるのでしょうか?

飲食店 2017年09月07日

先日、請求書がまいりましてその内容が債務の発生した年の記載がなく、月日のみとなっており、私としてもその内容の把握ができず、更に支払い期限も示されておらず、支払い先口座が記載されているだけであります。 このような時の対応が解らず困ってお...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

飲食店に強い弁護士

【初回法律相談30分無料】利益を最大に、危険を最小にする解決策をご案内します。

【TV・新聞出演経験多数】【初回相談30分無料】弁護士歴40年の経験豊富な弁護士が皆様の問題をこれまでの経験を...

【初回相談30分無料】豊富な実績と柔軟な発想、そしてしっかりとお話を伺う誠実な対応で、最良の解決に向けて全力で...

企業法務から、男女間のトラブルまで、他の弁護士がちょっと受任をためらうような困難な案件であっても、そこに「正義...

【あなたの悩みに寄り添います】”一人で悩む前に、相談してほしい”・・・そんな思いから<初回相談無料><夜間/土...

当事務所は、『身近な弁護士』をモットーに、ご依頼者様の目線で親切・丁寧・迅速な対応を行い、リーズナブルなご費用...

ページ
トップへ