取締役を解任する方法

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年04月25日 21時01分

 株主三人が取締役も兼ねている会社で、持ち株比率は、60%(Aさん)、20%(Bさん)20%(Cさん)で、AさんとBさんが代表権を持っています。Bさんは、Cさんを独断で解任できますか?



(40代:男性)

匿名弁護士

     結論から言うと、Bさんの独断では取締役を解任することはできません。



     取締役の解任は株主総会の議決事項ですので(会社法339条1項309条1項)、まず、株主総会を招集する必要があります。株主総会を招集するには、日時や目的を決める必要がありますが、取締役会設置会社では、その役割を取締役会が担っています(会社法298条4項、1項)。

     取締役会の決議は出席取締役の過半数で行うとされていますから(同法369条1項)、本件ではBさんだけでは足りず、Aさんの賛同が必要となります。



     取締役会で、Cさん解任を目的とする株主総会を招集することが決まれば、次は株主総会で解任の議案を議決することになります。この株主総会決議は、旧商法では株主総会の特別決議(議決権の3分の2以上)が必要とされていましたが、新会社法では議決権の過半数を有する株主の賛成があれば解任できることとなりました(会社法309条1項)。

     Bさんは20%の株式しか保有していないので、解任決議をするには、60%の株式を保有するAさんの賛同を得るか、事前に株式を買い増して50%以上の株式を保有している必要があります。



     なお、正当な理由なく解任する場合には、解任された取締役に解任によって生じた損害を賠償する必要があります(339条2項)。

     上記会社法上の手続を経ないで取締役を解任すると、株主総会決議取り消しの訴え(会社法831条1項)の対象になります。



     仮に、辞めさせたい取締役の職務執行に関して不正等があったのにもかかわらず、この取締役を解任する旨の議案が否決された場合には、役員解任の訴え854条1項)を提起することができます。

2014年04月25日 21時01分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

辞めた役員に費用の請求が発生することはあり得るのか?

取締役会 2017年07月05日

私は以前務めていた会社で役員をしていたのですが その際、従業員が交通事故を起こし同乗者(他社の方)が亡くなってしまいました。 当時、従業員は裁判をうけて刑も受けました。 そして従業員個人がかけていた保険で 遺族に対する補償の処理は終わ...

高圧一括受電導入の総会決議は普通決議でよい?

取締役会 2016年04月04日

私の住むマンション(住戸数約450戸)で近日高圧一括受電導入について臨時総会が開かれます。 かなり重要な案件であると思いますが、特別決議(3/4以上の賛成)ではなく普通決議(1/2以上の賛成)で実行される予定です。 これは区分所有法上...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

取締役会に強い弁護士

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

丁寧な説明を心がけています。

できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手伝いさせていただきます。

解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

ページ
トップへ