携帯電話の契約代筆は罪になるのでしょうか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年01月15日 00時24分

 携帯電話販売店で働いている友人がいます。毎日お客さんのプランの見直しなどの変更業務をするそうなのですが、時折急ぎのお客さんに頼まれるなどして、お客さんが帰った後に変更手続きを行い、確認のサインを代筆することがあるそうです。お客さんには、本来最後に確認のサインをすること、それを彼(店員)が代筆するということを伝えてはいるとのこと。

 このことが実は犯罪になるのではないかと、友人がかなり気にしているみたいです。もしよろしければ、どういった罪に当たるのか、どういう罰則があるのかを教えてください。



(20代:女性)

匿名弁護士

 法的に考えると、携帯電話のプラン変更は「契約」の変更、プラン変更手続きでの「代筆」は「契約書を代筆すること」と捉えることができます。

 とすれば、考えられる犯罪の類型としては私文書偽造罪(刑法159条各号)が挙げられます(契約書は一般に、私文書に分類されます)。ここでポイントになるのが、「代筆が偽造にあたるか」です。代筆=偽造となれば、犯罪が成立することになります。



 私文書偽造における「偽造」とは、「名義人と作成者の同一性を偽ること」とされています。名義人とは、その書面において表示されている意思の主体です。ご相談事例では、「プラン変更を申し込んだと、手続き書面に記載されている人」になります。作成者は、実際に文書を作成した人です。ご相談の事例では「携帯電話販売店で働くご友人」となります。そうすると、名義人と作成者が一致しないため、一見すると私文書偽造罪が成立しそうに見えます。



 しかし、ご相談の事例では、「ご友人が代理で署名(代筆)することを名義人(プラン変更などを申し出た人)が認めている」という事情があります。つまり、プラン変更をする人が書面を作成する権限をご友人に与えているわけです。そうすると、実質的には作成者はプラン変更を申し出た人であり、名義人と作成者が一致する事になります。したがって、「偽造」には当たらないことになります。そのため、私文書偽造罪は成立しませんので、ご友人の方には「犯罪には当たらないから安心しなさい」とお伝えください。



 もっとも、プラン変更を申し出た本人が署名をしないと、契約自体が無効と捉えられかねず、来店者に不利益があった場合何がしかの賠償責任を追及されるということもあり得ます。そのため、こうした書面における署名の代筆は決しておすすめできるものではありません。
 ご友人には、無用なトラブルを避けるためにも、なんとか申し込まれる本人に署名をもらえるような対応を心がけるようにお伝えください。

2016年01月15日 00時24分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

報酬の未払いによる業務委託契約解除

契約書 2018年09月01日

報酬の未払いによる業務委託契約解除 お世話になります。報酬の未払い(支払い期限2か月超過一部支払い済。まだ100万以上の未払い)は契約不履行とみなされますでしょうか(基本取引契約書有)。当方は来年3月までの業務委託契約を取り交わしてい...

運送会社との個人契約について。

契約書 2018年02月20日

現在、派遣社員として運送会社に勤務しております。派遣契約が数ヶ月後には解約となってしまいます。個人事業主ではないのですが直接運送会社と引き続き個人契約する方法はありますか?契約内容としては派遣で勤務していたままで。社員の話もありました...

契約書に書かれていない文言も債務になりますか?

契約書 2017年09月06日

2人で事業を行おうと相手から500万円の融資を受けました。 金銭貸借契約書には、無利息で毎月5万円の返済をするという内容を書き、共に捺印しました。 お金は契約書通り返していく予定ですが、 契約書には書いていない契約直前にメールで交わし...

法人契約上で実印がわりに指印は有効?

契約書 2017年07月07日

法人間の契約での事なんですが、のっぴきならない事情があるようで、会社の実印を持っていないと言い張るのです。そんな嘘か誠か調べてもしょうがないのでそこの社長の指印でも契約は有効でしょうか? 教えてください。

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ