会社が倒産! 企業年金はどうなる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時15分

 主人の以前勤めていた会社が倒産しました。
 企業年金を約7年間かけていたと言うのですがそれは65歳からもらえますか?

(30代前半:男性)

匿名弁護士

 ご主人が以前勤めていた会社が利用していた制度によって、どのような形で支払われるかが異なってきますので、まず、企業年金について説明したいと思います。

 企業年金とは、企業が従業員等の退職後の生活保障、財産形成等のために行っている年金制度のことで、適格退職年金制度厚生年金基金制度が代表的です。

 適格退職年金制度は、各企業の私的退職年金のうち、適格退職年金契約に基づいて運営され、税務計算上特例が認められるものをいいます。この制度の場合、会社が信託銀行や保険会社と適格退職年金に関する資産運用の契約を結び、信託銀行等が企業から預かった積立金を運用し、従業員の退職後に支払がなされます。

 一方、厚生年金基金制度は、政府の行う厚生年金保険事業のうち、老齢厚生年金の一部を代行するとともに、それを上回る年金給付を行うことを目的として、厚生年金保険法に基づいて設立される法人(厚生年金基金)が行う年金保険制度です。この制度の場合、会社とは別の法人である厚生年金基金が信託銀行等と資産運用契約を結ぶことになります。

 どちらの制度を利用した場合でも、積立金は会社の運転資金等とは別に管理されるため、会社の業績悪化などによって積立金が目減りすることはありません。

 適格退職年金制度を利用している会社が倒産した場合、会社が信託銀行等と結んでいた税制適格退職年金に関する資産運用の契約は倒産した時点で解約ということになり、解約払戻金が支給されることになります。

 一方、厚生年金基金制度を利用している会社が倒産しても、基金が存続する限り、信託会社等との間の年金信託契約は有効であり、年金給付金等の支払が行われます。また、基金が解散した場合でも、解散した基金の資産は厚生年金基金連合会に引き継がれるので、給付金がもらえなくなることはありません。しかし、積み立て不足があれば減額されます。

2014年01月07日 04時15分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

代表取締役が同一法人の合併に関して

事業再生・倒産 2019年05月26日

現在、休眠会社にしていないですが、決算も設立後一度もしていない会社が3社あります。 その内2社は、それぞれ賃貸契約などで解散手続きができない状況です。 今回、キチンと整理して新たに事業を行いたいと考えております。 同じ代表取締役で事業...

民事再生後 連帯保証人に時効はあるのでしょうか。

事業再生・倒産 2018年01月17日

1)ある会社が民事再生を行い 認可され 再生計画に基づき減額された債務の返済は終了しました。 2)代表者は信用保証協会に 連帯保証をしていましたが 自己破産など法的手続きは取っていません。 3)代表者は民事再生後 信用保証協会に対して...

個人事業主です。自己破産の免責が降りると給料未払いも免責になるのでしょうか?

事業再生・倒産 2017年11月14日

個人事業主です。 事業がうまくいかず自己破産を決意し、 明日弁護士に受任していただき申し立てする予定なのですが、 従業員に給料未払いがあり毎日のように催促されています。 僕のほうは自宅を競売もしくは任意売却等ができしだい、 できる範囲...

間借りしていた会社が倒産してしまいました。追い出されてしまうのでしょうか?

事業再生・倒産 2017年09月13日

町工場をしています。まったく別の職種の会社の一部を間借りしていたのですが、その会社が倒産してしまいました。管財人等が入ってくると聞きましたが、追い出されてしまうのでしょうか? 鉄の加工をしていますので、大きな機械が沢山あります。すぐに...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ