勤務開始当日にドタキャン!?損害賠償請求したいのですが・・・

Legalus編集部さん 2015年07月04日

 私はコンビニを経営しています。アルバイトを採用し、半年間の雇用契約をしたのですが、働きにくる当日に「やっぱり辞めたい」との事。

 彼が来てくれる事を前提に半年間のシフトの調整などをしており、突然のキャンセルに困っています。なんとか損害賠償したいのですができるでしょうか?


(30代:男性)

関連Q&A

専属的合意管轄裁判所について

契約書 2017年01月13日

契約書において、以下のような管轄の定め方は有効でしょうか。 「本契約に関連して甲乙間に生じる一切の紛争は、東京地方裁判所又は大阪地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とする。」 専属的合意管轄を定める場合において、裁判所を二か所併記してよい...

基本契約と個別契約の関係性について

契約書 2016年11月07日

一般的に基本契約書においては、どの個別契約にも適用され得る共通条項(売買契約でいえば、検査、瑕疵担保責任、危険負担及び不可抗力免責、合意管轄等)を定め、個別契約においては、個別条項(売買契約でいえば、品名、売買代金、数量、納入期日等)...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     具体的事情にもよりますが、あなたはドタキャンをしたアルバイトに損害賠償を請求できる場合もあります



     あなたとアルバイトとは、半年間という期間の定めのある雇用契約を締結したことになります。アルバイトといえども、決めた期間はきちんと働く責任があります。とはいえ、アルバイトの側にも色々と事情はあるでしょう。

     そこで、期間の定めのある雇用契約の場合、当事者にやむを得ない理由があるときは、いつでも雇用契約をキャンセルすることができます(民法628条)。

     そして、雇用契約をキャンセルする原因が当事者一方の身勝手による場合には、相手方に損害賠償責任を負うことになります(同条)。


     もっとも、損害賠償を請求するためには、あなたの側で以下の事実を証明する必要があります。




    1. 具体的な損害額。

    2. その損害がアルバイトによるドタキャンの為に発生したこと。

    3. あなたとしても替わりのアルバイトをすぐに募集するなど損害額を最小限に食い止める努力をしたこと。

    4. キャンセルが、「やむを得ない理由」では無く、アルバイトの身勝手によるものであること。


     特に、(1)の具体的損害額を明確な数値として証明することは、なかなか難しいかと思われます。又、例え裁判であなたが勝っても、アルバイトに資力が無ければ実際に損害賠償を支払って貰うことはできません。

     ですから、裁判等の為にあなたが費やす労力や金銭と、それと引き替えにあなたが得られる利益とのどちらが大きいのか、検討されることをお薦めします。

2015年07月04日

契約書に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

丁寧な説明を心がけています。

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ