ツーショットダイヤルの延滞金が3万円に!

User image 1 Legalus編集部さん 2014年05月09日

 半年ほど前にツーショットダイヤルで、使用日から3日以内に料金(3,000円)を振り込むように言われたのをほったらかしにしてしまいました。先方は1ヶ月毎日督促の電話をいれたといっていますが、そのような督促は記憶にありません。
 先日突然、半年前の料金の延滞金3万円(延滞金、督促手数料、事務手数料、調査費)を払え、と携帯電話にやくざ風の男から請求がありました。確かにほったらかした私が悪いのは重々承知していますが、相手の言いなりに払わなければいけないのでしょうか。

(20代前半:男性)

関連Q&A

損害賠償請求できるか?

悪徳商法 2017年03月20日

はじめまして、下記案件ご相談致します。 株式会社Oはプロップファームという新しい手法で資金を集めていました。 合同会社を設立し一口百万の社員権を販売しており、先月購入しました。 運用は1人のファンドマネジャーがFX投資を行います、その...

悪徳新聞販売店の嫌がらせについてご相談いたします。

悪徳商法 2017年01月07日

私の母は、認知症なのですが、家に訪れた営業にA新聞と契約をしてしまいました。 どうにか契約は解除という方向で示談を進めていました。 しかし、先日Y新聞が母の元へ営業に行きました。 A新聞の件がありましたので、玄関に入った所に大きく『全...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     あなたも認めているように、サービスの提供を受けた以上、その料金は支払わなければなりません。問題は、利用料金に加えて、延滞金等の名目で3万円を支払わなければならないか、という点です。

     確かに、利用料金を支払わずに放置していたわけですから、遅延損害金を支払う義務があるといえます。
     しかし、利息制限法の上限金利(10万円未満の場合年20%)や、出資法の上限金利(年29.2%)を大幅に超える遅延損害金については、支払義務はありません。
     なお、督促手数料、事務手数料、調査費等の名目にかかわらず、これらはすべて遅延損害金として扱われます。

     また、「支払わなければ直接自宅に訪問し取り立てる」などの脅迫的な取立てがなされた場合には、お近くの警察に相談されることをおすすめします。

2014年05月09日

悪徳商法に強い弁護士

まずは,お気軽にご相談ください。

依頼者のために最善を尽くしていきます

ビジネス街にある駅近の法律会計事務所です。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ