一方的に本が送られてきたが...(ネガティブオプション)

Legalus編集部さん 2014年05月08日

 会社へ一方的に本が送りつけられてきて、後日支払の請求の電話が社長あてにかかってきました。
 社長が支払う意思がないと告げると、会社に取り立てに来ると脅迫するのです。
 それからもしつこく請求の電話がかかってきます。送られてきた箱は開封していませんが、支払う義務があるのですか?

(20代後半:女性)

関連Q&A

悪徳新聞販売店の嫌がらせについてご相談いたします。

悪徳商法 2017年01月07日

私の母は、認知症なのですが、家に訪れた営業にA新聞と契約をしてしまいました。 どうにか契約は解除という方向で示談を進めていました。 しかし、先日Y新聞が母の元へ営業に行きました。 A新聞の件がありましたので、玄関に入った所に大きく『全...

スマホでいきなり「契約有難うございます」と表示され、困っています。

悪徳商法 2016年03月23日

15歳の娘がスマホで動画を見ていたところ「契約有難うございます。◯日迄に◎万円支払ってください」と表示され、動揺して表示されていた電話番号に携帯から番号通知で電話してしまいました。 電話番号から住所がわかり、請求書が来たり、裁判所から...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     このように、販売業者が一方的に商品を送り、後日代金を請求する商法を「ネガティブオプション」といいます。

     そもそも、契約は申込と承諾という合意があってはじめて成立するわけですから、一方的に本を送っただけでは、売買契約は成立しません。
     たとえ、「○日までに返送しなければ購入したものとみなします」と書かれていてもやはり契約は成立しません。

     したがって、こうした本の代金を支払う義務はありませんし、こちらから返送する義務もありません。

     もっとも、送られてきた本の所有権は、販売業者のほうにありますから、自己の物に対するのと同程度の注意をして保管する必要があります。また、保管料の請求をすることもできます。

     とはいえ、このまま保管しつづけるのも困るでしょうから、承諾も使用もしないまま14日間経過した場合や、引取りを請求してから7日間経過した場合には、販売業者は商品の返還を請求できないこととされています(特定商取引法59条)。この後は、自由に処分してかまいません。

     もっとも、それ以前に箱を開封して本を使用した場合には、承諾したものとみなされますので注意が必要です(民法526条)。

2014年05月08日

悪徳商法に強い弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ