死んだ父が役員だった会社が倒産したら・・・

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時06分

 会社の役員である状態で父が亡くなってしまいました。もしこの会社が倒産してしまった場合、なんらかの責任を残された家族が負わされてしまうのでしょうか?



(不詳:不明)

匿名弁護士

     本件は、会社の形態によって結論が変わってきます。



    株式会社である場合



     株式会社の株主は、その出資の限度でしか、倒産等における責任を負うことはありません(これを有限責任といいます。)。



     したがって、亡くなられたお父さんが役員でかつ株式を保有されていたとしても、お父さん個人が株主として責任を負うことはありません。



     また、相談者が本件会社の株式を相続されていても同じです。株主として責任を負うことはありません。



     もっとも、本件会社が倒産したことについて役員に会社に対する損害賠償責任(会社法423条1項)や、第三者に対する損害賠償責任(会社法429条1項)が認められた時には、亡くなられたお父さんは役員として賠償責任を負うことになります。



     そして、相談者が当該損害賠償債務を相続された場合は、相談者は当該債務を賠償する必要があります。




    合名会社である場合



     合名会社会社法576条2項)とは、無限責任社員のみからなる会社のことです。



     無限責任とは、出資者が出資の範囲を超えてでも会社債務に就き責任を負うことです。



     したがって、本件会社が合名会社である場合でお父さんが出資者である場合には、お父さんは無限責任を負うことになります。



     そして、相談者が本件会社の倒産における債務をお父さんから相続された場合には、相談者も当該債務を負うことになります。





    合資会社である場合



     合資会社会社法576条3項)とは、無限責任社員と有限責任社員の両方からなる会社のことです。



     したがって、お父さんが有限責任社員であった場合は、出資額を限度にしてしか責任を負うことはありません。

     また、無限責任社員である場合には、出資額を超えて責任を負うことになりますし、相談者が当該債務を相続されますと、相談者において責任を負うということになります。




    合同会社である場合



     合同会社(会社法576条4項)とは、有限責任社員のみで構成される会社のことです。



     したがって、お父さんが本件会社の出資者であっても、その出資額を限度にして責任を

     負うに過ぎません。



     また、相談者が何らかの責任を負うこともありません。




     以上のように、会社の形態によって結論が変わってきますので、一度、法務局で本件会社の登記を調べられてはどうでしょうか。



     また、負の財産の相続に関しては、相続放棄民法938条940条)や限定承認民法922条937条)によって、相談者が新たな債務を負うことを避けることができると思われます。

2014年01月07日 04時06分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

会社倒産になった場合契約報酬未払いはどうなる?

事業再生・倒産 2017年07月13日

友人の会社に、契約社員として働いています。 1年目は良かったのですが、業績不振で売り上げが伸びず毎月の報酬が遅れ始め、友人の立場もあり理解してあげていたのですが、遅延7ヶ月が過ぎてしまいました。 契約を辞めようと思いますが、一括請求を...

会社が破産した場合の退職金

事業再生・倒産 2017年07月11日

勤めていた会社が破産し、弁護士から「未払い退職金があるので裁判所に同封した書類を送ってください。」と封書がきたので記入し裁判所に送付しました。 ですが、管財人より「退職金規定がない」との理由で異議を述べられました。 確かに規定はありま...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

事業再生・倒産に強い弁護士

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

丁寧な説明を心がけています。

できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手伝いさせていただきます。

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

ページ
トップへ