納車直前にキャンセル!かかった費用を請求できない?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年10月15日 04時16分

 自動車販売業をしています。

 内金をいただき、仮契約書を作成しましたが、キャンセルの際のペナルティー額などは一切取り決めていなかったところ、納車直前になってキャンセルされました。

 納車までにかかった費用は、車検代10万円、納車点検費用2万円、部品交換代9万円(お客様希望)です。

 このような状況ですが、キャンセルの場合の違約金は幾らくらい請求して宜しいものでしょうか?

(30代:男性)

匿名弁護士

 まず問題となるのは、仮契約のときいただいた「内金」がどういう意味をもつかです。

 売買の場合、一般に買主が支払う「内金」は、特別の事情がない限り、手附と解されます。売買契約の当事者が手附のやり取りをする目的はさまざまですが、わが国の慣習では代金の5分ないし2割程度の金銭の授受は解約手附とするのが普通です。民法も手附は一般に解約手附としています。(民法557条)。本件の場合も買主は内金を放棄して契約を解除することができたはずです。

 ただ、相手方が自分の債務の「履行に着手」した場合には、もはや手附を放棄しても契約を解除することはできません(557条1項)。

 そこで、いかなる場合が「履行に着手」したかが問題となりますが、「客観的に外部から認識しうるような形で、履行行為の一部をなし、または履行の提供をするために欠くことのできない前提行為をなした場合」をいうとされています。

 本件では、買主の希望によって部品の交換までしているので、売主に履行の着手があったことは問題なく認められるでしょう。この段階にいたっては、買主は契約を解除することはできないということになります。そこで、売主であるあなたは買主に車を引き取るよう求め、残代金と損害があればその損害の賠償を請求することができることになります。(民法557条2項、545条3項)


 ただ、契約書に「仮」と表記されていることが問題となりえます。買主はまだ「本契約」を交わした覚えはない、と主張するかもしれません。

 しかし、売主が履行に欠くことのできない準備行為をし、買主もそれを認識していたと考えられることなど、本件の事情を総合して判断するに、契約書に「仮」との記載がなされていることは「後日改めて(印紙などを貼った)正式な契約書を作成する」という意味合いをもつにすぎず、契約は有効に成立していると考えられます


 したがって、いずれにしても、あなたは買主に残代金と損害があればその損害の賠償を請求することができることになります。

 ただ、そうは言っても、商売をしている者としては、お客さんとやりあうことは望まれないかもしれません

 それならば、以上のような事情を説明した上で、かかった諸費用と相当額-あなたが準備に費やした手間と時間を填補できるような額-を提案して支払っていただくのが相当でしょう。

 今後は、このような場合に備えて、キャンセル代について事前に書面で合意されておくことをお勧めします

2014年10月15日 04時16分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

契約書に書かれていない文言も債務になりますか?

契約書 2017年09月06日

2人で事業を行おうと相手から500万円の融資を受けました。 金銭貸借契約書には、無利息で毎月5万円の返済をするという内容を書き、共に捺印しました。 お金は契約書通り返していく予定ですが、 契約書には書いていない契約直前にメールで交わし...

法人契約上で実印がわりに指印は有効?

契約書 2017年07月07日

法人間の契約での事なんですが、のっぴきならない事情があるようで、会社の実印を持っていないと言い張るのです。そんな嘘か誠か調べてもしょうがないのでそこの社長の指印でも契約は有効でしょうか? 教えてください。

未払い金。。。売買契約書なしで請求出来るのでしょうか?

契約書 2017年06月28日

初めまして、普通の会社員です。主に、建築に係わる会社ですがほとんど、取引先との売買契約書を交わしていません。ですが商品を施工現場(取引先指示の場所)に収めています。後日、請求書を取引先へ発送するのですが、入金が有る場合何の問題もありま...

印紙税法第3条第2項の解釈について

契約書 2017年05月24日

例えば、A社とB社との両名義での契約書を2通作成し各自1通保有することになったとして、両社間で当該契約書の印紙税における文書の所属の解釈が異なり、各々が判断する収入印紙を、各自が保有する契約書に貼付したとします。 仮にB社が判断する印...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

契約書に強い弁護士

【初回法律相談無料】ご相談頂きやすい環境作りを大切にしています。まずはお気軽にご相談ください。

お話をじっくり聞き、より良い解決策をご提案します。《半蔵門駅から徒歩2分》《多摩地区への出張相談可》

【TV出演】【法律相談完全無料】【24時間365日受付】【土日祝/夜間の法律相談可】四大法律事務所の一流ノウハ...

専門性と,丁寧なご説明をモットーにする弁護士です。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

ページ
トップへ