名刺の肩書きについて

Legalus編集部さん 2014年06月20日

 私は建築士です。このたび独立したので、名刺を作ろうと考えています。まだ法人化はしていませんが、このような個人事務所の代表が、自分の肩書きを「代表取締役」としてもいいのでしょうか?

(30代:男性)

関連Q&A

役員を辞任したのに登記してもらえない!

会社設立 2016年06月20日

ある会社に取締役として就任していましたが、訳有って先日辞任届を提出して辞任いたしました。その際に辞任届を内容証明(配達記録付)にて送付しました。 辞任届には「本書面到達日をもって辞任日といたしますが、到達次第、速やかに取締役辞任の登記...

虚偽の役員選任の登記申請をすると・・・

会社設立 2016年03月09日

会社の株主総会を開催していないにもかかわらず、開催した如く偽り議事録を偽造し、監査役を選任して法務局に登記した場合、公正証書原本不実記載に該当するのか、若しくは私文書偽造に該当するのでしょうか。 尚、当該株主総会には取締役も選任された...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     「代表取締役」とは、商法上の株式会社商法165条以下)において、業務を執行し、対外的に会社を代表する権限を有する取締役のことをいいます。
     この役職は、株式会社なら必ず設置しなくてはならない、きわめて重要なものです。したがって、商法には、「このような人は取締役になることができない」という、取締役の欠格事由が定められています(商法254条の2)。
     代表取締役は取締役である者の中から選ばれますから、取締役は必然的にこの欠格事由にあたらない者でなくてはなりません。
     主なものをあげると、破産の宣告を受け復権していない者、特定の刑に処せられその執行を終わった日等から2年を経過していない者などです。このような状況にある人は、(代表)取締役になることができません。

     名刺の肩書に「代表取締役」との記載をすれば、名刺を受け取った相手は、あなたの建築事務所が商法上の株式会社であって、株式会社が備えるべき資金や人的組織を有するものと考えるでしょう。
     また、あなた個人に対しても、代表取締役たる地位にふさわしい(欠格事由にあたらない)人物であるとの信頼を寄せることでしょう。
     とすれば、かかる虚偽の記載のある名刺を作っただけで何らかの罪に問われることはないにしても、名刺を出す相手や状況によっては、無権代理人としての責任や、詐欺の罪に問われる可能性もないとはいえません。

     したがって、たとえ挨拶代わりの名刺といえども、実体に合わない記載や虚偽の記載をすることは絶対に避けるべきと考えます。

2014年06月20日

会社設立に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ