法律コラム

企業法務

Section banner corporate legal
Amazonも採用した会社形態「合同会社」とは?メリット・デメリットを解説 会社設立 2017年04月17日

4つの会社形態について 日本には、次の4種類の会社形態があります。 (1)株式会社 (2)合同会社 (3)合名会社 (4)合資会社 「(1)株式会社」は、社員の地位が株式という細分化された割合的な単位の形をとり、その社員(株主)は会社に対して株式の引き受け価格を限度とした出資義務のみを負います。つまり、会社の債権者に対して責任を負うことはなく、間接有限...

Amazonも採用した会社形態「合同会社」とは?メリット・デメリットを解説
「株式会社」はどんな流れで設立できる?「発起設立」と「募集設立」の違いとは 会社設立 2017年04月17日

会社の設立とは? 日本には株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の4種類の会社形態があります。ここでは最も一般的である、株式会社の設立について考えてみます。 日本では、株式会社が多い理由 株式会社では、社員の地位が株式という細分化された割合的な単位の形をとります。そしてその社員である株主は、間接有限責任(会社に対して株式の引き受け価格を限度とする出資義...

「株式会社」はどんな流れで設立できる?「発起設立」と「募集設立」の違いとは
解雇した従業員が会社を訴えてきた!「労働審判」の流れや特徴を押さえよう 労働法務 2017年04月14日

労働審判申立の事例 A会社は従業員Bを解雇しました。しかし、Bさんはこれを不当解雇であるとして労働審判の申立をなし、裁判所からA会社に呼出状がきました。 こんなとき、A会社はどのような対応をすればよいのでしょうか?A会社の置かれた立場や労働審判の特徴を踏まえて説明していきます。 労働審判の主な特徴 労働審判の主な特徴は、非公開、迅速な審理、事案の実情に...

解雇した従業員が会社を訴えてきた!「労働審判」の流れや特徴を押さえよう
秘密保持契約書作成上の留意点-想定されるリスクと契約条項例- 契約書 2017年04月12日

秘密保持契約書作成上の留意点-想定されるリスクと契約条項例- 会社と労働契約や業務委託契約を結ぶ際に、秘密保持契約を結ぶように要請されることがあります。この秘密保持契約とは一体どういったものなのでしょうか。 想定されるリスクや契約条項例についてお伝えしていきます。 秘密保持契約はどのようなときに締結するか 秘密保持契約(NDA)は、会社の内部情報や機密...

秘密保持契約書作成上の留意点-想定されるリスクと契約条項例-
従業員が無断欠勤した!解雇できるか? 労働法務 2017年04月10日

ある会社の無断欠勤事例 3ヶ月前から無断欠勤を度々行うようになった従業員がいたため、上司がその都度注意をしてきました。しかし、勤務状況は改善されるどころか、無断欠勤の頻度は上がり、連続で20日も無断欠勤するという状況になりました。 この従業員の行動により、業務に支障をきたしており、当該従業員の周囲からは苦情が出ています。 このような場合、無断欠勤を理由...

従業員が無断欠勤した!解雇できるか?
自然災害による損害は誰の負担?意外と知らない損害賠償できるケースと請求の手順 危機管理 2017年04月06日

自然災害による損害と損害賠償請求 他人の故意または過失により損害を被った場合、被害者は加害者に対して不法行為に基づく損害賠償を請求することができます(民法709条)。交通事故の場合に、怪我の治療費や車の修理代を請求できるのがその代表例です。 では、自然災害により怪我をしたり、自分の財産が被害を被ったりした場合、誰に賠償請求することができるでしょうか。 ...

自然災害による損害は誰の負担?意外と知らない損害賠償できるケースと請求の手順
内部告発をどう扱うか ―内部告発窓口の設置とその運用について― 危機管理 2017年04月04日

内部告発とは 内部告発とは、組織(会社)内部の人間が、所属組織(会社)の不正や法令違反などを(1)上司(会社)(2)監督官庁(行政機関)(3)報道機関(マスコミ)などへ通報することをいいます。 告発者は、内部告発したことで会社からの報復(減給、解雇、左遷等)を受けることのないよう、公益通報者保護法で保護されています。 ただし、公益通報者保護法2条に「不...

内部告発をどう扱うか ―内部告発窓口の設置とその運用について―
経営する会社が破産することに!社長の自分も破産しないといけない? 事業再生・倒産 2017年04月03日

会社が、支払不能や債務超過を原因として破産した場合、会社代表者も破産しなければならないのでしょうか。 法理論的には、「会社破産=会社代表者破産」との図式は成立しません。なぜなら、会社と会社代表者とは、法的にはまったく別の人格であって、個々の人格ごとに破産原因があるかどうかが問題となるにすぎないからです。 また、会社が破産をし、会社代表者にも支払不能とい...

経営する会社が破産することに!社長の自分も破産しないといけない?
納品先に信用不安の噂!納品を拒むことはできる? 債権回収 2017年03月24日

A会社とB会社は、ある物品について、A会社を売主・B会社を買主とする継続的基本売買契約を結んでいます。つまり、A会社は、B会社に対して、今後基本契約が解除されない限り、ある物品を毎月継続的に売り渡し、B会社がその代金を支払うとするものです。 ただ、代金は、物品納品から10日後に支払うという約束になっています。 C会社とD会社もこれと同じような契約を結ん...

納品先に信用不安の噂!納品を拒むことはできる?
コスプレ衣装は著作権法で保護されるか? 知的財産 2017年03月23日

2017年2月24日に任天堂株式会社が公道カートのレンタルサービスを行う株式会社マリカーに対して訴訟を提起したことを発表しました。 任天堂の発表によれば、マリカーが公道カートのレンタルサービスを提供するにあたって、任天堂の製品「マリオカート」の略称である「マリカー」を会社名として使用していること、任天堂の著名なキャラクターである「マリオ」等のコスチュー...

コスプレ衣装は著作権法で保護されるか?
ページ
トップへ