虚偽の役員選任の登記申請をすると・・・

User image 1 Legalus編集部さん 2016年03月09日

 会社の株主総会を開催していないにもかかわらず、開催した如く偽り議事録を偽造し、監査役を選任して法務局に登記した場合、公正証書原本不実記載に該当するのか、若しくは私文書偽造に該当するのでしょうか。
 尚、当該株主総会には取締役も選任された監査役も出席はしていません。にもかかわらず、議事録には取締役と選任された監査役2名の記名と押印がなされ法務局に提出されています。



(40代:女性)

関連Q&A

共同経営解消

会社設立 2017年04月18日

私は3年半前から1人でバーを経営しています。最初はアルバイトもいて経営はうまくいってたのですが2年半過ぎぐらいからアルバイトの方が独立することになり人手が足りなくなり友人に共同経営で一緒にしないかと声をかけました。友人もちょうど職探し...

これは横領になりますか?

会社設立 2017年01月21日

こんにちは。 友人と事業をしているなかで 会計に不信な点があるため相談させていただきたいと思います。 私たちは友人3人で個人事業主の集まりとして、 法人化していない状態で事業をしています。 事業報酬の入金口座はある一人の口座になされ、...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     中小企業や同族会社では、相談文にあるような処理がなされる事があるようです。

     しかし、これは虚偽の登記申請であり、公正証書原本等不実記載罪にあたります。

     この場合、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられることになっています(刑法157条)。



     また、相談文にあるように議事録就任承諾書の記名捺印が、本人に無断で行なわれたということであれば、さらに私文書偽造罪が成立することになります。この場合、3月以上5年以下の懲役に処せられます(刑法159条)。

2016年03月09日

会社設立に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ