取締役を解任する方法

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年04月25日 21時01分

 株主三人が取締役も兼ねている会社で、持ち株比率は、60%(Aさん)、20%(Bさん)20%(Cさん)で、AさんとBさんが代表権を持っています。Bさんは、Cさんを独断で解任できますか?



(40代:男性)

匿名弁護士

 結論から言うと、Bさんの独断では取締役を解任することはできません。



 取締役の解任は株主総会の議決事項ですので(会社法339条1項309条1項)、まず、株主総会を招集する必要があります。株主総会を招集するには、日時や目的を決める必要がありますが、取締役会設置会社では、その役割を取締役会が担っています(会社法298条4項、1項)。

 取締役会の決議は出席取締役の過半数で行うとされていますから(同法369条1項)、本件ではBさんだけでは足りず、Aさんの賛同が必要となります。



 取締役会で、Cさん解任を目的とする株主総会を招集することが決まれば、次は株主総会で解任の議案を議決することになります。この株主総会決議は、旧商法では株主総会の特別決議(議決権の3分の2以上)が必要とされていましたが、新会社法では議決権の過半数を有する株主の賛成があれば解任できることとなりました(会社法309条1項)。

 Bさんは20%の株式しか保有していないので、解任決議をするには、60%の株式を保有するAさんの賛同を得るか、事前に株式を買い増して50%以上の株式を保有している必要があります。



 なお、正当な理由なく解任する場合には、解任された取締役に解任によって生じた損害を賠償する必要があります(339条2項)。

 上記会社法上の手続を経ないで取締役を解任すると、株主総会決議取り消しの訴え(会社法831条1項)の対象になります。



 仮に、辞めさせたい取締役の職務執行に関して不正等があったのにもかかわらず、この取締役を解任する旨の議案が否決された場合には、役員解任の訴え854条1項)を提起することができます。

2014年04月25日 21時01分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

取締役会のみなし決議をする際は招集権者の位置づけについて

取締役会 2021年01月09日

メール等による取締役会のみなし決議についての質問です。 定款で取締役会の招集権者は代表取締役と定めています。 また「会社法第370条の要件を満たしたときは、取締役会の決議があったものとみなす」と定めています。 これに基づき、メール等で...

授権と委任の違いはどんな違いがあるのか

取締役会 2020年07月15日

取締役会規程の見直しを行うにあたり、決議事項の書き方について教えていただければと思います。 決議事項として株主総会に関する事項として、株主総会の決議により授権された事項という項目を目にします。 授権という言葉に対して、委任という言葉が...

特別利害関係者の議決権

取締役会 2020年07月14日

取締役会設置の同族会社です。役員は、母と兄弟の3人で、株を各々約1/3ずつ保有しています。代表取締役である兄の息子を早期に後継者としたいようですが、従来取締役会や株主総会を一度も開いたことがなく(もちろん招集通知もなし)、個別に高齢の...

書面開催された取締役会議事録の押印は必要でしょうか

取締役会 2020年07月14日

取締役会が書面開催決議により行われた際の議事録の内容については、内容は会社法施行規則の101条4項1号に記載されています。 その議事録の押印ですが、当然書面開催なので取締役等は出席しておらず不要だと思われます(事前に同意書等にて同意の...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する