法律コラム

悪徳商法

Section banner consumer

消費者問題

景品表示法 悪徳商法 2016年09月13日

フライパンは、こげがこびついたり、傷がついたりして、その手入れなどが割と大変だと思います。テレビの通販番組などで、「傷がつかないフライパンを!」と放送されてしまうと、思わず買ってみようかなとも思ってしまいます。 このフライパンをめぐって、9月1日に、消費者庁が、オークローンマーケティングの販売するフライパン「セラフィット」について、不当景品類及び不当表...

景品表示法
企業が実施する抽選キャンペーンなどの景品。金額って決まりがある? 悪徳商法 2015年04月13日

Q 「クイズに答えて○○を獲得しよう」など、さまざまな企業が懸賞を実施しています。 さて、こうした懸賞において景品の金額って決まっているでしょうか? 法律によって決まりがある 特に決まりはない A 正解(1)法律によって決まりがある クイズやパズルなどの正誤、あるいは抽選券などの方法を用いて景品を提供する行為を法律上「一般懸賞」と呼びます(景品表示法よ...

企業が実施する抽選キャンペーンなどの景品。金額って決まりがある?
こんな求人広告には要注意!「内職商法」 悪徳商法 2016年07月12日

Q 不況で苦しい家計を助けたいと考えたA子さん。「自宅でアクセサリーを作る在宅ワークで収入が得られます」という求人広告のチラシを見つけたので早速電話をしました。すると、「まず、アクセサリーの製作器具を購入してください。仕事が入ればすぐに元は取れますから。」と言われたため、器具代で10万円を支払いました。しかし、冷静になってみると、ちょっと高すぎるような...

こんな求人広告には要注意!「内職商法」
絶対に髪が生えてくる育毛剤!? 悪徳商法 2016年07月02日

Q Aさんは、会社が販売している医薬部外品の育毛剤商品のキャッチコピーを考えています。この育毛剤は、「育毛、発毛促進」などの効果が承認された商品です。さて、以下にあるAさんが考えた2つのキャッチコピーのうち、法律上禁止されている表現はどちらでしょうか? 「絶対に育毛したい人へ」 「明日から発毛!」 どちらも許されない A 正解(3) どちらも許されない...

絶対に髪が生えてくる育毛剤!?
絵画を無理やりカードで買わされた! 悪徳商法 2015年02月09日

Q ある日、Aさん(当時32歳)が繁華街を歩いていると、絵画販売店の担当者から声をかけられ、強引に絵画の展示場に連れて行かれてしまいました。Aさんは、絵画に興味がなかったため、何度も購入を断り、帰ろうとしました。しかし、担当者は「将来絶対価値が出るから!」といって繰り返し契約書への記入を求め、記入しなければ帰してもらえないような雰囲気であっため、Aさん...

絵画を無理やりカードで買わされた!
二重価格表示(1) 悪徳商法 2015年08月29日

年々拡大してきているクーポン系のサービス、あなたは利用していますか? 「通常価格30,000円のところを特別価格9,980円!」 クーポンに限らず、店頭、チラシ、通販など、この手の表示は街にあふれていますね。 こうした表示の仕方を「二重価格表示」といいます。 そんなに値下げしているのなら...と思わず手を伸ばしたくなりますが、この表示方法を巡っては「実...

二重価格表示(1)
二重価格表示(2) 悪徳商法 2015年08月29日

二重価格表示とは、販売価格(以下B)と併せて、比較対照価格(販売価格よりも高い元の値段。以下A)を表示したもの。 前回は、消費者が判断を誤るおそれがあるため、Aに(1)違う商品の価格や(2)虚偽の価格、曖昧な価格を書くことは許されないという話でしたね。 また、Aが表すものによって、これに追加されていく条件も異なるということでした。 今回も、Aの内容ごと...

二重価格表示(2)
広告代理店は景品表示法違反に問われない? 悪徳商法 2014年05月08日

Q 個人で小さな広告代理店を営むAさんは、とある食品メーカーとの契約により,当該メーカー商品の広告宣伝を企画立案しました。ところが、Aさんは当該商品の品質について不当表示を行ってしまいました。 Aさんは、景表法違反に問われるでしょうか? 景品表示法違反になる 景品表示法違反にはならない A 正解(2) 景表法違反にならない 景品表示法2条4項は、「この...

広告代理店は景品表示法違反に問われない?
ブロガーによるステルス広告は違法? 悪徳商法 2015年07月29日

Q 化粧品メーカーAは、人気ブロガーBに自社の商品を提供しブログで紹介するように頼みました。 Bは特に広告料などはもらわなかったもののAに頼まれた通り「A社の商品X、ゲットしたよ。しみ、そばかすを予防して、ぷるぷるお肌になっちゃいます!気になる方はコチラ」という内容の記事を書きました。しかし、A社の商品Xにはそのような効果はありませんでした。 A社は景...

ブロガーによるステルス広告は違法?
「77%引き」の表示が許されるのはどんなとき? 悪徳商法 2015年08月29日

11月3日に東北楽天ゴールデンイーグルスが日本シリーズを制覇し、球団史上初の日本一に輝きました。オーナー企業である楽天では、その直後から優勝セールを実施しましたが、一部の店舗で不自然な価格表示がなされ、話題となっています。今回はこの話題を取り上げたいと思います。 優勝セールでは、楽天の星野監督の背番号「77」にちなみ、77%引きの商品が並びました。北海...

「77%引き」の表示が許されるのはどんなとき?
ページ
トップへ