死んだ父が役員だった会社が倒産したら・・・

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 会社の役員である状態で父が亡くなってしまいました。もしこの会社が倒産してしまった場合、なんらかの責任を残された家族が負わされてしまうのでしょうか?



(不詳:不明)

関連Q&A

現在勤めている会社が計画倒産させようとしています。そんな簡単にいくものなのでしょうか?

事業再生・倒産 2017年01月18日

従業員20人ほどの会社ですが、現在借金が3億強あります。 会社には、現金が5000万円程しかなく、このまま毎月借金を返して、従業員に給料を払っていくと、3ヵ月後にはたちまち首が回らなくなってしまいます。 社長は、新しい会社を作って、お...

会社役員の義務と保証

事業再生・倒産 2016年12月13日

会社役員になりました。 2億の社債を発行し、あと3億の社債を準備中です。 役員は事実上、私とオーナー社長の2名です。 業績はまあまあですが、設備投資と増員によって負担増になっています。 手当ても社員並です。 会社が倒産となったときには...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     本件は、会社の形態によって結論が変わってきます。



    株式会社である場合



     株式会社の株主は、その出資の限度でしか、倒産等における責任を負うことはありません(これを有限責任といいます。)。



     したがって、亡くなられたお父さんが役員でかつ株式を保有されていたとしても、お父さん個人が株主として責任を負うことはありません。



     また、相談者が本件会社の株式を相続されていても同じです。株主として責任を負うことはありません。



     もっとも、本件会社が倒産したことについて役員に会社に対する損害賠償責任(会社法423条1項)や、第三者に対する損害賠償責任(会社法429条1項)が認められた時には、亡くなられたお父さんは役員として賠償責任を負うことになります。



     そして、相談者が当該損害賠償債務を相続された場合は、相談者は当該債務を賠償する必要があります。




    合名会社である場合



     合名会社会社法576条2項)とは、無限責任社員のみからなる会社のことです。



     無限責任とは、出資者が出資の範囲を超えてでも会社債務に就き責任を負うことです。



     したがって、本件会社が合名会社である場合でお父さんが出資者である場合には、お父さんは無限責任を負うことになります。



     そして、相談者が本件会社の倒産における債務をお父さんから相続された場合には、相談者も当該債務を負うことになります。





    合資会社である場合



     合資会社会社法576条3項)とは、無限責任社員と有限責任社員の両方からなる会社のことです。



     したがって、お父さんが有限責任社員であった場合は、出資額を限度にしてしか責任を負うことはありません。

     また、無限責任社員である場合には、出資額を超えて責任を負うことになりますし、相談者が当該債務を相続されますと、相談者において責任を負うということになります。




    合同会社である場合



     合同会社(会社法576条4項)とは、有限責任社員のみで構成される会社のことです。



     したがって、お父さんが本件会社の出資者であっても、その出資額を限度にして責任を

     負うに過ぎません。



     また、相談者が何らかの責任を負うこともありません。




     以上のように、会社の形態によって結論が変わってきますので、一度、法務局で本件会社の登記を調べられてはどうでしょうか。



     また、負の財産の相続に関しては、相続放棄民法938条940条)や限定承認民法922条937条)によって、相談者が新たな債務を負うことを避けることができると思われます。

2014年01月07日

事業再生・倒産に強い弁護士

丁寧な説明を心がけています。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ