勘違いで予約されていたキャンセル料、支払う義務あり?

User image 1 lu_371112fdさん 2019年07月26日 19時38分

大学生です。キャンセル料に関する質問です。
ある団体の合宿幹事を務めます。

ある日、宿舎に私個人で人数が空いているか確認の電話をしたところ、空いているとの返事をいただきました。
そこで予約は旅行会社を通じて後ほど行なうので、人数だけ空けていてほしいと連絡しました。

翌日、旅行会社の方がその宿舎に連絡したところ、宿舎からなぜか人数が一杯になってしまっているとの連絡を受けました。
私と旅行会社の方はなぜ人数を空けてくれなかったのか疑問に思いながらも、仕方なく別の宿舎(B)を予約をしました。

すると先日、前の宿舎から思わぬ連絡が来ました。私に予約の是非を聞いてきたのです。
私はその宿舎はもう人数が一杯になってしまったので、別の宿舎(B)で予約をしたと言いました。
なぜか宿舎は私の団体で予約があると言っています。
理由として、旅行会社の方が先日私の団体を言わずに確認したため、宿舎は別の団体から連絡が来たと勘違いしたそうです。

結果として現在、二重の予約をしてしている状態です。

ここで質問なのですが、この場合、私は宿舎にキャンセル料を払う義務はあるのでしょうか。
宿舎をキャンセルする場合、キャンセル料と支払ってほしいと言われました。

前提として、私は前の宿舎に人数を空けてほしいと言っただけで、予約をした覚えはありません。
また、事前に宿舎からキャンセル料に関する説明も受けていません。
さらに、予約の取り違いが起きた原因は自分ではなく旅行会社の方の聞き方にズレがあったことです。

いろいろなすれ違いが起きてしてしまいましたが、最適な落とし所は何だと思われますでしょうか。
宿舎の立場に立ったとしても、少なくとも自分が全額キャンセル料を払うのはおかしいと思ったため、質問させていただきます。

「人数だけ空けてほしい」の意味に関してですが、正式な予約でないとしても、他に予約を入れないでほしいという意味であれば、仮予約のような形で理論上は契約締結上の過失の問題が生じる可能性があります。
しかし、宿舎側も貴殿や旅行会社に詳細を確認していない点を踏まえると、過失相殺による大幅減額がなされるのが相当でしょう。

もっとも、予約の有効性はさておき、宿舎側の損害の発生の有無について、具体的に予約日がいつかにもよりますが、一般に温泉旅館などの場合でもキャンセル料が発生するのは1週間前程度からの場合が多く、また前日まではキャンセル料100%ではなく一定割合にとどまるケースがほとんどです(個人予約のキャンセル規定の場合ですが)。
また、お盆や土日祝日等の繁忙期であれば、代替顧客確保可能性もそれなりにあるでしょう。
そのため、利用予定日が夏休みの繁忙期であり、まだしばらく予定日まで日数がある場合には、個人と団体で相違はある者の、宿舎側の損害がほとんど発生していないとしてキャンセル料支払いの必要はないと思われます。

これに対して、既に利用予定日が迫っている場合ですが、厳密な貴殿の法的責任の有無はさておき、話し合いによる解決を図る場合には1~2名程度のキャンセル料での解決を図ってみてはいかがでしょうか。私見ですが。

2019年07月26日 21時48分

相手の予約の管理にいちじるしい落ち度がありますね。
勘違いは相手の方ですね。
旅行会社も相手が予約を受けたと勘違いしたことについて、
責任があるかもしれません。
それについても、相手の方に勘違いがありそうです。
いずれにせよ、勘違いをした相手に、あなたが、キャンセル
料を負担する理由はないですね。

2019年07月27日 11時15分

1 どうも問題の発端は、旅行会社と宿舎(A)とのやり取りがうまくいっていなかった。さらに言えば錯誤を双方が生じていたことにありそうですね。
つまり、旅行会社がご相談者の団体名を言わずに予約の申し込みをしたところ、宿舎(A)は、既にご相談者の仮予約があることを前提に満員であると述べたということです。
ここで、指摘できるのは、二つです。
第1は、宿舎(A)としては、ご相談者あるいは、その団体との仮予約が成立しているという認識であったということです。
第2は、旅行会社が、満員であることを確認しただけであったことです。
2 第1点についていえば、ご相談者が「予約は旅行会社を通じて後ほど行なうので、人数だけ空けていてほしい」と述べたことを前提にしているので、法律的には仮予約あるいは予約の予約という契約関係は、その時点で既に成立したといえそうです。
 第2点については、旅行会社としては、予約の取り方として一般に客の情報を全く開示しないのでしょうか。宿舎側からすれば、個人情報としてご相談者の氏名や団体名を先に述べることはできないのは、無理のないことだといえます。しかし、旅行会社としては、満員の一言で、それ以上の確認をしないのは、現行の商慣習ということからは当然なのでしょうか。旅行会社が、ご相談者の、それ以前のやり取りの一部でも再現して宿舎側に質問していれば容易に情報の一致が得られて、予約がその時点で成立したといえます。
その点で、旅行会社の関与による錯誤の発生という点を指摘できます。
3 次に、宿舎(A)の対応ですが、旅行会社からの2で述べた問い合わせに対する対応は一般論としては、やむを得ないといえますが、その後に「予約は旅行会社を通じて後ほど行なうので、人数だけ空けていてほしい」といわれたまま、そのまま連絡を待っていたというのも、非常に問題があります。
4 以上から考えると、ご相談者の対応としては、問い合わせをして、具体的な予約は旅行会社に委ねたということは、通常のやり方であり、落ち度は考えられません。
つまるところ、旅行会社と宿舎(A)のちぐはぐなやり取りが今回の事態を招いたといえます。
私見ですが、旅行会社のプロとしての責任意識の欠如によるものが主な原因であると思います。
そこで、解決策としては、旅行会社を中心に三者で調整をして事態を収めることを考えるべきです。

2019年07月27日 11時18分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

住所登録無しの者に不泊された場合に民泊斡旋会社を提訴できるか

旅行・娯楽 2020年08月11日

民泊をやっております。 すっぽかしや無料期間外取り消しに対する 宿泊料の請求に応じぬ者が住所を登録しておらぬと提訴できません。 この場合、客の斡旋をする会社に責任が有るとして被告にできますか。

宿泊施設側が独断で予約者の予約内容を変更し、利用料金を上げて案内しました。契約違反・違法に当たらないでしょうか?

旅行・娯楽 2020年06月27日

某公共の宿HPから宿A(以下、甲とします)シングル3室(計3名)をネット宿泊予約しました。利用日が近づいたのでネットで予約内容を確認した所、予約希望の内容と違う内容(ツインのシングルユース)になっており、料金が高く案内されていました。...

レンタサイクリングの注意不足によるケガ

旅行・娯楽 2020年04月05日

福祉法人が経営している、レンタルサイクリングコース1周を初め利用した時の事です。 私達夫婦は2人乗り自転車を、子ども(7)は1人で利用しました。 コースの最後に長い急な下り坂があり、子どもはブレーキをかけたが、ブレーキが出来ないと叫ん...

CCとBCCを間違えメルアド流出されたが、補償もなくキャンセル返金に応じてもらえない

旅行・娯楽 2020年03月20日

友達と5人、スポーツの体験教室に私が代表して申し込みました。 (バスとスポーツの為の場所利用、設備のレンタル代などが含まれたツアー) 聞いた事ない名前の小さいところでしたが、長年やってる旅行会社のようでした。 数日前になり、当日の集合...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する