虚偽の役員選任の登記申請をすると・・・

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年03月09日 23時31分

 会社の株主総会を開催していないにもかかわらず、開催した如く偽り議事録を偽造し、監査役を選任して法務局に登記した場合、公正証書原本不実記載に該当するのか、若しくは私文書偽造に該当するのでしょうか。
 尚、当該株主総会には取締役も選任された監査役も出席はしていません。にもかかわらず、議事録には取締役と選任された監査役2名の記名と押印がなされ法務局に提出されています。



(40代:女性)

匿名弁護士

     中小企業や同族会社では、相談文にあるような処理がなされる事があるようです。

     しかし、これは虚偽の登記申請であり、公正証書原本等不実記載罪にあたります。

     この場合、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられることになっています(刑法157条)。



     また、相談文にあるように議事録就任承諾書の記名捺印が、本人に無断で行なわれたということであれば、さらに私文書偽造罪が成立することになります。この場合、3月以上5年以下の懲役に処せられます(刑法159条)。

2016年03月09日 23時31分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

突然やめた会社から資本金は返還されるのか

会社設立 2017年07月07日

以前勤めていた会社に立ち上げから参加していました。役員になるということで、資本金を30万程支払いました。 経営が思うようにいかず、現在会社は存続しているのですが、給料日が遅れるようになったり、減給になったりで、不安を感じ、突然辞表と共...

A社とB社、2つの会社に籍を置く役員がA社からB社に仕事を流してB社の利益を得ると?

会社設立 2017年06月01日

A社の役員をしている人間が新たにB社を設立し、まだ資金的に十分でないB社に、自分が役員であるA社から仕事を流し、B社に利益を得るようにさせるのは法律的にどうなのでしょうか? 自分の会社から、もう一方の自分の会社に金の流れを作るという行...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

会社設立に強い弁護士

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

丁寧な説明を心がけています。

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手伝いさせていただきます。

交通事故の被害に遭われた方を徹底的にサポートします。

ページ
トップへ