独立した相方が顧客情報を盗用!責任を取らせるには?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年05月10日 02時13分

 個人事業主をしています。仕事は個人の戸建ての雨樋補修や屋根補修等の便利屋です。

 一昨年から一緒に仕事をしていた実質的に共同経営者の相方についてのトラブルです。

 彼は昨年夏に来春から独立したい旨の申し出があり、私も了解しました。彼が3月末に会社を去って、書類の整理をしていたところ、昨秋から会社には内緒で、現在の我社の顧客から雨樋補修等の仕事を取って黙って工事を行っていた書類と写真を発見しました。また、今年に入り顧客情報を勝手に現在の彼の会社名を騙り、案内誘導していた名簿も見つかりました。

 ざっと見積もって損害額は100~200万円位です。

 どういう措置を取ったら良いかの御相談です。

 こちらとしては、民事損害賠償や刑事告発もしたいくらいの裏切られた気持ちです。

 ご助言お願いいたします。



(40代:男性)

匿名弁護士

 まず、「会社には内緒で、現在の我社の顧客から雨樋補修等の仕事を取って黙って工事を行っていた」という点について説明をします。

 この時期は「昨秋から」ということですから、まだ相方が在職中のことです。相方は在職中ですから、会社の利益のために行動する義務があります。

 したがって、相方の行為は、刑法247条の規定する背任行為に該当しますので、刑事責任を追及することは可能でしょう。



 また、相方の背任行為によって、会社は損害を被ったのですから、その賠償を求めることも可能です。



 そこで、相方に対して、刑事告発も辞さないとの姿勢を見せて、損害賠償を支払う旨の催告(内容証明郵便による請求)をし、それでも支払わない場合には、弁護士などの専門家に相談をして、刑事告発、民事裁判による請求を行うのがよいでしょう。



 次に、顧客情報を利用していた点については、会社情報の漏洩行為に該当するでしょうから、それによって、会社に生じた実損額を請求することができます。

2016年05月10日 02時13分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

取引先との合併に伴う、取引先との業務委託契約の解除の要否について

契約書 2021年06月01日

当社の一事業部を分割し、取引先に吸収合併させる吸収合併契約書を締結します。 取引先が吸収存続会社になりますが、当社と当該取引先との業務委託等の契約が存在する場合、合併に伴って当然に契約は消滅するのでしょうか。 それとも、別に覚書を締結...

契約キャンセルについて

契約書 2021年05月26日

契約キャンセルについて プログラミングを既に100万円で契約しています。 コロナ影響により、調整作業スケジュールの予定が立たない為、一旦契約解除との連絡を エンドユーザーより受けましたので、外注先(請負先)へも、 契約をキャ...

合併または分割時における併存する契約の取り扱いについて

契約書 2021年01月20日

このたび、当社を承継会社とし、子会社を消滅会社とする吸収合併を行います。 合併または分割等を行うにあたり、承継会社と消滅(分割)会社が同じ取引先と契約を締結していることは、間々あることかと思いますが、その取引先との契約はどのように扱う...

コンサルタント解約

契約書 2021年01月16日

これは儲かる仕事。私も怪我をして仕事ができなかったため将来の不安もあり将来の為の投資として2020年8月に口頭で全てお任せして200万円でコンサル契約を結びました。内容はトリミングサロンの立ち上げです。開店までの準備、オープンして3ヶ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する