法律コラム

事業再生・倒産

Section banner corporate legal

企業法務

コロナ禍で売上激減・経営悪化|法人破産も一つの選択肢 事業再生・倒産 2020年06月17日

新型コロナウイルスの影響で、多くの会社の売上が激減し、経営状態が悪化してしまいました。 固定費がかかる一方で売上がない状態が続き、会社の存続が難しいと感じている経営者の方も多いのではないでしょうか。 会社を立て直すことが難しい、非常に時間がかかりそうだという場合には、法人破産をして一度会社をリセットしてしまうことも一つの選択肢です。 この記事では、法人...

コロナ禍で売上激減・経営悪化|法人破産も一つの選択肢
私的整理のすすめー破産を考える前にー 事業再生・倒産 2017年04月28日

「法的整理」と「私的整理」 会社の経営状態が思わしくない場合に考えなければならないことの一つが、債務(負債)の整理です。債務整理の方法にはいくつかありますが、裁判所が関与するかしないかで大きく2つに分けられます。 裁判所が関与する手続きは「法的整理」といい、破産、民事再生、会社更生、特別清算といった手続きです。 これに対して、裁判所が関与しない手続きは...

私的整理のすすめー破産を考える前にー
経営する会社が破産することに!社長の自分も破産しないといけない? 事業再生・倒産 2017年04月03日

会社が、支払不能や債務超過を原因として破産した場合、会社代表者も破産しなければならないのでしょうか。 法理論的には、「会社破産=会社代表者破産」との図式は成立しません。なぜなら、会社と会社代表者とは、法的にはまったく別の人格であって、個々の人格ごとに破産原因があるかどうかが問題となるにすぎないからです。 また、会社が破産をし、会社代表者にも支払不能とい...

経営する会社が破産することに!社長の自分も破産しないといけない?
取締役会の承認を得ずに会社の破産を申立てることは可能? 事業再生・倒産 2014年01月07日

Q 株式会社Xの取締役のAさんは、自社が債務超過に陥っていることから独断で破産の申立てを行うことにしました。 Aさんの申立ては認められるでしょうか? 認められることもある 認められることはない A 正解(1)認められることもある 株式会社の取締役は、当該会社の破産開始の申立てを行うことができます(破産法19条1項2号)。 もっとも、取締役が複数いる場合...

取締役会の承認を得ずに会社の破産を申立てることは可能?
会社が倒産しても社内預金は大丈夫!? 事業再生・倒産 2014年01月07日

Q Aさんは勤め先であるX会社で社内預金をしていました。ところがX会社は倒産することとなり、破産手続きが開始されてしまいました。 Aさんは、給料債権と同じように社内預金債権全額についても破産会社Xから優先的に配当を受けることができるでしょうか。 できる できない A 正解(2)できない 社内預金とは、企業が従業員の給与の一部を預かって貯蓄金を管理するし...

会社が倒産しても社内預金は大丈夫!?
会社が破産すると代表者も破産しなければならない? 事業再生・倒産 2016年02月05日

Q 株式会社X社は破産を申立てる事になりました。 この場合、X社の代表取締役のAさんも破産を申立てなければならないでしょうか? 必ず申立てなければならない 必ずしも申立てる必要は無い A 正解(2)必ずしも申立てる必要は無い 株式会社はその資本の限りにおいてしか責任を負わず、代表者だからといって会社の債務を負わされる事はありません。したがって、会社が破...

会社が破産すると代表者も破産しなければならない?