法律コラム

危機管理

Section banner corporate legal

企業法務

職場の情報管理をどうする?―クラウドサービス利用の取り扱いについてー 危機管理 2017年04月18日

職場の情報管理をするにあたり、クラウドサービスの利用を検討する企業も増えてきています。ただ、情報の漏えい等のリスクから、導入に至らないことも多いようです。 では、「クラウドサービス」とは何か、また、そのメリット、デメリットにつき、考えていきましょう。 クラウドサービスとは クラウドサービスとは、クラウド事業者(ハードウェア又はソフトウェアの全部又は一部...

職場の情報管理をどうする?―クラウドサービス利用の取り扱いについてー
自然災害による損害は誰の負担?意外と知らない損害賠償できるケースと請求の手順 危機管理 2017年04月06日

自然災害による損害と損害賠償請求 他人の故意または過失により損害を被った場合、被害者は加害者に対して不法行為に基づく損害賠償を請求することができます(民法709条)。交通事故の場合に、怪我の治療費や車の修理代を請求できるのがその代表例です。 では、自然災害により怪我をしたり、自分の財産が被害を被ったりした場合、誰に賠償請求することができるでしょうか。 ...

自然災害による損害は誰の負担?意外と知らない損害賠償できるケースと請求の手順
内部告発をどう扱うか ―内部告発窓口の設置とその運用について― 危機管理 2017年04月04日

内部告発とは 内部告発とは、組織(会社)内部の人間が、所属組織(会社)の不正や法令違反などを(1)上司(会社)(2)監督官庁(行政機関)(3)報道機関(マスコミ)などへ通報することをいいます。 告発者は、内部告発したことで会社からの報復(減給、解雇、左遷等)を受けることのないよう、公益通報者保護法で保護されています。 ただし、公益通報者保護法2条に「不...

内部告発をどう扱うか ―内部告発窓口の設置とその運用について―
従業員が飲酒運転した場合、会社も責任を負う? 危機管理 2017年01月20日

昨今、飲酒運転による罰則強化がされているのは知っている方も多いはず。個人としては当然「飲んだら乗るな」ですが、従業員が飲酒運転をした場合はどうなるでしょうか? 会社は何かの法的責任を負うでしょうか?飲酒運転だけではなく、その従業員が飲酒運転の上に事故を起こしてしまったらどうでしょうか? 今回は、こうしたリスクについて考えてみます。 飲酒運転に関連した法...

従業員が飲酒運転した場合、会社も責任を負う?
従業員同士の飲み会で行われたセクハラ行為について、会社の責任は? 危機管理 2017年03月27日

年末年始は忘年会や新年会など、飲み会が多く開催されるシーズンです。忘年会や新年会は、日頃の飲み会と異なり、会社を挙げて、部署を挙げて、あるいは取引先を招いて、という形で大きな規模で開催されることも多いと思います。 忘年会や新年会は、セクシャルハラスメント、「セクハラ」の温床となっているそうです。一昔前はなあなあで済ませられたセクハラも、今では訴訟に発展...

従業員同士の飲み会で行われたセクハラ行為について、会社の責任は?
従業員のSNS利用を会社が禁止・制限することは合法? 危機管理 2017年03月27日

仕事中にこっそり投稿…それを禁止するには? 従業員が仕事中にSNSばかりしていて仕事がおろそかになると、会社の生産性は下がります。そこで、従業員の仕事中のSNS利用については何らかの規制をしたいところですが、ただ口頭で注意を与えるだけではあまり効果が見込めそうにありません。 そこで、就業規則で就業中のSNS利用について規定を設けることが有効と考えられま...

従業員のSNS利用を会社が禁止・制限することは合法?
企業の経理担当者が、キャバクラの領収書を経費として処理する行為は、法的に問題あり? 危機管理 2017年03月13日

そもそも「経費」とは? 取引先の接待や、年末年始の忘年会・新年会、異動シーズンの歓送迎会など、仕事がらみの飲み会に参加する機会は少なくありませんが、その際の領収書は、会社名でもらうことがほとんどです。 なぜ会社名で領収書をもらうかというと、飲食代を会社の「経費」として処理するためです。会社はその収益に対して税金を支払う必要がありますが、支払う税金の金額...

企業の経理担当者が、キャバクラの領収書を経費として処理する行為は、法的に問題あり?
Amazonに独占禁止法違反の疑い 危機管理 2016年08月17日

電子書籍を月980円(税込み)で読み放題とする新サービスを提供し話題を呼んでいる通販大手のアマゾンですが、独占禁止法の疑いのある契約を取引先と結んでいたとして、公正取引委員会が8月8日、アマゾンの日本法人アマゾンジャパンに立入検査に入ったことが判明しました。 アマゾンのどのような取引内容が独占禁止法違反の疑いを持たれたのかについて、見てみたいと思います...

Amazonに独占禁止法違反の疑い
コンプライアンス 危機管理 2016年05月17日

企業のコンプライアンス(法令遵守)やコーポレートガバナンス(企業統治)が声高に言われるようになって久しいが、企業の法令遵守に関係した事件などを今回は紹介する。 ある小売企業で社員による横領事件が発覚した。毎日の売り上げの中からいくらかをレジから抜き取っていたという事案である。 それまで売上とレジ精算の金額が微妙に食い違うということがあったようであるが、...

コンプライアンス
企業が労働移動支援助成金を悪用? 危機管理 2016年02月23日

雇用を守るための助成金が、人材会社のビジネスの道具になっている可能性があるという報道がされました。雇用調整の手段として、退職勧奨を行い、退職勧奨で退職した人について労働移動支援助成金(再就職支援奨励金)を受け取っており、その手法について人材会社がノウハウを提供しているとみられるという内容です。 今回は、この労働移動支援助成金とはどういうものなのか、見て...

企業が労働移動支援助成金を悪用?

危機管理に強い弁護士

【無料相談/電話相談実施中】【土曜/夜間対応可】【横浜駅直結】「力強く心優しい」現役レスラー弁護士が皆様の権利...

当事務所は、『身近な弁護士』をモットーに、ご依頼者様の目線で親切・丁寧・迅速な対応を行い、リーズナブルなご費用...

【関内駅徒歩4分】【馬車道駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日・翌日相談対応可能】ひとりひとりと向き合い、解決ま...

【新小岩駅徒歩1分】【初回相談無料・当日・夜間・電話相談可】 【弁護士による時間無制限の無料カウンセリング実施...

【初回法律相談無料】【24時間メール相談受付可能】【法科大学院講師】弁護士としての経験は11年目。依頼者に寄り...

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

ページ
トップへ