背任行為か何かの罪になりますか?

User image 1 lu_0c0ffd81さん 2018年01月18日 16時49分

現在設立12年の会社をやっています。
その会社は出資金を私と親父と兄貴の3等分で出資をしています。
今まで私が1人でずっとやっていたのですが、数年前から会社に乗り込んできて、好き勝手にやっています。
何度も私がストレスを感じているとか、存在が嫌だと伝えているのですが・・・。
法的に出資金の1/3しか保有をしていないので、新しく会社を立ち上げようと考えています。
その際に今まで私が作り上げて構築してきた、取引先は声をかけようと思っています。
タラレバになりますが、取引先全てが私に移行してしまった場合、現在の会社への背任行為であるとか、私に不利になることがあるのでしょうか。

問題点は、顧客情報の権利性、及びどのように顧客情報を用いたか、と整理できます。

顧客情報の権利性は、顧客情報は通常会社の財産ですが、取締役が自分の足と人脈で築いた顧客情報については取締役の財産でもあります。会社法は取締役在任中は競業避止義務を負わせ(会社法356条1項1号)、顧客情報の権利性の争いは生じないように調整しています。しかし退任後は競業避止義務を取締役は負わないため、契約により退任後の競業避止義務を合意することが一般的です。

したがって、取締役の頭の中にある(自ら築いた)顧客情報を、退任後に活用することは、ただちには違法とはなりません。

もっとも、どのように顧客情報を用いたかということが問題となります。社会的相当性を著しく欠くような方法態様により、取引先全てを移行してしまった場合には、忠実義務違反(会社法355条)などにより損害賠償義務を負う場合はあります。

どのようにすれば良いのかは、具体的事情をお聞きしながらご提案することになります。

2018年01月18日 19時08分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

突然やめた会社から資本金は返還されるのか

会社設立 2017年07月07日

以前勤めていた会社に立ち上げから参加していました。役員になるということで、資本金を30万程支払いました。 経営が思うようにいかず、現在会社は存続しているのですが、給料日が遅れるようになったり、減給になったりで、不安を感じ、突然辞表と共...

A社とB社、2つの会社に籍を置く役員がA社からB社に仕事を流してB社の利益を得ると?

会社設立 2017年06月01日

A社の役員をしている人間が新たにB社を設立し、まだ資金的に十分でないB社に、自分が役員であるA社から仕事を流し、B社に利益を得るようにさせるのは法律的にどうなのでしょうか? 自分の会社から、もう一方の自分の会社に金の流れを作るという行...

連帯保証人について

会社設立 2017年05月27日

ある印刷会社の取締役ですが、新規事業を起業することになりグループ会社の一つが情勢の流れで休業中の会社があったのでその会社を再開業としてその会社の代表を新たに変えて運営することになりました。数か月がたち親会社の借入の一部が休業していた会...

共同経営解消

会社設立 2017年04月18日

私は3年半前から1人でバーを経営しています。最初はアルバイトもいて経営はうまくいってたのですが2年半過ぎぐらいからアルバイトの方が独立することになり人手が足りなくなり友人に共同経営で一緒にしないかと声をかけました。友人もちょうど職探し...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ