法律コラム

企業法務

Section banner corporate legal
【弁護士に聞く】労働審判を起こされたら企業側はどのように対応したらよい?(不当解雇編) 労働法務 2020年02月06日

解雇を通告した従業員が不当解雇を主張して労働審判を起こした場合、企業側はどのように対応したらよいのでしょうか。 かんざき法律事務所の神前吾郎先生に伺いました。 神前 吾郎 弁護士 (かんざき法律事務所) 取引トラブルや損害賠償請求、労働問題などの企業法務を取り扱うことが多い。発生したトラブルへの対応はもちろんのこと、リスクマネジメントにも尽力している。...

【弁護士に聞く】労働審判を起こされたら企業側はどのように対応したらよい?(不当解雇編)
【弁護士に聞く】労働審判を起こされたら企業側はどのように対応したらよい?(未払い残業代トラブル編) 労働法務 2020年01月30日

未払い残業代に関する労働トラブルが発生した場合、企業側はどうしたらよいのでしょうか。 従業員が労働審判を起こした場合の企業の対応について、かんざき法律事務所の神前吾郎先生に聞いてみました。 神前 吾郎 弁護士 (かんざき法律事務所) 取引トラブルや損害賠償請求、労働問題などの企業法務を取り扱うことが多い。発生したトラブルへの対応はもちろんのこと、リスク...

【弁護士に聞く】労働審判を起こされたら企業側はどのように対応したらよい?(未払い残業代トラブル編)
【弁護士に聞く】会社分裂の危機!そのときにできること、すべきこと 企業法務 2019年05月10日

仲間と会社を立ち上げる、という話はよく聞きます。しかし、いつまでも良好な関係が続くとは限りません。対立が生じた場合、会社分裂を避けるにはどうしたらよいか、事前に何か対策できることはないのか、東京スタートアップ法律事務所の中川浩秀弁護士にお話を伺いました。 中川 浩秀 弁護士 (東京スタートアップ法律事務所) 企業のスタートアップや成長を後押し、日本のア...

【弁護士に聞く】会社分裂の危機!そのときにできること、すべきこと
【弁護士に聞く】ベンチャー企業が陥りがちな労働問題とその対策 労働法務 2019年04月26日

労働問題はどんな規模の企業にも起こり得る問題です。ベンチャー企業も例外ではありませんが、一般的な企業で生じる問題に加えて、ベンチャー企業が陥りがちな問題もあります。ベンチャー企業に起こる労働問題の原因や解決方法を、ベンチャー企業の問題に詳しい東京スタートアップ法律事務所の中川浩秀弁護士に伺いました。 中川 浩秀 弁護士 (東京スタートアップ法律事務所)...

【弁護士に聞く】ベンチャー企業が陥りがちな労働問題とその対策
【弁護士に聞く】起業するなら考えておきたい資金調達の方法 ファイナンス 2019年04月22日

事業を始めるにあたっては様々な準備が必要ですが、最優先事項はやはり、お金の問題です。 資金調達にはいくつかの方法がありますが、それぞれのメリット・デメリットについて、起業支援の経験豊富な東京スタートアップ法律事務所の中川浩秀弁護士にお話を伺いました。 中川 浩秀 弁護士 (東京スタートアップ法律事務所) 企業のスタートアップや成長を後押し、日本のアップ...

【弁護士に聞く】起業するなら考えておきたい資金調達の方法
【弁護士に聞く】ベンチャー法務は通常の企業法務と何が違う? 顧問弁護士 2019年04月12日

ベンチャー企業を立ち上げる場合、その先には常に予想外の問題が待ち構えています。法務も例外ではなく、一般の企業とは異なるベンチャー特有の問題が生じることもあります。 ベンチャー法務の難しさや、やりがいについて、ベンチャー企業に詳しい東京スタートアップ法律事務所の中川浩秀弁護士にお話を伺いました。 中川 浩秀 弁護士 (東京スタートアップ法律事務所) 企業...

【弁護士に聞く】ベンチャー法務は通常の企業法務と何が違う?
企業が顧問弁護士から受けられるサービスとは 顧問弁護士 2017年07月13日

そもそも顧問弁護士とは 企業経営においては様々な法律問題が存在します。 労務管理等もそうですし、企業が経済活動を行う際には、契約書の締結など、法律が絡むことが多々あります。 そこで顧問弁護士の出番になります。 顧問弁護士とは、月に○万円、という契約を企業と法律事務所が交わすことで、一定の安定したリーガル・サービスを受けられる、というものです。 もっとも...

企業が顧問弁護士から受けられるサービスとは
「破産」と「倒産」は何が違う? 取引先が倒産したらまず確認すべき5つのポイント 債権回収 2017年05月02日

社会経済の不景気によって、比較的聞き覚えのある企業でも倒産したというニュースをよく耳にするのではないでしょうか。そこで出てくるのが破産や倒産という言葉ですが、それぞれ何が違うのでしょうか。また、自社の取引先が倒産したら確認すべきことは何なのでしょうか。 破産と倒産の違いは? 法的な倒産手続の種類は、以下の5種類があります。 ・破産法による破産手続 ・会...

「破産」と「倒産」は何が違う? 取引先が倒産したらまず確認すべき5つのポイント
私的整理のすすめー破産を考える前にー 事業再生・倒産 2017年04月28日

「法的整理」と「私的整理」 会社の経営状態が思わしくない場合に考えなければならないことの一つが、債務(負債)の整理です。債務整理の方法にはいくつかありますが、裁判所が関与するかしないかで大きく2つに分けられます。 裁判所が関与する手続きは「法的整理」といい、破産、民事再生、会社更生、特別清算といった手続きです。 これに対して、裁判所が関与しない手続きは...

私的整理のすすめー破産を考える前にー
契約書にある「専属的合意管轄裁判所」って何?遠方でも大丈夫? 契約書 2017年04月26日

契約書において,しばしば「本契約に関連して甲乙間に生じる一切の紛争は○○地方裁判所を専属的管轄裁判所とする。」という条項を見かけます。なんとなく契約書の最後におまけのように書いてあるし,裁判になることなんて滅多にないし,相手方が契約書を修正するのを嫌がっているし,まあこのままでいいかな…と軽い気持ちでその条項を受け入れてしまったことはないでしょうか?果...

契約書にある「専属的合意管轄裁判所」って何?遠方でも大丈夫?
ページ
トップへ